浅析电影《死亡笔记》中弥海砂的性格特征毕业论文_日语毕业论文

浅析电影《死亡笔记》中弥海砂的性格特征毕业论文

2021-04-03更新

摘 要

中文摘要

《死亡笔记》中的弥海砂是一个拥有复杂人格的角色。她作为《死亡笔记》中为数不多的女性角色并且具有浓厚的主题色彩,是《死亡笔记》的一道亮笔, 她算不上是一个完美的女性,但电影表现出了她的魅力,并征服了广大观众。

本文研究了弥海砂复杂的人格特征,一种是在大众面前,她作为一个美少女偶像时的人格,另一种是在大众背后,她作为基拉时截然相反的人格,并且分析她拥有双重人格的原因。

通过研究,首先通过分析海砂在电影中每一次出现时的外形、语言、神态, 总结了她的三大性格特征——盲目追随主义、无私奉献主义与自我牺牲主义,随后追寻了她的性格特征与日本文化、日本社会之间存在的联系,最先总结了《死亡笔记》中反映出日本武士道精神和暴力美学带给青少年、带给全社会的影响。

本课题的结论将为后续研究弥海砂的学者提供分析思路,从而更细化弥海砂这一人物特征。

关键词:《死亡笔记》;弥海砂;盲目追随主义;无私奉献主义;自我牺牲主义

目 次

はじめに 1

  1. 『デスノート』について 3
    1. 漫画『デスノート』 3
    2. 映画『デスノート』 3
    3. 映画の概要 3
  2. アイドル・弥海砂について 5
    1. 弥海砂の人物像 5
    2. 美少女アイドルとしての性格特徴 5
  3. アイドルの裏にある弥海砂 7
    1. 盲目的追随主義 8
    2. 無慈悲な奉仕主義 11
    3. 自己犠牲主義 12
  4. 『デスノート』と日本文化 15
    1. 日本人の生死観 15
    2. 日本社会の「強者専製」と「暴力の美学」 15
    3. 『デスノート』の影響力 16

おわりに 18

参考文献 19

謝 辞 21

はじめに

複雑な人物の性格を形作ることで単一の性格を形作ることで、すでに現代映画の表現になっていた審美意識の倾向となっています。米国のマイク・ロマーが「現実の表」で指摘したように、「当代の生活の中で……生活の内容であり、生活の発展であり、さらに複雑である。実際の生活事件の順序は、これらの事件の形式そのものが私たちに非常に奇妙であって、まるで偶然であるかのように、不規則なものであって、しかしそれが生活の事件の中で、これらのような不規則性の中には、生活の極めて深刻な複雑さが含まれているようで、時には事件の意味が含まれていることがある」と述べた。このような人物の性格に対する複雑な意識の美しさは、究極的には現代社会の発展が複雑になってきた必然的な結果である。

中国語辞典では、「性格」の注釈は、「人、事に対する態度や行動に表現されている心理的な特徴は、勇敢で、強くて、弱さなどがあります。」簡単に言うと、性格は人の週りの環境に反応する特殊性の精神であるため、私たちは複雑な人物を検討するためには、人物規定の状況の複雑さをより深く探求しなければならない。

従来の研究では、弥海砂の性格を研究していた研究が無く、以下に関連した研究を参考にしてまとめた。

羅開栄、付春玲(2008)らが正義を訴えるのは比較的に、社会の公正製度法の上で理解しなければならないが、『デスノート』は、現在の社会の製度、法律、生命価値などとは離れていない狭義的な正義観を示している。

王霖(2010)らは『デスノート』の上映後、中国で起きた大きな反響とアニメ

文化の内包をまとめ、その影響をまとめて青少年を作っている。

杜暁傑(2015)らは『デスノート』の夜神月は、自分の理想社会を築くために、命と彼の日本の作品を、日本の文化が、奋闘、夢、仁義などの価値観を宣伝する背景には、暴力、尊大などの军国主義思想の 2 つの極性を隠している。

李秋波(2009)らは『デスノート』の名前で「死」の直接引用、そして他の日本の作品が死亡した喜び、楽しむ、美的な態度で、日本人の卑生が死ぬ生命観を表現した。

本文は文献研究法を用いて,比較研究法を採用する。まず、『デスノート』の大きな背景を分析して、弥海砂の人物像をまとめ、彼女のイメージを分析した理由と、彼女がアイドルとして表現した形と性格を分析している。

さらに対照分析彼女はアイドルの背後のイメージと性格、彼女からそれぞれの盲目的追随主義、無慈悲な奉仕主義と自己犠牲主義と論述と探求、異変後に、キラに会った後、忘れてキラに続き、キラの死後時間ポイントがそれぞれ論述を彼女の感情の変化を開陳して彼女は夜神月として、彼女の人生と堰を追求し、正義の観、彼女の人格や彼女の限界などは夜神月のために存在する。

次に『デスノート』に現れた生死観と海砂の生死観、それに反映された日本の武士道精神、军国主義文化などを語る。

最後に『デスノート』という作品は、青少年、社会への影響を語る。

1 『デスノート』について

漫画『デスノート』

『デスノート』は、日本の大場つぐみの原作/小畑健が作画した漫画作品。2003 年 8 月に集英社の雑誌「週刊少年ジャンプ」36 号に『デスノート』の原型を短編として掲载し、読者投票 1 位を獲得しており、2003 年 12 月から 2006 年 5 月

までに連载を掲载し、全 108 語を掲载しており、内容は短編とは异なっている。漫画連载版もテレビアニメ、映画、ライトノベル、ドラマなどとなっている。

映画『デスノート』

『デスノート』の実写映画化の大場つつた原作、小畑健さんの漫画『デスノート』が、元編は 2006 年 6 月 17 日に公開され、総興行収入は 28.5 億円で、観

客数は 223 万人で、中国香港で導入された後、日本の輸入映画の最高記録を更

新した。映画後編は 2006 年 11 月 3 日に公開され、3 日間の兴行収入は 12 亿円で日本映画年度最高の記録を更新したが、华納 bros の最新統計では、後編の兴行収入は 51 亿円を突破した。

映画の概要

映画『デスノート』は、天才少年の夜神月がデスノートを拾い、罪をなくして世界をコントロールしようとし、自分の理想の国を築いてきたが、無数の探偵Lでは、二人ともに、『デスノート』に死ぬしていた。

映画には、このようないくつかの主なキャラクター:キラ夜神月、探偵L、アイドル弥海砂、死神・リューか、死神・ライム。

夜神月は高校 3 年生で、『デスノート』を拾った後、ギラで犯人を殺害し、犯罪のない世界を作りたいと思っていた。

Lは世界の有名な探偵で、キラ事件で初めて姿を現し、「月がキラ」という推理が正確であることを証明した。

弥海砂は美少女のアイドルであり、第二のキラで、彼女は夜神月とともに犯人を殺害し、夜神月のためにも身を惜しまなかった。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接