浅析中国菜名日译过程中的文化缺失及其应对策略毕业论文_日语毕业论文

浅析中国菜名日译过程中的文化缺失及其应对策略毕业论文

2021-04-03更新

摘 要

中文摘要

中国的饮食文化博大精深,随着中外交流的发展日益密切,中国菜越来越得到外国友人的喜爱。二十世纪中期以来,学者们意识到文化在翻译中的地位。菜名翻译是翻译研究的新领域。由于中日两国的文化差异,菜名翻译成为了日常生活中的障碍。文化在翻译中有着十分重要的地位,而菜名的翻译过程中受各种因素的影响存在文化缺失现象,要对这种缺失进行补偿,译者必须采取一些应对策略。本文将从文化差异的视角出发,将中日两国菜名互译进行对比,更深一步去探讨中国菜日译,简单探讨一些行之有效的文化缺失的应对策略。

关键词:直译;音译;文化缺失;应对策略

目 次

はじめに 1

  1. 料理名の翻訳の原則 3
    1. 翻訳の基本な原則 3
    2. 料理名の翻訳について 3
    3. 中日両国の文化の差異 4
  2. 中国料理の名付けの方法 5
    1. 歴史と文化を持つ中国料理 5
    2. 中国料理の名付けの方法 5
  3. 中国料理名の直訳 8
    1. 直訳の例 8
    2. 直訳の面から見た翻訳対策 8
  4. 中国料理名の音訳 12
    1. 音訳の例 12
    2. 音訳の面から見た翻訳対策 12
    3. ほかの面からの対策の分析 13

おわりに 14

参考文献 15

謝 辞 17

はじめに

国際の文化と交流は絶えずに発展し、20 世紀半から、学者たちは文化の翻訳における地位を気付き始めた。中国料理は日本に伝播した以来、料理名の翻訳についての研究は近年よい成果を収めた。文化の形成は地理環境、歴史条件、生活習慣、イデオロギー及び言語の使用などの要素と緊密な関係があるので、読者に外国の文化を完全に理解させるのは難しい。文化の制約を受けるため、中日両国の文化は必ず一定の文化の不足が存在する。このような文化の欠如は異文化のコミュニケーションに大きな障害を与え、同時に中日翻訳の難問となる。

料理名の翻訳は翻訳の新分野で、二十世紀の 90 年代からの十年の間に、先行

研究と言える文章はわずか 7 篇である。筆者の理解で、料理名の翻訳に関する 研究を行う第一人は劉增羽である。当時の料理名の翻訳は混乱で、1990 年に彼 は中国料理の英語版の翻訳の検定委員会を成立すべきだという提案をした。こ れからは料理翻訳の序幕が引き離している。筆者は集めた資料によって、料理 の翻訳研究の歴史と現状、料理の翻訳の特徴と翻訳方法について分析を行った。房蕾は 2016 年に、実写と写意の二つの面から、中国料理の名付けの方法を分

類した。そして、中国料理の翻訳は翻訳公式の策略を採用した1。2010 年には、宴少杰は具体的な翻訳戦略を提出し、より詳しく研究した。彼は太刀の筋から調理法、そして料理法までいろいろ分析した。また、金夏も翻訳方法及び対策をめぐって検討し、中国料理の種類から切り込み、調理方法と結び、料理名の翻訳を解析した。

料理の翻訳は実用性を持ち、また食文化の影響を受けていると思われる。食

1 房蕾.基于目的论的中国菜名日译初探[J].才智,2016/6.

文化の形成には、各国各地の歴史や地理条件や生活習慣などの要素があり、料理名にもこれらの要素を体現した。そして、文化の欠如と差異のため、料理名を翻訳する時に、不可訳と難訳などの状況が出てくる。呉佳艶(2013)は文化の角度から、直訳、音訳、注釈、意訳、借訳 5 つの方法をまとめ、最後中日の文化の差異があるという結論を出した。呉佳艶と違って、劉彦君(2012)は直接に文化の欠如から、借用型、音訳型、解釈型の料理の名付け法についてそれぞれの翻訳対策を論じる。万芳(2011)は同じように文化の視点から出発し、美学という特殊の角度から中国の四川料理の翻訳を研究し、「意味の空白」という新しい理論を出し、翻訳の理論と方法に新たな視点を提供した。

要するに、中国料理名についての先行研究はやはりまとまりがなくて、システム性がない。歴史故事や豊かな文化の意味を持つ料理名についての研究はほとんどなく、不足である。文化背景の差異と、中華民族の飲食文化のため、翻訳する過程にいくつかの不可訳性の現象がある。本文はこの面で出発し、不可訳などの翻訳の難問の対応を検討し、直訳と音訳の二つの面から、中国料理名の翻訳における文化の欠如を研究する。多くの学者は、翻訳における文化不足現象を研究したが、本文はその中からいい成果を収めた研究資料を参考に、文化の欠如という切り口から、有効な翻訳戦略を検討する。

1 料理名の翻訳の原則

翻訳の基本な原則

ニュージーランドの観点によると、翻訳の主な目的は忠実に情報を伝えることである。中国清朝の有名な思想家である厳復は『天演論』の中で「信達雅」の翻訳基準を提出し、世間の人々に認められる。翻訳は、言語の文字の意味を別の言語で表現する。翻訳は三つの原則がある。1、翻訳は原文の内容と意義に従う。2、翻訳は対象の言語習慣に従う。3、翻訳は原文の文体と用語習慣に従う。

料理名の翻訳について

料理名の翻訳にはどんな原則を遵守するかを探究することは非常に重要である。料理名の名付けの方法を研究し、大体の原則は料理の原料プラス調理法である。修辞法をあまり使っていない。つまり、料理名の名付けは、料理名を通じて料理の情報を伝達するのは傾向である。料理名の翻訳方法は多くて、単一の翻訳方法は附加の情報の損失をもたらすが、実用で、情報の伝達の機能を持って、いい選択だと思われる。そして、対象国の習慣に合わせ、料理名の翻訳は「実」の内容を重視、「虚」の内容を捨てるというは原則を守るべきだと思われる。訳者として、翻訳時に、料理名の翻訳は言語だけではなく、更に文化情報の伝達だというものをよく理解しなければならない。料理に含まれる食文化は特別で、別の民族と違っている。

中日両国の文化の差異

文化は鮮やかなコピーできない民族、地域、時代の特徴があるから、異なる文化の民衆の間には翻訳が離れられない。言語は文化の最も重要なキャリヤーである。飲食について、中国人は視覚的なものを追求し、形の美、色の美、味覚の美しさ、幻想的なロマンチックな飲食の観念である2。中国の美食標に対して、日本は理性の飲食の観念で、日本人は料理を食べる時はまず栄養のことを一番にする。

楊亚敏の考えでは、中華料理の翻訳には二つの障害が存在している。一は外国には同じような料理がないから、翻訳される語彙はない。たとえば、「餃子、元宵」などの言葉は完全に中国化の飲食で、外国にはないから、翻訳時に難しくなる。二は中国料理名の特殊性である。中国の食文化の内容が豊富で、料理の名称も非常に多い。多くの料理の名称は故事、比喩、誇張、象徴などがあり、更に翻訳の難しさは拡大した。もしうまく翻訳できない場合、誤解を招いてしまう。

2 万芳.从接受美学的角度看川菜菜名的日译问题[J].四川烹饪高等专科学校学报,2011/3.

中国料理の名付けの方法

歴史と文化を持つ中国料理

中国は世界に認められる文明古国である。五千年の長い歴史を持ち、特に中国料理の歴史は悠久で、影響が深い。中国の料理はこの広大な土地で育った豊富な物産を体現し、中華民族の悠久の歴史の文化も伝えた。中国料理の調理法は豊富で、色、香り、味、イタリア、形、素材、刀工、火加減や調味料などを重視、それぞれの特色を持つ。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接