《嫌疑人x的献身》的感性与理性毕业论文_日语毕业论文

《嫌疑人x的献身》的感性与理性毕业论文

2021-04-03更新

摘 要

《嫌疑人 x 的献身》是一部理性和感性完美结合的长篇推理小说,是日本知名作家东野圭吾的作品。作为推理小说,《嫌疑人 x 的献身》中情节诡异迷离,故事构架几斤匪夷所思,精妙设计的轨迹使得小说有着强烈的悬疑性和可读性。

本论文在收集国内外学界对东野圭吾文学及影视作品的评论、研究成果及专著的基础之上,以东野獲得多项大奖的《嫌疑人 x 的献身》为主要研究对象,探讨其中贯穿全书的要素——理智与情感的关系,以书中主要角色的性格、行为和相互关系为基础,对作品中的人物形象进行逐一分析,尝试把握《嫌疑人 x 的献身》的思想内涵,从爱与责任的角度来探索考察作品中的各个人物。

关键词:理性;感性;爱情;《嫌疑人 x 的献身》;东野圭吾

目 次

はじめに 1

  1. 人物のイメージ分析 3
    1. 献身的な石神哲哉 3
    2. 男権社会の犠牲者――花岡靖子 5
    3. 刑事事件解決の達人――湯川学 7
  2. 人物の感情関係 10
    1. 親子間の感情 10
    2. 石神が花岡靖子への愛 11
    3. 石神と湯川の友情 13
  3. 感性と理性 16
    1. 石神の理性的な虚構、感性的な犠牲 16
    2. 湯川の理性 18

おわりに 20

参考文献 21

謝 辞 22

はじめに

2006 年东野圭吾が『容疑者 x の献身』で、日本の推理界の 5 つの栄誉を一挙に獲得し、日本の推理界を惊かせた。2007 年から 2011 年にかけて、日本国内で出版された彼についてのモノグラフは『たぶん最後の御挨拶』、『仆たちのいいきな东野圭吾』、『东野圭吾の谜东野作品の研究・踏査集全』、『もっと! 东野圭吾・东野圭吾をもっと楽しむための 7 つの视点』などがあった。『もっ

と!東野圭吾・東野圭吾をもっと楽しむための 7 つの視点』1はほかの三部著作に比べ、一部の作品に拘って個性研究を行うのではなく、東野圭吾の全ての作品に基づき全体的且つユニバーサルな研究を行うものである。

『容疑者 x の献身』における数学天才石神は毎日コンビニエンスストアで仕事する隣近所靖子を見てご飯を買うことを楽しみにしていた。靖子は娘と一緒に生活し、元旦那さんを意外に殺した。靖子を救うために、石神は責任を取ると思う。石神は数学家の綿密な思考方式で特別な局を設ける。靖子のために完璧なその場にいない証拠を与える。警察は常に外部に観察することができ、事件の手がかりを探さない。これは理性及び完成を完璧に结合した長編推理小説であり、日本の有名な作家東野圭吾の作品である。推理小説として、『容疑者

x の献身』におけるあらすじは不思議であり、物語の枠は不思議である。面白い設計は小说に強いサスペンス及び可読性を与える。本書に最も重要な部分は主人公石神が靖子のために全ての積みを背負い、靖子は娘に対する愛のため自分の元旦那さんを殺すことである。湯川は石神の友達及び警察顧問の 2 つの身分として、窮地に落ちさせる。しかし彼は責任を取って、真実を求める。本文

1 INFAS BOOKS STUDIO.もっと!東野圭吾・東野圭吾をもっと楽しむための 7 つの視点[M]2010 年版.パブリケーションズ,2010

は作品における人物の感情関係及びサスペンス解決に対する影響を分析し、その根源を求める。

1 人物のイメージ分析

献身的な石神哲哉

『容疑者 x の献身』には互いに頼り合って生きる花岡靖子二人は、複数回花岡靖子の元旦那さんフジャン・シェンニからの邪魔を受け、ずっと耐える。元旦那さんが金を返すために娘を居酒屋に連れてお姉さんとする時、靖子母娘は一緒にフジャンを殺す。母娘二人は慌てる際に、隣に住んでいる石神は主動的に助け、自分の綿密な思想により、靖子母娘を助けて死体を処理し、かつ彼らのためにその場にいない証拠を製造し、警察に面する時に全てのものを準備する。靖子今後の幸せのために、自分を覗き者にすると警察署に自首し、全ての罪を自分で担当する。かつ石神は更に 1 つのルンペンを殺し、警察の捜査を混乱にする。これは石神が花岡靖子を愛しているため彼女のために犠牲したい。しかし最後に靖子は石神の犠牲を受けられないため、警察署に自首し、そして石神の全ての計画は失敗する。石神は愛情のために、冷静で理知である。靖子母娘のために罪を隠し、愛情のために、自分の人生を犠牲する。

大学時、石神は「達磨石神」と呼ばれ、数学研究に夢中になっている石神は、元々人により尊敬される数学家、又は教授になるべきであり、しかし高齢の両親のために、無名な高等学校数学先生になる。彼の周りに、数学を重視する人はいない。彼を理解かつ重視する友達はいない。ひいては彼が無くなっていると、注意をもたらさず、彼のために悲しい人はいない。ある日、石神はついに自殺しようとする時、花岡靖子は娘美里を連れて彼の隣に引越しする。母娘二人は光のように、石神の生命を救い、彼は自殺をやめている。靖子に対する愛は、世俗の男女感情の基礎に、更に微妙な感謝の意を加える。

石神の元の理想は数学を一生懸命に研究し、かつそれにより生活し、又は少なくとも学界からの認可を取得することであり、環境は理想を実現させずかつ自殺しようとする時、別の環境に数学を研究し続け、かつ花岡靖子母娘を保護することは彼の別の理想であり、互いに生きている精神支柱である。東野圭吾の説明により、理想のために、自分の感情を隠している人、同時に自分の理想を実現するために、手段を選ばない罪人、自分の曲げられる理想のために犠牲した人を分かる。

石神は靖子の前に、非常に恥ずかしく、富樫事件を発生する前に、彼は靖子と挨拶することをできず、富樫が殺された後、彼は靖子母娘を助けて嫌疑から離れ、彼の靖子に対する愛は、靖子に伝えない。そして靖子は、石神が何のために彼女を助けることを疑うことがある。つまり、靖子母娘の生活は正常である時、石神は毎日靖子に会い、彼女の声を聞くことに満足し、彼は靖子を愛し、靖子と一緒に生活すると思わず、単に心の平静を求めるだけである。

このような石神は、実は冷静、思考能力が強い数学家である。最初に登場する時、花岡靖子が仕事しているコンビニエンスストアへの途上、石神は環境をよく観察し、かつ頭の中で個々人に自分の予想を作る。花岡靖子母娘は富樫シェンニを殺した後、石神はすぐに靖子のそばに来て、殺人事件を分かり、かつ迅速に服を換えて靖子母娘を助ける。この時に靖子にとって石神は「怖くて冷静である人になる。」富樫の死体を処理する時、石神は靖子に「私を信用しでください。私の論理的思考に任せてください。」2と言う。

以上のように、賢く、靖子を愛している石神は無関係の人の前に、冷静で、数学式ロジック思考により自分の気持ちを制御する人であり、書には多くの状

2 东野圭吾. 嫌疑人x 的献身[M].刘子倩,译.海口:南海出版公司,2014.(32)

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接