“向死而生”——太宰治《人间失格》“丧”背后的积极意义毕业论文_日语毕业论文

“向死而生”——太宰治《人间失格》“丧”背后的积极意义毕业论文

2021-04-03更新

摘 要

“向死而生”这一哲学智慧,由德国哲学家马丁·海德格尔提出,他对人如何面对无法避免的死亡给出了一个终极答案———向死而生。而这种以死为终点的观念,似乎与日本人传统的生死观不谋而合。日本人不惧怕死亡,甚至以死亡为美,这点,在日本的文学界表现的极为明显。而太宰治因为他一生五次的自杀经历,以及这本他死前的遗作——《人间失格》,一度成为各方各路的谈资。

而笔者通过重读《人间失格》,试着用“向死而生”这一观念去理解太宰治和他的文字,发现在他颓丧的表面之下,隐隐也蕴含着积极的力量。所谓“向死而生”,这其实并不是一种消极的思想状态,而是一种更加认真地去活的生活态度;而太宰治、他想流传给后人的,也不是他一心求死的人生经历,而是他那种在混沌世道里,依旧坚守本心、以死去追求至高生命境界的超脱精神。

关键词:太宰治;人间失格;大庭叶藏;向死而生;积极

目 次

はじめに 1

1 先行研究 2

    1. 中国における先行研究 2
    2. 日本における先行研究 2
    3. 本稿の立場 3
  1. 「死に向かって生きる」の意味 5
    1. 「死に向かって生きる」とは 5
    2. 日本の伝統的な死生観から見る「死に向かって生きる」 5
  2. 『人間失格』における「死に向かって生きる」の表現 7
    1. 『人間失格』の概観 7
    2. 大庭葉蔵の人生経験から見る「死に向かって生きる」の具体的な表現 7
  3. 太宰治の死から見る「死に向かって生きる」 10

おわりに 12

参考文献 13

謝 辞 14

はじめに

はじめに

人間失格は太宰治の代表作であり、自殺直前の遺作だ。人間失格は人間としての資格を失うことを意味する。文学史で太宰治は文学と自己を混同した唯一の作家で、彼は文学を自分の人生の行為の芸術とし、彼の人生と思想を理解し、彼の作品を理解した。逆もまた同じだ。

無頼派の第一人者として、短い命だとしても太宰治の支持者は日増しに増えている。読者は太宰治の文学作品から彼らはまるで自分の姿を見るようだった。しかし太宰治に関する研究では、ほとんどの学者が彼の何度も自殺と「情死」に着目していて、彼に「臆病」というレッテルを貼って;彼の作品は『人間失格』をはじめ、「喪」文化の代表作となった。しかし、筆者は太宰治と『人間失格』の主人公大庭葉蔵の精神世界を分析して、彼らの退廃的な人生中の積極的な意味を掘り起こした。

日本の伝統的な考え方では、「死」は生の終わりではなく、別の生の延長である;したがって太宰治の自殺は、世界に絶望したために自殺を選んだということは簡単には理解できない。

本文は、彼が何度も自殺した生涯と『人間失格』の行間から、「死に向かって生きる」という四つの言葉を抽出した:太宰治のひたむきな「死」は、むしろ「生」に対して至高の追求に近い;そして葉蔵の自暴自棄は、彼が正しいと思う道を選んだだけかもしれない。彼は死によって転生する方法で、醜い現実の中に自分の未来を見出し、なりたい人間になった。

1 先行研究

中国における先行研究

中国では太宰治に関する研究が近年盛んに行われており、主に学位論文と定期刊行物の論文だ。葉(1988)『無頼派の本質』は太宰治に代表される無頼派の「堕落論」を「価値転倒説」であり、ニヒリズムであり、それは正しくない; 曹(2008)は『日本戦後文学史』の中で、太宰治は現実世界に対して強い不満を示したが、同時に女性に対して美しい憧れを持ち、アナキズムに憧れたと書かれている。

范(2016)の『太宰治の自殺意識——『維庸の妻』『人間失格』『維栄の妻』を中心にして』では、 太宰治は、人間性の複雑さを理解できなかったため、自分を破壊するやり方で、現存する社会観念に抗議すると書かれている。

任(2011)は『無頼派太宰治の文学思想について』の中で言及して、太宰治の文学思想意識を探究する際には、その文学思想意識の内的背景を客観的に分析しなければならなくて、客観的に公正な立場で太宰治の意識の違いに対する歴史的評価を見なければならない。彼の文章感情は、性格的なものだけでなく、時代背景の影響を受けている。

楊(1998)は『太宰治思想発展試論』で「道化師」精神の発揮と破滅を提出し、『人間失格』の主人公である大庭叶藏は「道化師精神」によって、心理的な自己満足を実現するには、太宰治は「自虐」を通じて、既成社会に反抗する。焦(2008)は『太宰治小説の自殺意識』の中で、太宰治の作品の「虚無」を集中的に扱ったが、太宰治の自殺意識の形成は、当時の日本の戦後社会経済の崩壊と深い関係がある。

日本における先行研究

日本では、太宰治の作品に対する評価は、賛否両論である。無頼派研究会

(1975)が編纂した『無頼派文学』には、 太宰治に代表される無頼派の特徴は、

頽廃的で堕落した国民生活の描写で、当時の社会思想に対抗して、思想の解放を追求したことである。三島(1968)は『太陽と鉄』の中で、「私は太宰治が好きではない」と公言し、「気が弱い」と評した。吉村(1994)の『人間の神格』は、『人間失格』の内に秘められた強い精神力をキリスト教文化の観点から再発見し、太宰治の積極的精神を宗教的解釈で肯定した。相馬(1991)の『少年太宰治』は、太宰治の生い立ちから始まり、生活環境、家族が彼に与える影響に焦点を当て、家族、罪の意識、自殺、共産主義など多くの問題をめぐり、太宰治の生と死をより深いレベルで分析する。

文学批評家の奥野(1975)が言っていて、「太宰治が好きであろうと嫌いであろうと、彼を肯定しようと否定しようと、太宰の作品は不思議な魔力を持っていて、これから長い間、太宰の輪廻の描写は読者の魂に迫り、逃れることができない」;渡部(1984)は『太宰治心の王者』の中で、太宰治の病弱な文学に対する疑問を提出したが、彼の精神貴族の理念を肯定した;安藤(2012)『自意識の昭和文学——「私」は一つの現象として』など多くの文章に、太宰治の研究を彼の作品の文体に立脚させることによって、日本の私小説の内的メカニズムを解明した;彼のもう一つの『弱音を吐く太宰治』では、太宰治の研究を現在の日本の若者の自殺問題と結びつけて、太宰治の作品を文化と心理の観点から読み解くことによって、太宰治研究が広く発展するようになった。

本稿の立場

古今無数の評論家の口から、太宰治は複雑な人だと言われている。彼をほめる人もいれば, 批判する人もいる。そしてその彼自身の投影——『人間失格』の大庭葉蔵は、愛らしくも憎らしいイメージにもなっている。

言うまでもなくて、太宰治にしても葉蔵にしても、完全な人間ではない。彼らには愛するに値しない、学ぶに値しない場所があまりにも多すぎる。しかし、経済は急速に発展し、人々の精神的な欲求が物質的な欲求を追い越しつつある状況で、多くの若者たちも、大庭葉蔵と同じような無力さを感じていた。彼らは葉蔵と共感を結んで、太宰治を盲目的に崇拝し始めて、彼らには太宰治ほど

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接