研究治愈系电影的叙事结构——以宫崎骏作品为例毕业论文_日语毕业论文

研究治愈系电影的叙事结构——以宫崎骏作品为例毕业论文

2021-04-03更新

摘 要

近年来,“治愈系”随处可见。“治愈系”漫画,“治愈系”的书籍,“治愈系”音乐等大量地进入人们的视野。治愈系已经形成了一套完整的文化产业体系。本文对于治愈系电影的研究,由宫崎骏创作指导的系列动画电影为代表。

宫崎骏电影有其独特的表达方式和故事主题。比如:自然主题下,宫崎骏想表达的是什么?成长主题下,他又着重想表达什么呢?为什么宫崎骏笔下的好坏不是这么好区分?他是如何看待好与坏的。这些都将会一一作出解析。

最后在例如:《千与千寻》、《哈尔的移动城堡》、《天空之城》等多部宫崎骏经典影片的人物、情节、内容的解析下,深入探讨治愈系电影的叙事结构及影片内部各元素的组合关系。

关键词:宫崎骏电影;治愈系;叙事结构

目 次

はじめに 1

  1. 宮崎駿映画のテーマ 2
    1. 自然のテーマ 2
    2. 成長のテーマ 3
  2. 宮崎駿映画の各元素の分析 4
    1. 映画のプロット 4
    2. 映画の画面 5
    3. 映画のカッラインク編集 6
  3. 宮崎駿映画の表現方式 7
    1. 人物の描写 7
    2. 景色の描写 8
    3. リズムの描写 10

おわりに 13

参考文献 14

謝 辞 15

はじめに

日本経済のバブルを崩壊した後、徐々に自分の意識を失った日本人は平穏と安定な方法で心を癒したいです、こんな社会の雰囲気の上に、日本特有の癒し文化がけっきょく生まれた。

当代アジアの中に第一文化輸出国として、日本のファッションに集まれて、国内だけでわなくて、アジアと全世界を風靡し、広範囲な影響力を持つ文化現象を作成した。

日本国内では完成な癒し文化産業体型もうセットしました、たくさんの国民の日常生活と潜在意識に暗幕な役割を続けている。癒し文化の背後に含まれている事は日本民族濃厚的な文化遺産である、ある特別な生存価値観を反映して、日本の社会意識の変更と発展を反映した。1

本文の主題は宮崎駿を代表として、彼の創作した癒し系2の作品を例示して、癒し映画の敍事構造を研究する。方法は実証法、比較法、演繹法、帰納法に分けられる。実証考察は第一手資料に対する調査である。口述歴史、アンケート調査などの方式で研究、証拠を残す。比較法は違う国の間に、比較性のある二つ、あるいは多数の物事に対して比較し、結論を得る過程である。

1 燕玫、 郑春,“治愈系动画”对观众情绪的调节作用[J],西南民族大学艺术学院,西南民族大学社会学与心理学学院,2016 P220

2 韩思齐,日本“治愈系”的文化分析[A],复旦大学社会学系,2010 P111

2

1 宮崎駿映画のテーマ

自然のテーマ

自然テーマの映画は人と自然の関係を関心して、人と自然の調和について全力的に検討してみる。『风の谷』、『天空の城』『もののけ姫』は全然違うの物語ですけど、ストーリーに隠れた核心構造はとても似ている。映画の発展は主に野心満々たる人間は自分利益のために自然を軽蔑して、破壊することである。人間の劣悪な行動のせいで間もなく大きな災難を起こられる、主人公は彼らの無私、善意、勇敢な動きで自然の怒りを鎮めて、人間の生存を救った。つまり、宮崎駿監督する自然テーマの映画は同じ「抵触——災難——救い」深という共同の深層構造を持っている、この構造は実際にもっと具体的な構造の二つを分けられる、例:「抵触者——抵触——災難を起こす」と「救援者——救い——災難解散」二つの構造である。前者は宮崎駿の現代文明に対する疑惑と人間運命に対する懸念である、後者は人間と自然の調和関係への憧れと人間の未来に対する希望である。また、宮崎駿監督する自然テーマの映画の中に、抵触者は『风の谷』のベジトとトルメキア人、『天空の城』のムスカ、『もののけ姫』の黒帽殿が野心満々と武力を尊ぶ性格を持っている、救援者は『风の谷』のナウシカ、

『天空の城』のヒダとパル、『もののけ姫』のアシダカは善良、無私、博愛の性格を持っている。抵触者は自然を破壊して災難を起こし、救援者は自然を守って災難を解散する。

成長のテーマ

宮崎駿が監督する作品の中に成長のテーマに贯かれて、このテーマは二層の意味を含まれている:

第一層面の意味は個体として人間の成長だ、通常の意味で個体の生理成長だけでなくて、より重要な個体の心の成長を指する。

第二層面の意味は全体の人間の成長で、つまり全人間の発展歴史である。 個体生理上の成長とか、心の昇華とか、全部真実、善良と美向け宮崎駿の希望を表現した。これに対して、宮崎駿の文字から温情を流れて、手法上にも現実と仮想の融合も欠けないである。彼は子供と少年の精神生命の成長と成人精神状態の成長を誘導する。『隣のトトロ』『魔女の宅急便』『干与干寻』3『ハウルの動く城』『崖の上のポニョ』は全部成長テーマの映画であり、これらの映画は人の成長を注目し、主人公は自分を認識して自身を改善する過程を主に強調している。

『千と千尋の神隠』は宮崎駿よりかつて 10 歳の頃があるともうすぐ 10 歳になる観衆への映画である。それは現代の日本社会が舞台として、十歳の女の子千尋は両親を救うために神の世界に友情、成長、修行の冒険の過程を経った後、ついに人間世界に戻った物語である。

従来のストーリーと違って、主人公は綺麗な女の子でもないし、特別のところもなくて、また彼女の弱い性格で、元気ないの状態は人々に怒られた。

宮崎駿は千尋という平凡な人物、一つ典型的な十歳の日本の女の子を作って、目的は十歳の女の子ならみんなが千尋から自分のイメージが見させる。

自然テーマの映画のように、この映画にも相対的に同様の構造もある、すなわち「離れ—検証—回帰」である。

3 孟红淼,从《千与千寻》看日本“治愈系”文化[J],山西大同大学学报(社会科学版) ,2013 P135

宮崎駿映画の各元素の分析

映画のプロット

『隣のトトロ』4は自然に満ちて郷土は背景として選んで作品全体がくつろいたり、温情が流れる雰囲気が満ちる。この間に人に憧れられる童話シーンだけではなくて、また家族の感情もいっぱい書いてある。

あの夜は静かな田舎にオカリナ笛を吹いているトトロを思い出した時に、心の中に温情がいっぱい出てきてある。夏の夜にトトロと一緒に木栽培し、種子は月光の中に大木になってある。そしてジャイロに乗せてトトロと一緒に田野を飛んで、こんな暖かいような夏の夢は十分にどんな人にも感動られる。

映画の中に、列車を待つシーンは宮崎駿が監督する映画の中に一番繊細と温情のシーンである。蓮の葉は頭に乗せているトトロ、ボロボロの街灯の下に薄黒いのハロー、落ちた滴、そしてトトロの表情変更、こういう絵から映画までのレンズのコントロールの実力をはっきり表現した。特に女の子はおじいさんを待ってる心配の感情をはっきり表現するシーンである、あの仮想のような伴う感じが特に暖かいである。

『千と千寻の神隠し』5は現代のストーリーですけど幻想的な作品である。主な枠組みは 10 歳の荻野千寻と親が引っ越しの過程で不思议な町に入ったことである。そこに、千寻の両親は神の食べ物を误って饮み込んで豚になった。千尋は少年に助けられて町の湯に働くなった。でも彼女の名前は銭湯の主人を奪われましてただ「千」一つ残った。もし自分の本来の名前を忘れば、千尋は永遠に正常な世界に戻れないである。適時に両親に救出しなければ、彼らは喰われる。従来にあったことないの困難に対する千尋は心の底から「生命の力」が

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接