日本简素设计体现出的“禅宗美学”——以“无印良品”包装设计为例毕业论文_日语毕业论文

日本简素设计体现出的“禅宗美学”——以“无印良品”包装设计为例毕业论文

2021-04-03更新

摘 要

禅是日本设计中的灵感的源泉,通过对日本简素设计的表现形式,设计方法及其日本文化的关系分析,尤其是“禅文化”对简素设计的物质和精神层面的深刻影响,探索日本简素设计外简内丰的特质。日本简素设计通过材料的精心选择和依靠传统工艺制作等手段,凸显出其“禅”式的审美哲学,追求物哀,幽玄的内在诉求,简单的外表包裹着本国文化的精髓。而无印良品作为日本本土的一个民族独立品牌,其本身的包装设计有着很强的代表性,对禅宗美学中的“空寂”

“无中生有”等理念进行了完美的诠释,并且通过产品传达给人们一种经典的生活哲学。倡导人们追求一种简单绿色的生活方式。

本文首先研究禅文化影响下的包装文化,其次研究了无印良品的成长及其发展特点,最后又研究了无印良品产品包装中的禅意美设计。

本文通过研究无印良品产品包装与禅宗美学的契合点,总结和归纳产品包装设计的设计理念定位,设计原则制定和设计方法思考等。深入的体会日本设计师对产品包装设计语言及人类追求自然生存方式的反思。

关键词:禅文化,无印良品,包装设计

目 次

はじめに 1

  1. 禅文化の影響した包装文化 2
    1. 禅の内包 2
    2. 文化の影響による日本の包装技術の「精」 2
    3. 文化の影響による日本の包装の「素」 4
    4. 禅文化の影響による日本の包装の「情」 6
  2. 無印良品の成長と発展の特徴 9
    1. 無印良品の歴史文化 11
    2. 無印良品のデザイン哲学 12
  3. 無印良品の包装中の禅意美の表現 13
    1. 構造的な形の体現 13
    2. 材料上の具現 13
    3. 図形の体現 13
    4. 色彩的な表現 14
    5. 包装設計の限界 15

おわりに 16

参考文献 17

謝 辞 18

はじめに

はじめに

禅宗は多くの歴史があり、多くの著名な志士が研究をしてきた。しかし、多くは禅宗史観に関する研究だった。例えば、張祭の末の『禅宗の美学』、皮朝の『禅宗の美学』、崔元氏の『禅宗美学の基本的特徴』などがある。学者は禅宗の美学に影響を与えた具体的な芸術形態、禅宗の美学と芸術デザインに関する研究が多くなった。国内と海外であれ、人々は禅宗の美学は一般に重点の研究禅宗の美学思想、大芸術、絵画、園林のように詩などの影響で、ほとんどが少ない関連禅宗の美学思想、芸術デザイン分野の影響を及ぼすため、禅宗の美学のパッケージデザインの影響研究も相対的に多くない。国内外では、日本の无印良品のデザインに関しては文字が多いが、ほとんどが製品のデザイン、広告デザインのために禅宗の美学という観点から无印良品の制品を包装した理論的研究は比較的少い、深さが乏しい。

ここで特徴は、現在の日本の包装デザインスタイルの特徴的な形成は、禅文化に影响されているので、本研究は禅の起源から始まり、一回一段階で研究を進めることだ。禅と包装のデザインスタイルに起因する関係を整理している。その後、无印良品のパッケージデザインで禅宗の美学の影响を分析した簡約主義。それぞれ包装されたデザイン構造、材料選択、包装色、グラフィックス文字で行われた。無印良品のパッケージデザインを分析することで、簡約主義の具体的な运用については、私たちの包装のデザインを启発することができる。最後に、いくつかの方面から簡素主義の包装の設計の優越性を説明して、弁証法的に物事に優位性があるだけで劣勢があり、簡素設計言語の比較的に難しいと設計デザインの同質化現状など。いくつかの方面で簡素主義の設計に存在する限界を分析している。

1、禅文化の影響に包装文化

禅の内包

禅はゴッホ「禅那」の略で、訳は静思し、静中思の意味は、一般的に「禅定」と呼ばれる。この法は心を一法の境に集中する。それは参禅と名づけられ禅宗と命名された。その中心思想は、「文字を立てず、外に伝えること。直指人心、見性成仏」1とは、自分自身の実践を通して、日常生活の中で真理を見て、本当のことを知ることを意味する。禅宗は人の魂が解き放たれた一種の精神現状の哲学であり、空観ですべての世俗的な感情を取り除くことで。个体の直感や悟りを通じて、个体の精神自由を追求する。

「禅」はインド、中国に発展しているが、集大成は日本である。

日本禅宗は中国禅宗で、禅宗に中国から伝わってきて、武士階層は深く感動し、武士たちは質素な精神の源「すなわち心すなわち仏、解脱自己、无欲無求、無所、矯飾呈す」2の禅宗思想日本人数代を経た後、相続発揚と彼らの大和民族の生活哲学相互浸透融合し、日本人の生活の各方面で勉強に大きな影響を与えた。今日は禅宗の文化が主流文化になった。日本の仏教学者、鈴木大拙は『禅と日本文化』で、仏教を离れて、具体的には「禅」を离れて、豊かな日本文化を持っていないと説明した。

    1. 文化の影響による日本の包装技術の「精」

「禅」は手作りを軽視しないように、「時間の怠け者」になる。このような理念の影響で、地域によってと自然環境規制の日本国民の勤勉、質朴、また真剣に、職業の生活。その生活の態度も影響している彼らの態度には日本の「職人精神」になる。このような精神が国に溶け込んでいる日本人の骨髄になるし常識のものだ。

一つのことを押し通し、それを极めて完成させて職人精神の頑張るの原則である。日本の匠たちは自分の顔の象徴と見る。彼らは、彼らの手から出てきた

1 鈴木大拙.鈴木大拙禅学入門[M].1988.107

2 李哲良.禅的人生与艺术[M].成都:四川美术出版社,1992.4

作品であれば、どんな代価を払っても、最善を尽くして完璧にするということだ。どのようにして美しいのか、彼らは神経質的な芸術的追求を持っている。彼ら自身が製品に対して厳しい要求をしているので、世間の前で自分の作品になることを夸りに思っている。彼らは、自分の作品だけでなく、他の職人にも厳しいことを求めていた。彼らの目には、何事も品質の悪い製品が世に伝わると、その職人の恥辱とされている。このような精神的な影响を受けて、日本のデザイン包装の中にはその精巧な美が見えない。

21 世紀の今日、経済の発展のために、包装の流れが広がる現状が非常に多くて、複雑かつ派手な色彩があまりにも多くて、私达はますます簡単で快适な視覚の感じを求めて、ますます原点回帰を追求する。これは极簡主儀のデザインスタイルは人間の視覚心理のニーズに合わせて自分の机能のニーズにも合っている。

原研哉がデザインした「タンポポ(タンポポ)酒」の包装は、禅心に包まれており、形のシンプルなもので、ペットボトルは白い紙に包んで、ボトルの白いラベルに「タンポポ」が非常に突出している。この飾りはほとんどの飾りや余分な文字がほとんどないので、この「タンポポ」は、その上の毛の数が違っているのをよく見ることができる。その理由は、デザイナーデザイナーがエッチな方法で作った「タンポポ」で、1 年ごとにタンポポの毛が 1 本、この毛が酒を使うための時間だ。このパッケージは、私に日本のデザインの独創的な心を感じさせ、何が「シンプルで簡単ではない」と感じさせてくれて、これが极簡主儀の魅力である。

中国の高級な白酒である五食液の包装を比較すると,とても複雑なにぎやかな要素が多くなっているように見える。身についた雕刻。中国の伝統的なめでたい色を帯びた赤黄色の組み合わせて、多くの地位を示している。日本の極端的な美意識とは違う。主に環境と信仰が違うからだ。古来、中国は重装のある国であり、飾り方が強て地位が高い。「五粮液」は高級白酒の一つの複雑な装飾と濃い色彩で、中国の一般的な美意識に符合する。しかし、未来のトレンドは、シンプルなデザインを説かれる。わが国のこのような贅沢品包装は一部の人の購買需要を満足させているが,それはやはり加工コストと資源の浪費を追

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接