白居易与紫式部文学创作观的对比研究——以《长恨歌》和《源氏物语》为例毕业论文_日语毕业论文

白居易与紫式部文学创作观的对比研究——以《长恨歌》和《源氏物语》为例毕业论文

2021-04-03更新

摘 要

中文摘要

作者在创作过程中的思想观念和写作态度就是我们所说的创作观。而思想观念是与作品形成时的时代背景和文化氛围紧密相关的,每一个时代都有着这个时代特有的社会意识和社会心理,进而影响到这一时代人的心理和思想感情,从而影响到文学创作,作者就是从各自的时代背景和文化氛围中得到创作灵感的;作者的创作心理体现在他们的亲身经历与写作理念中,和写作态度相关。

本文通过比较研究白居易的代表作《长恨歌》和紫式部的代表作《源氏物语》的创作时代背景、作品内容以及作者的创作心理,分析中日两国文学作品的共性和作者创作思维的共同规律,以及两国文化背景的差异对作者创作的影响。把不同民族与不同时代的文学作品纳入自己的研究视野,加深人们对文学的认识和理解。

关键词:创作观;时代背景;思想观念;创作心理

目 次

目 次

はじめに 1

  1. 白居易の文学創作観 3
    1. 唐朝の時代背景から白居易の文学創作への影響 3
    2. 『長恨歌』から見る創作思想 4
    3. 『長恨歌』から見る創作心理 5
  2. 紫式部の文学創作観 7
    1. 平安時代の時代背景から紫式部の文学創作への影響 7
    2. 『源氏物語』から見る創作思想 8
    3. 『源氏物語』から見る創作心理 9
  3. 白居易と紫式部の文学創作観の異同点 11
    1. 共通点 11
    2. 相違点 11

おわりに 13

参考文献 15

謝 辞 16

はじめに

はじめに

本論文は白居易の代表作『長恨歌』と紫式部の代表作『源氏物語』の時代背景や作品の内容や作者の創作心理を比較して、中日両国の文学の共通点や創作思考の共同の規律を分析して、両国の文化的背景の違いが著者の創作に与える影響を探す。異なる民族と時代の文学現象を自分の研究の視野に入れて、文学に対する理解を深める。

先行研究について、国内では、白居易と紫式部の創作観に対する研究が少ない。白居易の創作に対する研究は基本的に二つの方面から着手する。一つは作者の創作心理から研究であり、もう一つは作者の作品から研究である。創作心理では、曹磊(2013)が書いた『白居易创作心态研究』の中で、白居易の思想信仰から着手して、彼の詩文と人生や政治境遇などに結び付けて分析した。同じ時代における他の詩人と比べて、白居易の特別の創作心理とその心理を形成する原因を探した。それ以外にも王拾遺の『白居易』と褚斌杰の『白居易生活系年』がある。これらの専著は白居易の生涯や思想や創作について詳しくて客観的な論述がある。作者の作品からの研究では、羅如斯(2014)が書いた『白居易讽谕诗与中国诗歌的讽谕传统』の中で、白居易の諷喩詩に基づいて、中国の諷喩詩の伝統を研究した。その形成する成因と発展規則と社会に重要な意義を研究して、現代の詩歌に対する重要な啓示を探した。紫式部についての研究は、主に彼女の『源氏物語』と『紫式部日記』から分析した。例えば、陶力の『紫式部和她的lt;源氏物语gt;』である。また、張竜妹の『源氏物语〈桐壶〉卷与长恨歌传的影响关系』は、『源氏物語』と『長恨歌』を比べて、お互いに受けた影響を研究した。

日本では、紫式部に対する研究が多い。ほとんど外部環境が作者への影響を

はじめに

強調してきた。近代の紫式部研究は与謝野晶子の『紫式部新考』から始まった。そして、岡一男は与謝野晶子の研究に基づいて『源氏物語の基礎研究』を書いた。この本は紫式部の家庭教養や交友関係や生活体験などの面から詳細に論じていた。また、紫式部の鮮やかな個性を分析して、『源氏物語』の創作心理を探しようとする。紫式部の『源氏物語』と白居易の『白氏文集』の文学比較の面では、丸山清子の作品『源氏物語と白氏文集』がある。

上記の先行研究から見れば、現在国内では、白居易と紫式部の創作観の比較研究はまだ少ないので、この選んだテーマは研究する価値がある。白居易と紫式部の文学創作観を分析して、中日両国の叙事文学を持つ共通性と二人の創作思想の同じ規則と異なる文化背景が作者の創作に与える影響が発見できる。人に中日文化交流に対する認識を深めて、文化交流の重要性を理解して、文学の創作を促進する。それぞれ文学文化の長所を取り入れて短所を補って、自分の文学文化が良い進路を発展させる。

白居易の文学創作観

1、 白居易の文学創作観

唐朝の時代背景から白居易の文学創作への影響

唐朝は中国文学史で詩歌の黄金時代である。主な原因が四つある。一、唐朝の封建経済が高度に発展して、唐朝の詩歌の繁栄に物質基礎を筑いた。二、階級闘争は唐朝を貫いて、均田制が崩壊して、階級の矛盾はだんだん鋭くなった。だから唐朝大家の作品はほぼ社会的な内容を含んで、当時の詩壇の主流になった。三、繁栄の唐朝時代で、土地は広くて、詩人の活動の領域と視野を広げて、詩人の創作内容を豊かにした。四、唐朝の科挙は進士科を中心として、試験内容は詩賦であった。詩は当時の中下位層知識人の重要な学科となって、彼らが今後政治の舞台に登場する重要な道具となった。

白居易は貞元、元和年間に朝廷に仕えて、すぐに唐憲宗に認められて、左拾遺に昇進して、朝廷の重要な諫官になった。これは不安の時代である。安史の乱を起こした後、均田制は存在しなかった。両税法の施行に伴って、国家の税負担が重くなって、農民の搾取が深刻になった、戦火が激しくなって、人民は家を失った。宦官が権力を掌握して、私党を組んで、朝廷全体が混乱していた。さまざまな社会的危機が空前に悪化して、下層の人民は常に苦難に満ちた悲惨な境遇にいた。したがって、中小地主階級出身の進士は国家復興をしたい。彼らは宦官の勢力を懲らしめることを主な目的とする改革を起こして、歴史では

「永貞革新」と呼んだ。特に、「元和中興」を切り開いた唐憲宗の時代には、寛容な政治が現れて、諌官である白居易は、唐憲宗の知遇の恩を心から感謝したので、国に報いて朝廷の法度を無視した官僚を弾劾するために頑張っていた。以上の一連の変動は白居易の創作思想に大きな影響を与えて、彼の諷喩詩の創

白居易の文学創作観

作には、良い素材を提供した。民間の苦しみをありのままに反映して、政教の損得を批判して、君王へ戒めることを目的とした文学創作観を実現した。

『長恨歌』から見る創作思想

『長恨歌』は、元和元年の冬に作られた。作品は大唐帝国の盛衰を招いた安史の乱を背景にして、馬嵬駅反乱を転換点としえ、唐玄宗と楊貴妃の愛情悲劇を完全に書いた。作者は楊貴妃が宮に入って、寵愛を受けたから、そして唐玄宗が色を好んで政務を疎かにしたので安史の乱を起こして、楊貴妃が馬嵬駅兵変で殺されて、最後唐玄宗が皇居に戻った後、楊貴妃に対する無限の思いを出したので、道士を招いて仙山に楊貴妃を探したことを書いた。

白居易は二人が愛情に対する専一を肯定するため、二人の民間伝説と正史の中の人物のイメージについて結び付けて、入念に削除して編纂した。二人の愛情のストーリを通じて自分と戦乱の中にいる民众の美しい愛情に対する憧れを寄せる。白居易が書いた二人の姿は彼らの歴史的なモデルから離れた。作者は自分の美意識に合わせて歴史的なモデルに潤色を加えて、芸術的なイメージになれた。白居易は正統的な観念の束縛を破って、歴史的な原型の制限を突破することができたのは、現実主义の詩人とする思想の傾きと関係がる。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接