中日快餐文化对比研究毕业论文_日语毕业论文

中日快餐文化对比研究毕业论文

2021-04-03更新

摘 要

吃饭是人们日常生活的重要一环。近年来“吃饭”一事逐渐引起人们的重视。一般我们会吃主食,快餐,零食,宵夜等。本文关注其中的快餐,将以中日两国的快餐为研究对象。首先对中日两国的快餐的现状和快餐文化进行讨论。接着将两者进行对比,从而总结出两者间共同点和不同之处。

由于快餐的特殊性,中日两国的快餐行业也存在很多食品安全问题与健康问题,本文旨在通过这些对比,人们能进一步了解快餐,选择健康的饮食方式,养成健康的生活习惯。

关键词:快餐;文化;安全;健康问题

目 次

はじめに 1

1 中国におけるファストフード 2

    1. 中国におけるファストフードの文化 2
    2. 中国におけるファストフードの現状 3

2 日本におけるファストフード 4

    1. 日本におけるファストフードの歴史 4
    2. 日本におけるファストフードの文化 4
    3. 日本におけるファストフードの現状 5
  1. 日中対象の研究 6
    1. 日中のファストフード文化 6
    2. 食品安全性 6
    3. 健康への影響 8

参考文献 11

おわりに 12

謝 辞 13

はじめに

現在世界中各地で見られるようになったファストフード店だが、その代表的なものといえはハンバーガーを思い浮かべる人も多い。その源流ともいえる最初の一品のハンバーガーはアメリカ合衆国、1904 年に開催されたセントルイス万国博覧会の会場で初めて販売されたといわれている。形は、今のハンバーガーの原型のようなもので、丸いバンズにハンバーグを挟んだだけのいわばサンドイッチに近い食べ物だったと言われている。その他の説として、あるレストランのシェフがミートボールの火が通りやすくなるようにハンバーグ状につぶして食べやすいようにパンにはさんだのがハンバーガーの発祥だというものもある。この「食べやすい」という点が現在でも重視されている。車が普及し、車社会のアメリカでは運転しながらでも食事ができるような食べ物の誕生が待たれていた。その社会のニーズに合った新しい食べ物がハンバーガーであり、この誕生をきっかけにファーストフード時代が幕を開けたと言っていいのではないだろうか。

中国語には「民以食为天」という諺がある。食事ということは中国人にとってどんなに大切であるか、このことわざから理解できるだろう。ファストフードはここ何年間に出現した新しい外食方式として人気が高くて、人々の日常生活によく便利を提供した。日本は中国と一衣帯水の近隣である。中日両国にはファストフードという外食文化の現象もある。いったい、中日のファストフード文化に、それぞれどのような現状が呈するか、また、両国のファストフードに共同点はあるのか、相違点もあるのか、あれば、どのように体現しているのか、本論文はこれらの疑問をめぐって研究してみた。

1 中国におけるファストフード

中国におけるファストフードの文化

中国におけるファストフードを検討する前に、中国におけるファストフードという概念を説明する。フリー百科事典によれば、ファストフードは、短時間でつくる、あるいは注文してからすぐ食べられる手軽な食品や食事のことである。唐代の市場には「立て」という酒席があった。それは唐代のファストフードである。李肇の「国史補』によると、唐德宗は突如呉凑を「京兆尹」に任命した。そして彼はすぐに赴任地に赴いた。吴凑は就任前に、親戚や友達を招いて家で食事しようとしかが、お客が来る時間が近づき、焦ることとなる。しかし、招待されたお客が来た時、酒宴は食卓の上にあった。お客は少しおかしいと感じて、呉府の人は「两市日有礼席,举铛釜而取之,故三五百人之馔,可立办也。」と言われている。また、宋代になると、東京、杭州などで、このような店はどこにでも盛られるようになった。

改革開放に伴う中国経済の発展にともない、人々の生活レベルの向上しており、中国人は食事に関する消費観念が次第に変わってきた。家ではなくレストランで外食することが多くなった。それに伴い、外食先の一つとしてファストフードを選ぶ人も増えてきた。中国におけるファストフードは外食産業で一定の地位を占め、自らの魅力をアピールできるまでになった。チェーン店としてのファストフード店であるケンタッキーフライドチキン、マクドナルド、ピザハットなど欧米からの外資ファストフードとして、中国に出店されてからは瞬く間に中国全国に拡張しつつある。急速なスピートで発展を遂げつつある。そのうち、ケンタッキーフライは中国全土にすでに約2000店くらいある。これ以外にも、外国から進出してきたファストフードも多い。例えば、日本の味千ラーメン、吉野家などもある。これらのファストフードは中国で人気が高く、中国の顧客の要望も取り入れ共同運営することで発展している。外資系ファストフードは値段が中国国内のメーカのものより高いため、ある程度の市場シェアを占めてはいるが、主流は国内ブランドのファストフードである。

なお、現代において通信技術の発達に伴い、中国人の多くの若者やサラリーマンなどは携帯アプリのウィーチャットを利用してファストフードの注文に、

デリバリーサービスを利用するようになった。用事がある、仕事が忙しいなどと言ったときにも、家や会社から出なくてもよいためとても重宝されている。中国におけるファストフード文化は中国国内食事文化と外来の食事文化の融合だと言える。

中国におけるファストフードの現状

中国におけるファストフードの発展は外国より遅れている。1987年4月に、ケンタッキーフライドチキンが外資ファストフードとして北京市場に進出したことをきっかけに、中国のファストフードは急速に発展し始めた。200

3年から2006年にかけて、中国におけるファストフードは毎年平均で2

0%くらいのスビートで増えている。外食産業の増加スビートより速いようである。現在、ファストフード業は外食産業に占める比率は20%ぐらいである。外食産業が成熟期間にある欧米のような経済が発達している国家ではファストフードが占めている比率は60%ぐらいである。中国は世界で最大の人口を抱えている。そのため強大なマーケットとしていまだ進出の余地が大いにある。国内のファストフードとしては、主に大娘水餃、永和大王、真功夫などである。これらは、水餃子、中華丼のような、従来の中華料理が主体である。一方、外資のファストフードはケンタッキーフライドチキン、マクドナルド、ピザハットなどの洋食が主体である。特にケンタッキーフライドチキンは中国の若い人に好評を受けている。これは、鶏肉のから揚げが、従来に中華料理に近いところからの影響があると考えられる。2015年年末に発表された「中式ファストフード食客消費行為研究」の報告よると、2012年から2014年にかけての二年間に、中国おける国内ファストフードは消費が穏やかな増長する趨勢を呈した。その逆に、外来的ファストフードは目立った下落の趨勢が見られた。提供される商品が異なるため、ある程度すみわけができているものの、外資ファストフードは、中国では国内ファストフードにはなかなか勝てない現状がある。

2 日本におけるファストフード

日本におけるファストフードの歴史

江戸時代初期、江戸の町には飲食店がなく、飲食店が現れ始めたのは明暦の大

火(1657 年)以降といわれている。各地からたくさんの人々が江戸へ移住し、その多くが単身の男性であったこと、また参勤交代により妻子を故郷に残して江戸へやってくる武士が多いこともあって、外食の需要があった。そうした人々に食べ物を提供するために、様々な食べ物屋が現れた。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接