「雪国」に現れた美について(关于雪国展现出的美)毕业论文_日语毕业论文

「雪国」に現れた美について(关于雪国展现出的美)毕业论文

2021-04-03更新

摘 要

《雪国》是川端康成的第一部中篇小说,它给世人展现了一个纯净且美的世界,在那样一个动乱的年代,川端康成通过独特的手法构造出独特的人物形象及命运,带给人们的是震撼心灵的美。

本文是以《雪国》这部作品为中心,从不同的方面研究《雪国》这部作品所蕴含的美。本文通过对人物的语言、动作以及心理活动挖掘出人物关系背后的内涵。通过寻找作品中隐藏的日本传统文化,让更多的人感受日本文化的博大精深。另外,本文对于自然界中的万物也会进行深度的研究。

本文在前人的研究基础上加上自己品读这本书过程中所得出的感悟,将《雪国》这部作品所展现的美推向一个更深层次的领域。通过该课题的研究,不仅可以加深对川端康成的《雪国》这部作品的理解,同时,也可以加深对日本文学、日本文化以及对日本的理解,有助于今后的对日交流。

关键词:雪国; 美; 川端康成; 传统文化

目 次

  1. はじめに 1
  2. 先行研究 2
    1. 人物に関する研究 2
    2. 創作の技巧に関する研究 2
    3. 作者自身の研究について 2
    4. 日本の伝統文化の美に関する研究 3
    5. 先行研究に出てくる問題 3
  3. 『雪国』に現れた美 4
    1. 女性の美 4
    2. 日本伝統文化の美 5
      1. 芸妓文化 5
      2. 童謡文化 6
    3. 自然の美 7
      1. 自然景色に現れた色彩美 7
      2. 自然美と愛情美の統一 8
      3. 自然美と生命美の対比 9
    4. 虚無の美 11
  4. おわりに 13

参考文献 14

謝 辞 15

はじめに

これまで多方面で川端康成を研究した。川端康成の成長と時代影響などを含める。川端は日本に初めてノーベル文学賞を受賞したが、彼の作品も深く研究されており、『雪国』を研究している人が多い。川端康成の作品は読むことが難しいと思われているが、私が見ているように、川端康成の文章の中で難解な部分が逆に魅力的なのである。偶然の機会に、川端康成に書かれた雪国を脚色した映画を鑑賞して、複雑な人物関係に入り込み、その背景には深い意味があり、思わず映画に溶け込み、映画の最後に涙を流して言い尽くしていない。映画のきっかけで、私は『雪国』という作品を読み、『雪国』は川端康成の最高の代表作であり、これまで描かれてきた虚しい美しさ、きれいな美しさと悲しみの美しさが極致を極め、胸がキュンとして、憂いを感じている。著者は、日本の伝統文学の美しさと現代派の手法で完璧に結合していて、新しい工夫を凝らした観察の見方でこの小説を書き上げた。『雪国』の中に悲しい雰囲気が醸し出されているようだ。葉子の死亡、駒子の汚れ、筆者本人の生前の世渡り態度に符合しているようだ。物事には虚無と絶望の思想がある。かえって、これらの哀れむ魂は挫折の中で笑ってすべてに直面して、依然として生活にすばらしい期待を持っている。彼らは隙間の中の光に似ている。その夜空では、火花のような生命力が川端康成の独特の審美眼である。本を読み終わって、私は『雪国』という映画の解読を深めて、ほとんどの人は表面の悲観的な色彩だけを見て、この人たちの不幸な人の惨めな末路に気付くだけではなく、実際、作家は美に対する追求が目に見えるほどだ。それは川端が伝えた美である。これこそ私が深く研究したい内容である。

先行研究

川端康成は日本で初めてノーベル文学賞を受賞した作家である。彼の『雪国』に現れる意味は味わいが尽きない。『雪国』に関する文章と先人の作品を研究して、豊富な知識を得たうえで、足りないところも発見した。

人物に関する研究

小説で主な人物は駒子、葉子、島村、行男である。これらの人々は 1 本の線のように、終始を貫く。国内の多くの作品は駒子と葉子という二人のヒロインを分析している。

陳雪(2011)によって、川端は象徴、隠喩のような手法で二人の女性像を構築し、独特の審美視角で独特な感覚の世界を構築している。彼女が二人はすべてが悲劇的な末路に終わって、運命の無常を表している。花火のようにきらびやかな美しさを見せ、芸術至上主義の文学理念を具現した。

王紅梅(2010)は女性が川端の作品の主人公であることを提出した。これらの女性像は悲しくて美しくて、まるで輝きの時期に咲いた桜のようで、短い間に勢いよく咲きだして、命の美しさを披露して、恨みの美しさもあれば、また悲しいものがある。

創作の技巧に関する研究

周江(2011)は雪原、山野、夕暮れなどの少しの哀愁をもつ自然のものと美 しくて純潔でやさしい女性像を対照し、小説の切なさと美しさを表現している。

作者自身の研究について

何宝年(1997)によって、川端には美しさと悲しみが共存し、川端が一生追求してきた美しさは、であり、無常で儚い、実現できないあこがれの的で、空の「虹」のようであると指摘している。

日本の伝統文化の美に関する研究

張暁寧、王賀英(2005)川端は島村に日本の禅学文化にしみこむ心理を深く分析している。「処女性」の崇拝と「回帰意識」を発見し、女性の美しさへの憧れを表している。

先行研究に出てくる問題

『雪国』という作品が最初から受け入れがたいのは、多くの学者が批判的な見地である。この中で描かれているのは、変態的な恋愛であり、醜いものであり、登場することは難しいと思う。人物の方面の研究は、駒子と葉子という女主人公について分析に私は強く賛成した。二人は悲劇的な末路に終わる運命の無常を代表して、これは誤った意識と思った。実は葉子の死は悲劇ではない、逆に精神的な昇進だ。まるで虚無の美しさである。駒子は、逆境の中で徐々に污され、運命に屈せない。それはまさにほかの美しさである。また、駒子と葉子を分析すると同時に、島村という人物も重要だ。彼は金持ちの息子であり、彼は結婚していながらも駒子を好きになっていて、女性の純潔の美の追求とあこがれを反映している。景色の描写の面では、学者は、景物の美しさと人物の美が一つになったと考えていて、私は対照的だと思う。その景色の切なさを利用して、逆に生命の美しさを表現する。日本の伝統文化の美に関する研究では、多くの人が小説で表現の手法とテクニックに偏っているが、日本の童謡文化や芸者文化をめぐって論じると思う。

総合的に、研究した文献の中で、不足しているところがある。『雪国』が示した美が完全ではなく、もっと深く研究する意義がある。

『雪国』に現れた美

女性の美

駒子と葉子は『雪国』の中に「美」の 2 つの代表的な女性人物。全文は島村の目で見て、駒子と葉子を描く。その中で、駒子の描写については、相対的に多い。島村では初めて駒子を見て、かなり詳しい外観描写があった。「細い高い鼻が少し寂しいけれども、その下に小さくつぼんだ唇はまことに美しい蛭の輪のように伸び縮みがなめからかで、黙っている時も動いているかのような感じだから…」1華やかな言葉は使われていないが、端正な美しい女性像を作った。

駒子の身の上はとても大変だった。若い時の人に身請けされて以降、日本舞踊先生になるつもりだ。しかし、まもなく彼女の恩主が亡くなって、芸者になった。島村が駒子を見たとき、着つけにどこか芸者風なところがあったが、むろん裾はひきずっていない。駒子の純潔な美しさを見せる。駒子は島村との付き合いの中で、島村自ら駒子の手を引いて、島村の手を離すと、彼女はさっと首まで赤くなっていた。駒子はたくさんの人生の苦しみを経たとはいえ、彼女はまだ 19 歳の娘で、島村を向いていた時、彼女の照れははっきりしていた。女性の純潔さを感じている。駒子は、島村にはいい結果がないことを深く知っていて、心の愛欲を隠すしかなかった。しかし、彼女は黙って島村に青春を捧げた。驹子の純美、愛の勇敢に追求した。しかし彼女は黙って島村のために青春を払った。駒子の純潔な美しさと愛情に対する勇敢な追求が表れている。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接