浅析中日谚语的不同—以家禽为例毕业论文_日语毕业论文

浅析中日谚语的不同—以家禽为例毕业论文

2021-04-03更新

摘 要

谚语,是来源于人民生活的语言,,谚语也被称为“语言之花”。 它能够反映一个国家的民俗、文化和心理。 作为语言的重要表现形式,不仅能提现出谚语是一个民族智慧的结晶,还能提现其中的社会价值和历史价值。

家禽,自古以来就与人类有着非常密切的关系。经过长时间的共同生活,人类把对家禽的认识慢慢地带入到语言中,产生了很多与家禽相关的谚语,用家禽 有关的该语来表达自己的感情及观点。因此,本文将以中日两国家禽“鸡”,“鸭”“鹅”方面的谚语为对象,进行中日对比研究。以家禽中出现的“鸡”,“鸭”“鹅”为中心,分析中日差异,分析中日两国家禽有关于“鸡”,“鸭”“鹅”谚语的相同,相似,类似,异同的地方。相同的地方是指日语家禽的谚语直译成汉语后与汉语相同。相似的地方是指日语家禽的谚语直译成汉语后与汉语大体相同。类似的地方是指日语家禽的谚语直译成汉语后与汉语少许相同。相异的地方是指日语家禽的谚语直译成汉语后与汉语不相同。

关键词:谚语;家禽;鸡;鸭;鹅

目  次

目录

はじめに 1

1 ことわざの定義 2

1.1 中国のことわざの定義 2

1.2 日本のことわざの定義 3

2 家禽ことわざの相同点と相似点 4

2.1 相同点 4

2.2 相似点 5

3 家禽ことわざの類似点と相異点 8

3.1 類似点 8

3.2 相異点 9

おわりに 12

参考文献 13

謝  辞 14

はじめに

 家禽は人類の最も親しい友達で、人類とずっと密接な関係を保つ。長い時間の経過を経て、日中で家禽のことわざについてが現れました。ことわざは日中にとって欠ない一部である。だから、日中両国は家禽のことわざについての研究が少ないのはありえない。中国のことわざについての研究は次の通りである。

高兵が書いた『漢語熟語の民族特色研究』という本は、数、内容、出所、形式的から中国のことわざの民族の特色に研究した、大きな地位のことわざを指摘した。形式と内容から中国のことわざにまとめ、ことわざは民族の特色のある。

銭玉蓮『現代漢語語彙講義』、ことわざの性質に言及し、ことわざの内容をまとめて総括し。ことわざの内容は非常に豊富に、多くの分野にわたる。中国のことわざに総概括をした、

沈懐興は『ことわざ集』や『ことわざ辞典』を考察した。

王蔚の『日本文化の人情観に見る』というの著作の中で、物語からことわざを中心に、生き生きと描き出した。

いままで、日本語のことわざについてしか研究しなかった著作はほとんどなかったが、日本語の著作にことわざの内容に触れた部分はたくさんある、次は主な研究者を紹介することにした。

芳賀綏が書いた『日本人らしさの構造』という本は、日本の国民性と文化性を出発点として、日本の島国としての特徴と種類を指摘した。

金田一春彦の『日本語の特質』と『日本人の言語表現』はことわざに内容にわたる。

石井荘司の『日本ことわざ成語辞典』は日本のことわざに対して全面的に収録した。

柳田国男、『民俗学辞典』でことわざの定義と特徴を詳しく説明する。

以上述べたことように、研究上で少し不足である。

本論文は中日両国の家禽のことわざの相同点と相似点、類似点と相異点に比較したい。

1 ことわざの定義

1.1 中国のことわざの定義

中国のことわざは広い、中国の民間から伝えれた分かりやすく短句。中国のことわざは中国人の生活経験と知恵の結晶ともいえる。従って、ことわざが言語ばかりでなく、民族の文化、歴史、気候、地理なども反映できる。ことわざの大部分は口頭で伝える。ことわざは中国文化の一部分、生動と鮮明な特点を持っている。

《辞海》によると、「ことわざは俗語の一種である。民間から伝えれた分かりやすく、豊富な意味を含んでいる語句である。大多数は人民の生活経験と闘争経験を反映する。」

『現代漢語辞典』によると、人民から伝えれた固定言葉で、簡単で通俗的言葉は深い道理を反映する。

武占坤、马国凡《谚语》によると、「民間に伝わる口伝性の格言は、いつも人民にことわざと言う。書面的な格言、実はことわざの一部分、勧める人々の行為、励ます人々の意志、風格上で上品なことわざである。」[1]

温端政《谚语》によると、「広義のことわざと俗語は一つ概念である。けれども、狭義のことわざは知識を伝授するとして目的の俗語である。」[2]

姚晓丽は《论日语谚语的特点》という論文の中に、

「表現形式を中心に、ことわざの言語構造、語彙使用、修辞手法などの特徴を取り上げながら、日本のことわざの特徴を言語学的な角度から考察した。結論として、若干の法則性が見られる。例えば、言語構造から見れば、ことわざには基本的なものは二文節から成り立っていることがわかった。また、さまざまな側面では文語の形式が残されているということが明らかになり、音節上では、十七音以下のものが圧倒的に多い。さらに、比喩を中心に対照、誇張、対句、反復、列挙などのさまざまな修辞法が盛んに用いられることもわかった。」

1.2 日本のことわざの定義

日本のことわざと中国のことわざの定義はほぼ相同である。日本のことわざ

は日本人の生活経験と知恵を通じて、哲理のある短句を総括する。その形式は簡単で、精錬の言葉を使って深い哲理を表れる。この哲理は日本人の日常生活と仕事を指導することができる。

「昔から人々の間で言葉を伝られた、諷刺、教訓、知識、興味などをもらった簡潔な短句や佳句」[3]

藤沢衛彦の『図説日本民俗学全集』によると、ことわざを広義と狭義の二種類に分ける。広義のことわざの定義は民間に伝えられた、一定の形を持っているあらゆることばである。狭義のことわざは一定の形を持っている、通常にある種のことがらを形容するものとしてしられている。[4]

金子武雄の『日本のことわざ』によると「ことわざはあらゆる人民の口伝文化であり、批評文化であり、実際の生活の中から、自然に生み出される。そして、ことわざは現実を反映し、広く世人に受ける、共鳴される。」[5]

2 家禽ことわざの相同点と相似点

家禽「鶏」、「鳥」「鴨」、「ガチョウ」のことわざは人々の生活にかかわる。

例えば、毎朝、家禽「鶏」は鳴く。次に、人々は家禽「鶏」、「鳥」「鴨」、「ガチョウ」の卵を食べる。

人々は家禽「鶏」、「鳥」「鴨」、「ガチョウ」のことわざによって生活での各種の教訓を記録して。「卵が石にぶつかる、身の程知らず」は弱者は強者に勝てないを教える。「鶏に嫁いだら鶏に従え」は女性の結婚後、良妻であり贤母である人を教える。昔、日本人は「夜をこめて鳥のそら音ははかるともよに逢坂の関はゆるさじ」を利用して、相手の気持ちを断る。

2.1 相同点

筆者は中日家禽「鶏」、「鳥」「鴨」、「ガチョウ」ことわざについて、相同点と相似点に分類する。相同点は日本語のことわざを中国語に直訳して、   中国語と同じである。日本語の「陶犬瓦鶏」は中国語の“陶犬瓦鸡”である。

日本語の「社燕秋鴻」は中国語の“社燕秋鸿”である。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接