浅析日本寺庙饮食文化的宗教性毕业论文_日语毕业论文

浅析日本寺庙饮食文化的宗教性毕业论文

2021-04-03更新

摘 要

中文摘要

在寺庙饮食中,僧人们虽不食荤腥,但其特有的精进料理在守戒的同时以其简单的食材满足了他们对食的享受。乃至至今,精进料理广泛流传于平民百姓间, 在这种素食文化中深受佛法的熏陶。茶的饮用,将茶与修行相结合,体会出意蕴。

精进料理的食材大多出自自种的蔬菜与自家制作的调料,采用蔬菜、豆类等植物性材料进行烹饪食用。除此之外,还特别注重饮食环境这一环节。精进料理是僧侣必须的食物,不仅在饮食上,在修行上也被重视。而茶道被视为典型日本文化的代表,主要源于其外在形式中所包含的精神层面因素,即禅。非常注重内心的宁静与愉悦。

而饮食禁忌也是寺庙一大文化,它同时体现出了僧人们对佛法修行的一丝不苟。有荤腥禁忌、饮酒禁忌、时间禁忌。从精进料理这“食”到茶这“饮”无不体现着僧人们精益求精的宗教信仰及超越、无我的奉献精神。

关键词:寺院;饮食;礼仪;禁忌;宗教性

目 次

はじめに 1

  1. 日本寺院特有の精進料理 2
    1. 精進料理の特色の食材と菜食 2
    2. 精進料理由縁の例 4
    3. 飲食のテーブル·マナー 5
    4. 民族性の飲食 6
  2. 日本寺院飲食の習慣 9
    1. 茶の飲用 9
    2. 日本僧侶の飲食のタブー 10
  3. 飲食に基づく仏教精神 12
    1. 日本僧侶が固める「苦行僧」信仰 12
    2. 寺院飲食中の宗教思想 12

おわりに 14

参考文献 15

謝 辞 16

はじめに

中日両国には仏教がある。また、その仏教の諸宗は共通性が存在する。仏教は一宗教信仰である、民衆の心に定着する。その中、飲食は生存の最も基礎と不可欠なものである。日本寺院の飲食文化の分析と研究については、と宗教的の連絡、マナーの規範と注意の事項を理解する。文化に跨る交流を行うには、日本の仏教に対する尊重を体現している、文化交流時に、適応の能力を培養することができる。それが文化衝突を感じる時、小異を残して大同につく、民族の文化特徴をより良く把握する。そればかりでなく、僧侶の清修生活と斎食も賞賛する。斎食とは、精進料理この大きな特色な寺院飲食を重点的に描く。中国寺院の斎食を吸い取ったので、精進料理が生み出される。僧侶はとにかく、今から、精進料理は庶民の食卓に現れる。精進料理を変じて彼の大好きと成する。斎食のほか、お茶を飲みなどの飲食習慣は、寺院の飲食文化が飲食文化の林で特に屹立させる。

各地の飲食文化はその地域文化、更に国の文化の濃縮である。日本寺院の飲食文化を研究すると、日本は寺院飲食の観点と態度に対して、理解することに役立つ。両国の文化の違いを理解したり、文化のギャップを乗り越えたりして、交際双方が文化の違いによる誤解を避けることを利かせる。そのほかにも、寺家は苦しい生活に対して、畏愛と平然を習うことに利する。それゆえ生活に淡然平気、謙虚謹慎な態度を学ぶ。その宗教を研究する時、飲食の特色を了解することができて、更に宗教信仰の認知度を深める。両国の仏教は交流が緊密に連絡した。信仰を持って、自己を超えて、勇ましく奉献する。

1 日本寺院特有の精進料理

精進料理の特色の食材と菜食

この精進料理と言っては日本に寺院料理ことである。この名前は仏教「六度」の一つに由来する。それがつまり布施、持戒、恥、精進、禅定や知恵である。

紀元前 3 世紀ごろの『三国志・魏志・倭人伝』は日本に記載されて:「その土地には牛がない、馬がない、虎がない、豹がない、山羊や鵲がない……その気候は温和である。夏とか冬に新鮮の野菜を食用する。」彼ら同様にいささか魚類と貝を食べると言いまった。確かに、日本はかつて菜食主義が国だった。でも、仏教が日本に伝わって後、日本人は仏教に狩りと漁獲に対してタブーを受け入れて始めた。天武天皇の時には、更に一項法令が宣布した、僧侶が食肉を禁止し、飲食範囲を限定した。あのころ、調理技術は発達しなかった。生食だけ、あるいは煮えた野菜に酢、塩や醤油を添えるなどの簡単な調理である。紀元 13 世紀、日本禅宗中で曹洞宗派の創始者道元禅師は日本の菜食調理——精進料理を正式に確立した。「精進」二字はサンスクリット「VYRIA」の日本語翻訳である。この意味は「善を存すし、悪を遠ざかる」である。「素」は人に簡単、純朴や静の感じを与える。しかも「精進」は菜食主義というのこと——行動、実践の一種行為である。

精進料理の食材は自己に植えしての野菜と自家製の調味料が多くにから、それに季節変換を厳格に従って調節する。だから、たとえまだ一片の最も普通の白菜葉は風変わりな新鮮の甘味を味わうことができる。これらの食材は先天利点が有したに由る。柔らかい調理の手法を尽くして持っている。外見と味いずれも自然素朴を求めって、みんなは食材の清雅悠長が味わせる。道元禅師は一個雲水僧を訓示した:“一滴水はも仏陀の命である。”すなわち、精進料理は一種ごとに食材のあらゆる部分が功能を徹底に発揮させっている。縦や一粒の米、一枚の葉や一滴の汁も浪費することができない。仏教の飲食特色は人と入れ物はあり次第ことである。各種の果物、野菜、きなこや豆製品を用いって善くすることが原料に為る。

中国の素食というのは、精進料理のことである。中国の寺院に比較的に厳し

い素食を実行する。仏教の禅宗随に日本に入って来て、その清規戒律も日本に伝わってきた。精進料理は日本に伝わって、確立とともに、中国の豆腐、納豆、ふすま、蒟蒻や菌類の食品も徐々に日本にの寺院に伝わった、更に庶民層、豆腐も日本の食卓不可欠な食物に為る。

精進料理の特徴の一つ目は、野菜、豆類などの植物性の食材を採用し、調理して食べることにある。この料理はサラダのようにとして野菜を生食の概念が、中国や日本の食文化に根付くまでに、野菜、豆類は基本的に加熱調理する必要がある。これらを使う精進料理は、調理の時間と技術の上ですべて工夫を凝らす。これらの複雑な調理技術や使用する食材には、たくさんの料理人と料理研究家に一定の影響をもたらす、調理分野の全体レベルを向上した共有を作り出す。

特徴の二つ目は、非常に簡単な食材のために、多くの制約条件の中で調理する、様々な一次加工、二次加工を行う必要がある。例えば、大豆は栄養価が高く、菜食はタンパク質がまれで少しなく、大豆に豊富なタンパク質がある。それに積極的に使用して精進料理中に、生食が食べられない。だから、風味を高めるために、長期保存し、ユーザーを飽きさせなく、浜納豆、味噌、醤油、豆乳、湯葉、豆腐、揚げ豆腐、納豆などの食べ物を創造した。精進料理を食べる寺院と宮廷を含む周りの人は、この技術を研究開発し、蓄積している。

特徴の三つ目は、生臭物があっさりした料理をまねる。このような食べ物は、中国、台湾によく見られる。中国語で「倣葷素菜」と呼ばれる。これは植物性の原料を用いて、動物性の料理に似たものを調理するのである。例えば、ハムは湯葉を加工したり、イカとエビは蒟蒻を作ったり、アワビのスープや炒め物などのものは、シイタケとほかの菌類を加工されている。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接