浅析日本私小说的“自我”特点——以《田园的忧郁》为例毕业论文_日语毕业论文

浅析日本私小说的“自我”特点——以《田园的忧郁》为例毕业论文

2021-04-03更新

摘 要

私小说是日本特有的文学样式,在日本文坛占据着举足轻重的地位。私小说主要是以作者的个人生活经历和作者的心境进行创作,是日本近代文学的重要组成部分。佐藤春夫是日本的知名作家,然而目前关于佐藤春夫文学作品的研究却较为稀少,且一半以上都集中在他的代表作《田园的忧郁》上。并且都是以作品中的“忧郁”这一方向进行研究。但是在《田园的忧郁》中佐藤春夫对于“自我” 的探寻也非常值得我们研究。佐藤春夫在感受忧郁的同时,也在不断地探寻排除忧郁的方法。因此本文以《田园的忧郁》为参考文本,具体探讨佐藤春夫自我探寻的足迹。

本文通过私小说的起源以及发展过程进行研究,研究私小说“自我”的特点, 寻找私小说的新价值,从而推动我们对“自我”有一个更加全面系统的认识。

关键词:“自我”观;私小说;佐藤春夫;《田园的忧郁》

目 次

はじめに 1

  1. 私小說について 2
    1. 私小說の定義 2
    2. 日本私小說現れったの原因 3
  2. 私小說の「自我」観 5
    1. 「自我」観の定義 5
    2. 「自我」観の特徴 5
    3. 「自我」観は中国小說の影響 7
  3. 《田园の憂鬱》について 10
    1. 『田園の憂鬱』の内容 10
    2. 「自我」観の体現 11

おわりに 13

参考文献 14

謝 辞 15

はじめに

日中両国は一衣帯水の隣国で、両国の文化はとても似ている。国の小説風格を研究することは国の文化を研究する重要な方式の一つである。中国では、たくさんの有名な作家があり、例えば、郁達夫、郭沫若、張資平など。彼らの創作方式は多かれ少なかれ日本私小説の創作方式を参考した、あるいは私小説という文体は彼らの創作方式を影響した。これによって、私小説という小説形式は様々な文学スタイルにとても重要な位置を占めている。私小説の特徴はたくさんあり、この中の一つの特徴は私小説の「自我」観である。中国のたくさんの創作方式は私小説の影響を受けた。これらの作家の文章に、最も多く体現した特徴は「自我」観である。これは「自我」観という特徴の地位を十分に体現できる。私小説は日常から取材し、現実に着目する。彼らは個人の平凡な生活を書き、自分の私生活をめぐって創作する。私小説が文学史においての地位はとても重要だと言うことができる。私小説「自我」観の研究を通じて、私小説という文体に対しての了解を深めることができる。これによって、私たちが日本の文化を深く了解するよう推進する。

しかし、どうして私小説という独特な様式は最初に日本で生み出したか。たくさんの評論家は文学の角度からそれが日本で形成した原因を分析したけれ ども、やはり人によって見解はそれぞれ異なり、最後の統一された説明がない。佐藤春夫はとっくに私小説の形成は日本人の国民性と分けられない指摘した。残念ながら、彼はそれを意識したが、引き続き深く研究しなかった。それによって、私達は佐藤春夫の小説から着手し、私小説の生み出した原因、日本の文化伝統、考え方法と国民精神の構造の方面から、引き続き研究することができる。このような特殊な様式の認識を深め、特定文化が特定文学に対する影響の方法を掲示するように、本稿は私小説の自意識という視角から私小説に対して研究をしてみた。

1 私小說について

私小說の定義

現段階において、「私小説」は統一的に定義されていないものであるが、まとめてみると、以下通りの二種類に分けられることができる。一種類は家庭、文壇における友達作りを素材として切実に個人生活を描写する「身辺雑記小説」であり、もう一種類は徹底的に日常生活を素材とせず、単に人物の心境を描写する「心境小説」である。私小説に対する解釈は、評論家によって異なる。小林秀雄は「自分が不幸を脱する小説である」と考えているが、吉田精一は「身辺のことを素材とする小説だ」と思っている。それらと異なり、久米正雄は「自分を直接に明らかにする小説である」1と考えている。それらの定義はある程度で私小説の共通的な特徴を述べているが、相違点も存在している。

「私小説」という言葉は最初、新聞に記載されたのは 1920 年に遡る。当時、作家である宇野浩二は有名な『中央論壇』に『甘い世間』を発表した。この小説には、自伝みたいな小説を「私小説」と呼んでいる。その「私小説」は今まで最も歴史がある実例である。1922 年 7 月刊の『新潮』には、「日本の文壇において、最初、作家からの直接な経験を記録する私小説を厳粛な文芸と考えていたが、真に性格、人物、物語を刻む作品を通俗小説という。」という作者も分からない文章が書いてある。評論家は私小説に対して、批判から褒めまでの態度を示し、「私小説」という言葉は簡潔で実用であり、強い抽象的な概括能力を有するために、急速に各派に属する文人により受け入れられており、文学的様式である専門用語に変わる。

上述のように、「私小説」を定義しにくい。まとめてみると、私小説と言える条件は以下通りいくつの方面がある。一、主人公は作家本人である。二、作家の日常茶飯事や事物に対する自覚を素材とする。三、作品は虚構を帯びず、人物も創造されずに、内容は真実な見聞、思想であり、「芸術家の一生の再現」でもある。

1 (日)久米正雄《私小说和心境小说》[M]角川书店 1972 年版 第 412-423 页

    1. 日本私小說の出現原因
      1. 伝統的な思想の伝承

私小説は日本文学の真実性と脱社会性を伝承する文学である。伝統性は日本民族における古来からの文学伝統の一つであるが、日本民族は従来から真実を求め、自ら経験し、感受してこそ、真実な存在であると言えると思われる2。真実性を追究する伝統は近代文学において、私小説を創作する宗旨となっている。そのかわりに、脱社会性とは、私小説を作る時、国家や社会を中心とせず、自身の感受を表すことを重視する。

      1. 当時の政治的情勢との緊密な関係

明治維新以降、日本は資本主義制度を制定した。明治維新のおかげで、日本がますます栄えている。特に、日清戦争の勝利は民族全体のムードを一層盛り上がらせており、自我表現の欲望も急速に膨張していた。そのかわりに、日本政府は軍閥、ファシスト独裁という道に踏み出した。政府は民主を抑圧し、国民の言論を制限していた。その背景の下で、当時の作家は自分の生活しかを素材として創作しなかったのである。特に、1910 年に起こった「大逆事件」は日本人の作家に政治や社会問題を捨てて専念に凡人の生活を描写するという決心を決めさせた。政治を批判せず、社会をも是正せず、文壇は社会とお互いに干渉しないという決定を決めた。

      1. 小説家による宣伝

私小説は生じてから、日本人作家に広く注目される。最初、私小説を賛成したのは久米正雄である。自分を明らかにする小説は真の文学であると考えている。自分はいくら平凡であっても、真実を表してこそ存在している価値を有する。

宇野浩二は『私小説私見』には、私小説は「自我」から発掘すると、一切が

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接