浅析宫崎骏动画电影中所表达的主题思想 —以电影《红猪》为中心毕业论文_日语毕业论文

浅析宫崎骏动画电影中所表达的主题思想 —以电影《红猪》为中心毕业论文

2021-04-03更新

摘 要

动漫产业在我国属于最具发展潜力的新兴产业之一,作为中国政府列为重点扶持的文化产业,现在正在成为新的经济增长点。但我国的动漫产业作为一种新兴产业还存在着很大的问题。

日本动漫一直处于世界领先地位,尤其是宫崎骏动漫更是日本动漫中的佼佼者,它既有传统动漫引人入胜、扣人心弦的情节,又饱含着一般日本动漫所不具有的深刻哲理。他将动画提升到人文的高度,打破了动画以儿童为主要观影群的壁垒,宫崎骏通过他的动画作品来给人们传达了他对这个世界的思考,并且也获得了全世界的认可。因此,浅析宫崎骏动画电影中所表达的人文思想,有助于我们从中获得其成功的原因,进而找出我国动漫所存在的不足,有助于我国动漫产业的发展,让更多国家的人能够通过动漫这种大众所喜闻乐见的方式来了解我们国家的文化和历史,从而真正提高我们国家的文化软实力。

关键词:日本动漫;宫崎骏;思想;我国动漫产业;发展

目 次

1 はじめに 1

2 先行研究 2

2.1 宮崎駿アニメのマクロの美意識についての検討 2

2.2 宮崎駿アニメ映画における主題の検討 2

3 宮崎駿の人生体験がアニメ作品への影響 4

4 宮崎駿のアニメ映画のテーマ 7

4.1 人と自然 7

4.2 飛行と夢 8

4.3 戦争と平和 9

4.4 フェミニズム 10

5 わが国のアニメ産業の示唆 13

5.1 わが国アニメ産業における問題点 13

5.2 宮崎駿のアニメによる中国アニメ産業への示唆 13

6 おわりに 16

参考文献 17

謝  辞 18

1 はじめに

 宮崎駿のアニメでは、少女、飛行、魔法という三つの要素がよく見られる。彼は3つの基本的な要素を通じて、たくさんの感慨深くて、温もりのあるストーリーを描いた。同時に、夢、女権、生態自然、平和主義といった深いメッセージをストーリーに取り入れた。アニメというすべての人が受け入れられるような媒体を通して、人々に深く考えてさせる。これも宮崎駿のアニメが世界を風靡する原因だ。普通のアニメに存在しない思想の内包があるからだ。

宮崎駿のアニメがなぜ鋭く問題を表現できるかというと、自分の身近な経験と関係しているかもしれない。『紅の豚』は数多くの宮崎駿の名作においては際立っていないが、他の作品のスタイルと違い、より厳しく重いのだ。『紅の豚』の主人公ポルコから宮崎駿本人の面影を感じることができる。本論文は宮崎駿に最もぴったりな作品を分析することによって、宮崎駿が視聴者に一番伝えたい独特な精神世界を見せる。また、我が国のアニメがそれを参考にして、思想文化の内包を豊かにさせられるように祈っている。

2 先行研究

宮崎駿のアニメ映画の現状から見れば、インターネットには、それに関する博士前期、後期の論文と定期刊行物資料が数多くある。基本的には、飽和状態となっている。最初、筆者はこの課題を選ぶ時にも、すこし迷っていた。まるで皆の見方は宮崎駿の映画に対して、既に深刻的、固定的かつ具体的な認識があるから、補充できる論点は少ないようだ。しかしながら、調査を通して、このような文献資料は、以下の二種類に分けることができる。

2.1 宮崎駿アニメのマクロの美意識についての検討

(1)方天雲(2014)『宮崎駿のアニメ映画に関するカット別の研究』:映画画面内容の空間関係、構図の表現方法により映画からの美意識を検討する。

(2)文君(2012)『宮崎駿のアニメ作品における「共生」美学研究』:作者の経歴、民族文化、時代背景、世界潮流等の各方面と映画の内容を合わせ、映画より表現したい基礎の美学を推測する。

2.2 宮崎駿アニメ映画における主題の検討

(1)李潤杰(2010)『宫崎アニメ映画の生態意识』:自然の生態、戦争反対、女性主義、飛行機、夢等のある特定な主題を切り口として、宮崎駿の全ての作品において、この主題を表現できるイメージ、カラー、表現手段、具体的な内容を論拠として見方を証明した。

(2)王蕙林(2015)『宮崎駿への深度解読―ハウルの動く城』:宮崎駿の特定な作品を例として、深く研究し、ポイントから全体まで宮崎駿アニメのいくつかの考え方の特徴をまとめる。宮崎駿本人の人生経歴を通して、アニメ創作についての影響及び宮崎駿アニメによる観衆へのポジティブな意味を検討した。

(3)田瑞平(2005)『宫崎アニメ映画研究』:宮崎駿アニメに含まれる思想の主体に対して全体的にまとめ、マクロ的なイメージを得て、そのイメージの発展と日本の他方面の文化への浸透を検討した

 以上のように、本稿は第二種類の一つのアニメ映画をめぐる論述する方法と似ているが、多くの研究は『千と千尋の神隠し』、『もののけ姫』、『となりのトトロ』等の人気作品を選んだが、本稿は分析が少ない『紅の豚』を主として、他の映画とあわせ、宮崎駿の自身の経歴により主体の思想を表現する。同時に、中国アニメの問題点をポイントとして分析し、自分の考え方とアドバイスを提出する。

3 宮崎駿の人生体験がアニメ作品への影響

宮崎駿(1941.1.5—)は手塚治虫の後、日本アニメ史における重要なアニメ大家だ。初めてアニメ作品を人文レベルまで上がった思想家だ。今も、更に日本を代表する文化的な象徴で、「アニメ業界の黒沢明」と呼ばれる。宮崎駿の今までのアニメ作品から、このような要素がよく現れる:少女、魔法、飛行、反戦、環境保護。呂峰は『アニメ大家―宮崎駿』という本に、「アニメ大家は特定な家庭、社会、民族文化、世界潮流等の影響で次第に成長してきた人だと述べた。独特な人生の経歴、思想の個性、芸術的な教養もアニメ創作の重要な要素だ。宮崎駿は、自分の独特な創作個性があるからこそ、彼の作品は独特な精神の矢印が生じる。」[1]もしかして、宮崎駿の過去の経歴から、生活による彼への影響及び彼による世界への思考が伺えるであろう。

宮崎駿の数多くの作品から、彼は「飛行の狂人」だことが伺える。例えば、『天空の城ラピュタ』の中の飛行艇、『紅の豚』における様々な飛行器、『ハウルの動く城』における巨大な戦闘機、飛行機及び最後飛べられる城等だ。どこでも各種の飛行器、または主人公自身が飛べる能力がある。更に、彼と高畑勲が立ち上げたアニメステレオの名も「ジプリ」だ。その名は第二次世界大戦時期、イタリアの偵察機からで、意味は「サハラ砂漠に吹く熱風」だ。このような飛行に対する強烈な愛は、宮崎駿の成長環境と関わっていた。宮崎駿のおじさんは、鹿沼で「宮崎飛行機」という会社を経営し、宮崎駿の父は、その会社の主管であった。幼い頃の飛行機製造場の生活のため、宮崎駿は飛行器、飛ぶことに夢中していた。宮崎駿は第二次世界大戦に殺人機械を作っていた商人家庭に生まれたが、幼い頃の経歴により、このアニメ大家はずっと自分の出身が恥だと思っていた。

宮崎駿より、1947年7月、彼が四歳の頃空襲にあったことがあり、当時、彼のおじさんはトランクを入手し、家族を乗って逃げようとして時、独りの婦人は自分の子供を抱いて、つれてもらうようにお願いしたが、断れたということを述べた。その後、トランクに乗れなかった母と娘が生き残ったが、このことは彼の心における影となった。そのことについて、彼は「一般の民衆たちは戦争の苦難であがく時、自分は衣食の心配もなく生きていた。家族とガソリンのトランクで逃げた時、一般の民衆たちはその場で死亡を待つしかない。それは、自分の両親が戦争の殺人機械を生産する商人からだ」と述べた。もしかして、このことをきっかけに、宮崎駿は彼の大量の作品に反戦思想を表現したからだ。戦争の経歴がある人こそ、戦争の怖さが知っている。戦争は全ての人に対しても、災難であり、宮崎駿の家族のように、戦争で繁栄している人々でも同じだ。そのため、彼による戦争への反省は極めて深く、有力だと思われる。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接