试论京剧和歌舞伎的舞台异同——以《贵妃醉酒》和《杨贵妃》为例毕业论文_日语毕业论文

试论京剧和歌舞伎的舞台异同——以《贵妃醉酒》和《杨贵妃》为例毕业论文

2021-04-03更新

摘 要

在亚洲国家的传统戏剧中,中国的京剧和日本的歌舞伎就像明珠一样散发着光芒,它体现了亚洲文化共同的一面,也拥有着各自文化的特点。中国的京剧和日本的歌舞伎无论是从表现方式还是从表达的理念来看都有很多的相似之处。两者都拥有百年的历史,但是由于两国的思想以及文化的差异,形成了京剧以唱腔为中心,而歌舞伎以伴奏音乐为中心的完全不同的发展道路。本文主要通过中日间的共同戏剧人物杨贵妃来分析中国的京剧和日本的歌舞伎的不同。从两者不同的发展过程来看,可以看到中国和日本的传统文化的历史演变。而且从这些历史的传承和文化的差异上也可以看到,京剧和歌舞伎的表现方式,音乐,舞台和传递的文学与理念的不同。从这个差异,可以更好的理解中国民族和日本民族的文化、艺术观、和审美价值。当然,随着时代的发展,特别是现在的国际交流日益频繁的背景下,中日之间的文化交流也会越来越频繁。通过中日间艺术的学习,可以创造各自的艺术表达能力和特点。本文就通过分析中国的京剧以及日本的歌舞伎来寻找艺术发展的规律,深入研究中日戏剧的意义。

关键词:京剧;歌舞伎;杨贵妃;贵妃醉酒;差异

目 次

はじめに 1

  1. 日本歌舞伎と中国京劇の類似点 3
    1. 日本の国粋である歌舞伎 3
    2. 中国の国粋である京劇 4
  2. 日本歌舞伎と中国京劇の舞台の比較 5
    1. 舞台構造の違い 5

2.1 舞台道具の違い 6

2.1 舞台音楽の違い 7

  1. 新時代における発展 9
    1. 日本歌舞伎の新時代における発展 9
    2. 中国京劇の新時代における発展 10

おわりに 11

参考文献 13

はじめに

中日両国は『一衣帯水』の近隣で友好往来と文化交流の歴史は長かい。始は西暦七世紀の初め、皇太子は遣隋、遣唐使を派遣し、規模の大きさ、歴史の長さ、成果の豊さは素晴らしい。唐代の揚州の和尚鑑真は、危険を恐れず、故郷を離れ、日本で中国の仏法や中華文化の精神を伝え、数千年を超えても多くの人々に尊敬される。阿倍仲麻呂と李白などの唐代の文人たちの友情もとっくに千年の逸話になる。ここ百年以来、わが国は日本を通じて西欧の先進的な科学技術と進歩思想文化を学び、或いは相互理解を含める。たとえば、伝統劇について、中国の『貴妃酔酒』と『楊貴妃』がある。日本の『楊貴妃』は歌舞伎の伝統を継いだ基礎の上に、中国の京劇の影響の下で、創新した劇である。伝統の歌舞伎にはもともと『楊貴妃』はなくて、歌舞伎の守田家族の第5世代の坂東玉三郎の新編演目でが現れた。彼は2つのバージョンの歌舞伎の楊貴妃を創造した。第5世代の坂東玉三郎の祖父は日本に渡った梅蘭芳と知り合い、かつて一緒に演出した経験があるから、両家代代のつきあいになる。坂東玉三郎は梅蘭芳非常に尊敬し、その気持ちも彼の作品に影響を及んだ。1987年坂東玉三郎は、小説『楊貴妃伝』から改編した歌舞伎『玄宗と楊貴妃』に出演した。この『玄宗と楊貴妃』は中国の京劇『貴妃酔酒』をまね、その衣装や飾り、表現までも中国の劇に似ている。本文は日本と中国の共通な文化人物、楊貴妃を通じて、日本の歌舞伎と中国の京劇の比較研究を行い、さらに両国の交流を促進したい。

日本と中国の戯曲を深く分析しないと、正確に戯曲に込めた文化思想、意識、伝統的価値と意味を理解できない。中国と日本の劇はなぜこういうスタイルや特徴及び内容の芸術を形成したのかも分からない。逆に、戯曲に対して表面的

に理解し誤解が生じ、あるいは中国文化の角度から日本の戯曲の善、美を見失う。だから、両国の劇を十分に認識しなければならない、それは研究の基礎である。そして、互いに交流し、お互いに参考の目的でなく、双方の相互認識の研究し、理解に達する。このように、付き合いが頻繁になって、誤解も少なくなる。

日本歌舞伎と中国京劇の類似点

日本の国粋である歌舞伎

歌舞伎は伝統的な男は演技をする芸術形式である。その起源は江戸時代

(1603-1868)に遡る、今でも流行っている1。最初の芸人はすべて男性で、妓楼と娯楽場で舞踊と楽器で生きている。18世紀半ば、芸者の職業はだんだん女性に取って、この伝統もずっと今まで続けてきた。歌舞伎は独特な舞台の技術を持っている。様々な機構があり、多様な演出を可能にしている。客席まで伸びる通路である花道と、回り舞台などは観客との親近感をもたらす。自在に空間を変え、物語を効果的に伝える。

日本の俳優たちは華やかな衣装、鮮やかな色の化粧をして、三昧線の伴奏音楽とともに、目まぐるしい感化力の強い演技で観客の心を引いている。男女を問わず、芸妓は自分の顔や首を白塗って、重い化粧をしている。髪を日本髪に結い上げる。踊る時、芸者空手あるいは扇子で、リズムはゆっくりと、止まってじっとしている。日本の歌舞伎は『芝居をする』と『ダンスシーン』を表現手段として、京劇のような歌唱を重視しないが、歌舞伎の背景の曲と音楽もきわめて豊富である。以上のような差異はそれぞれの思想、文化と発展の歴史とかなり関係がある。

本文の『楊貴妃』は日本の歌舞伎の伝統を受け継いで、中国の京劇を真似して、作られた劇である。貴妃は白い服を着いて、帔に刺繍の黄金の糸で作った模様を持って、水袖、櫛の髪をする。中国の戯曲の振り付けを真似し、内在的な精神まで中国の京劇と同じである。実は『楊貴妃』は能楽の楊貴妃を基礎として作った劇で、唐の玄宗は方士を派遣し、蓬莱仙宫まで楊貴妃を探すという

1 唐月梅编著.日本戏剧.上海:上海三联出版社,2005 年 11 月.

物語である。楊貴妃の魂を見つ、玄宗の貴妃への追憶と玄宗昔の気持ちを述べたが、生と死を隔てて会えない貴妃は、羽衣舞を踊り、金のかんざしを記念として、方士に渡した。最後に方士に別れを告げ、貴妃は仙宫に帰る。生死を隔てるという無常を強調する。貴妃は方士のかんざしを見て、玄宗との愛情を思い出す、この点では能楽の楊貴妃よりもっと中国の『長恨歌』に相応しい。歌舞伎では楊貴妃の眉の位置は高く、非常に冷たいで、これはすでに神になる楊貴妃の感じを表現したいという。楊貴妃は中日文化の多くの交差点の代表で、彼女の物語は両国劇作で変わらない。違うのは、どうやって楊貴妃を解読することである。楊貴妃の運命と彼女の存在意義は異なっている。日本と中国の違った文化から生み出した楊貴妃の二つの面の容貌に、両国の文化と復雑な要素が見られる。

中国の国粋である京劇

京劇と日本の歌舞伎は、中日両国の『国粋』、『国宝』とみられ、両国の最も代表的な伝統の古典な劇である。かつては『京戯』、『国劇』などとも呼ばれた。清朝半ば以来およそ二百年の歴史を持ち、最大な価値のある劇となる。中国の役者は日本と違い、男性役と女性役がある。男性役は、老生、武生、小生などがいる。女性役は、正旦、花旦、武旦、刀旦、彩旦などがいる。そのほか、浄、丑などの類もいる。中国のせりふは中国独特の『韻白』と、北京語の

『京白』があり、一般に、『韻白』は身分、地位が高いもの、『京白』は庶民などが使う。京劇の衣装は黄、赤、緑、白、黒紫、青、ピンク、薄緑、茶などの色があり、金、銀の糸で龍や鳳凰魚、虫、花などの刺繍が施されている。化粧も濃く名メイクし、肌の色により、その登場人物の性格や地位も現れる。京

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接