绿色旅游对农村振兴的影响――以南京市农家乐和熊本市农村体验为例毕业论文_日语毕业论文

绿色旅游对农村振兴的影响――以南京市农家乐和熊本市农村体验为例毕业论文

2021-04-03更新

摘 要

中国随着近十几年的经济发展,生活娱乐方式变得丰富起来。“农家乐”这一新型旅游成为热潮,各个农村开始着手发展起农家乐。此外,日本被称为是农家乐的发源地,经过几十年的发展,日本在绿色旅游方面取得了很明显的成果。因此,笔者想探究中日绿色旅游对农村振兴方面,有没有能互相借鉴的地方。

然而,关于农家乐的研究,虽提及到日本的绿色旅游可以成为参考,但多数没有详细的谈及两国的背景、具体的差异和共同点以及对策等方面。

因而,本文通过南京农家乐和熊本农村体验出现之后,从农村的经济结构、人口比例和自然环境的变化这几个方面,明确日本的绿色旅游对中国的农家乐是否有参考价值,以及其经验如何运用到中国农家乐。

关键词:绿色旅游;农村;三农政策;地理

目 次

はじめに 1

  1. 先行研究 3
    1. 研究意義 3
    2. 研究方法 3
  2. 中国南京市の農家楽 4
    1. 農家楽の定義 4
    2. 中国農家楽の背景 4
    3. 南京農家楽背景 5
    4. 現状 6
    5. 効果及び影響 7
  3. 日本熊本市の農村体験 10
    1. 農村体験の定義 10
    2. 日本農村体験発展背景 10
    3. 熊本市農村体験の発展背景 11

3.4 現状 12

3.5 効果及び影響 14

  1. 南京市の農家楽と熊本市の農村体験による農村振興の比較 16
    1. 南京市と熊本市の比較 16
    2. 南京市の農家楽と熊本市の農村体験の相違点 16
    3. 啓示と展望 17

おわりに 18

参考文献 19

謝 辞 21

はじめに

この十数年の経済発展とともに、中国では「農家楽」という新しい旅行がブームになり、各農村はこの発展に取り組んでいる。1私の故郷は南京の陸郎という農村で、最近農家楽が有名になり、休日や祝日などに都市の人々は車に乗ってやってくる。こうした農村の道路は以前に比べて新しく、広がり、施設もよくなってきた。しかし、農家楽の発展に連れて、経営管理不足や内容が単調であるという問題も出てきたが、現在政府と農家楽の経営者による対策は取られていない。2

その一方、温芳によると、日本は農家楽の発祥地と言われている。数十年の発展を経て、日本はグリーン・ツーリズムで明らかな成果を挙げた。国内外で大人気だ。たとえば、長野県飯田市は 1996 年から 2004 年まで、体験型修学旅行の受入とワーキングホリデーの導入により、交流人口は増大し、飯田市全体で 3 億円の直接消費、波及効果は 7 億円にのぼる。また、兵庫県八千代町(現

多可町)は 1990 年から 2000 年まで、滞在型市民農園、宿泊交流施設の整備や農林業体験ツアーや空き家情報の提供など多様な取り組みを展開し、町外からの移住者は 286 人だった。八千代町全体で 7.7 億円の直接消費、波及効果は 12 億円であった。3

古谷未来は「農家レストラン経営者の情報発信における意識に関する研究」において、グリーン・ツーリズムの定義はより広い概念になっていることを指摘した。アンケートの調査結果により、農家レストランの経営者は地域に波及している効果を感じることが判明し、半数以上は地域の活性化に寄与していると考えている。

また、羅静は「城市化发展中农村经济结构的一般变动趋势」において、中国農村の経済構造発展を四つの段落に分けて、農村の発展変化と都市化の発展変化が密接に結びついていることを述べた。農家楽は発展の第四段落――農村経済構造の再建にあたる。

1 林鸿 2013 南京市农家乐发展战略研究 四川农业大学 p5-6

2 同 上 p11-12

3 農林水産省農村振興局 2006.04 グリーン・ルーリズムの現状について

楊龍は農家楽が現地の自然環境に与える影響について、現場調査によって、川の水質、土壌と植生三つの方面から、農家楽の発展は自然環境に悪い影響を与えることを述べた。そして、人々の環境保護意識を高めることと、農家楽経営管理の強化が必要だと唱えた。

しかしながら、農家楽に関するの研究は、日本のグリーン・ツーリズムが参考になると言及しているものの、両国の背景、具体的な差異と共通点、対策などについては詳しく論じられていない。

そこで、農家楽とグリーン・ツーリズムの出現による、農村の経済構造、人口比率と地域自然の変化を通して、日本のグリーン・ツーリズムの経験は中国農家楽の発展に参考できるかどうか、中国の農家楽の発展にどう生かせるのかを究明したい。

具体的には、南京市の農家楽と熊本市農村体験の事例から、「発展」、「問題点」と「啓示」という三つに分けて、現状から出発し、先行研究に結びながら、都市化につれて、中日農村の発展変化と啓示を検討したいと思う。

1 先行研究

研究意義

農家楽は農村を振興させるために、ブームになった新しい旅行として、三農問題の解決に大きな意義がある。本論では、南京市と熊本市を例として、データ分析と比較を通して、農家楽の利点と不足点を探し出す。

また、本論の研究対象はかなり発展している。農家楽はまだしていない、あるいはしたばかりの地域に参考ができる。

農家楽の研究は農村振興だけでなく、観光資源開発、過疎化対策、経済格差などの方面でも有意義である。本論は参考になるといいと思う。

研究方法

本論では、南京市政府と熊本市役所の HP のデータを中心に分析した。都市化にともなう農民のライフスタイルや地域社会の変化情況と、農家楽および農村体験の発展の背景を分析した。先行研究に結びながら、農家楽と農村体験の概念を明確した。研究方法は主に文献調査と量的分析で行われた。

中国南京市の農家楽

農家楽の定義

「農家楽」とは、中国において、観光業と農業を結びつけ、農村の自然、文化を観光資源として運営する農村観光事業を指し、一つの農村経済を振興させる経済活動である。いわば中国型グリーン・ツーリズムである。4

経営者から見ると、農家楽は農民を自家の部屋と自然景色を利用し、低い値段で人を吸い寄せるの旅行させることができる。消費者からすれば、農家楽は、都市生活と違い、農村ならではの生活を体験できる旅行である。5

本文においては,農家楽を都市と農山村の交流を前提に,農山村地域で農家レストランを中心として,民宿や農林業体験などを含む「農家に宿泊し,飲食し,農林業体験を行い,農林産物を購入するなどの体験を楽しむ」ものと定義する。6

中国農家楽の背景

中国は経済発展とともに、地域の格差が大きくなっている。「農業」の低生産性、「農村」の廃棄、「農民」の貧困という三農問題は注目されている。三農問題を解決するために、政府は数多くの政策を打ち出している。その中でも、農家楽は重要な取り組みである。7

中国の農家楽は 1980 年代に現れた。1995 年 5 月 1 日からの週休二日制度の導入により、休日に農村を訪ねることが次第に人気になっていた。農家楽は農家の料理を味わったり、農村の景色を見たり、農業を手伝ったりといった体験を楽しめる。8

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接