浅谈日语谚语中的婚恋观—以80年代前后为例毕业论文_日语毕业论文

浅谈日语谚语中的婚恋观—以80年代前后为例毕业论文

2021-04-03更新

摘 要

中文摘要

谚语是产生于民众之中,并在民众中世代相传的固定语句,是人们长期生活经验的总结和智慧的结晶。它有的饱含幽默,有的带有讥讽,从不同角度,言简意赅地揭示了深刻的道理,多方面地反映人们的生活经验和愿望,给人以有益的教诲和启迪。换句话说,我们通过谚语,可以从一个侧面,在一定程度上,了解一个民族的思维方式、价值观念、心理特征等文化信息。

本稿从文化语言学的角度,对日语中有关男女婚恋的谚语,进行了初步归纳整理与比较,以 80 年代前后为分界点,80 年代前从缘分定情、理想的结婚对象、男尊女卑意识三方面,80 年代后从女为悦己而容、肯定妻子在婚姻中的作用、夫妻对地位和关系的达观态度三方面,对日本人的婚恋观作了粗浅的探讨。

本稿中所收集的谚语可以说主要反映了日本传统的婚恋观,其中一些内容与现代日本社会有一定的出入。但是也不能否认,谚语中的观念,作为文化的一种形态,仍深深地扎根于人们的潜意识之中,支配着人们的言行。

关键词:谚语;日语;婚恋观;恋爱;结婚;80 年代

目 次

はじめに 1

  1. 概念規定及び材料収集の方法 2
    1. ことわざの概念 2
    2. 材料収集の方法 2
  2. 80 年代以前 3
    1. 縁定情 3
    2. 理想の結婚相手 3
    3. 男尊女卑意識 7
  3. 80 年代以降 9
    1. 女性が好きな人のためににおしゃれをする 9
    2. 妻の結婚における役割を認めている 9
    3. 夫婦地位と関係の達観態度に対する 10

終わりに 12

参考文献 13

謝 辞 14

はじめに

ことわざはある人によって作り出されたわけではななく、またいつか突然現れたものわけでもない、ことわざは長期生活経験の蓄積や知恵の結晶であり、非常に参考の価値がある。近年、日本のlt;あいのりgt;、中国の「非誠勿擾」という類の婚姻番組も社会の注目のホットスポットになり、結婚問題は再び人々の考えを引き起こした。そのため、元を正せば、日本語のことわざの中に婚姻恋愛観を分析し、日本人の違う時期の結婚観を理解し、その伝統を明らかにすることは、今の結婚の選択に大きな参考性と必要性がある。

日本語の諺に通して、違う時期日本語のことわざの研究では、学者たちは日本語のことわざの運用、日本語のことわざの中に婚姻恋愛観の資料を調べて、今、日本語のことわざと日本の結婚恋愛観の研究は主に3種類:文化言語学のことわざ研究;歴史学のことわざ研究;比較対照学のことわざ研究。

李妮娜(2011)文化言語学の角度から、日本語の諺を主な研究対象とし、日本伝統家庭倫理の特徴と文化の関係を探究し、家族関係の諺群を集めて分類し、重点から「夫婦倫理」、「親子倫理」、「兄弟、嫁姑倫理」などの三大側は深く検討している。李锋传(2006)杨柳(2014)などの学者を歴史的に日本について婚姻恋愛観のことわざを述べた。王骏琳(2013)刘金鑫(2008)などの学者比較対照学の角度から日本について婚姻恋愛観のことわざを述べた。

先人の研究はおもに、日本語における男女の結婚の諺について初歩的分類を行っているが、家庭観や夫婦倫理など方面での日中の対比分類、全体性の総括をすることが多く、日本のことわざにおける、恋愛観の全体像が明らかになっていない。

そのため、本稿は先人の研究に立って、日本語の諺の婚姻恋愛観に対してさらに詳しく、厳密に分析を行って、80 年代を境目とし、その前後の日本語の諺における、結婚恋愛観を明確にしようとしている。それによって、日本人の婚姻恋愛観とその変化に対する認識を深めようとしている。

1 概念規定及び材料収集の方法

ことわざの概念

ことわざは俗語の 1 種、巷に流布しているが、簡潔で、しかもことばだ。労働人民の生活経験を多数反映していて、そして一般的には口頭から伝わってきた。それは口語形式の分かりやすい言葉や韻文だ。ことわざが似ているがまた違ったが、成語、歇後語、俗語で、警语などだ。ことわざは、農業のことわざ、生活のことわざ、気象のことわざなどだ。ことわざは民間の知恵の結晶で、反映する内容は社会生活の各方面に関連する。

材料収集の方法

この論文はまず《故事·俗信·谚语大辞典》(小学馆、1985)と《故事·ことわざの辞典》(小学馆、1986)2 冊のことわざ辞典を主体とし、すべての項目に、結婚の諺についてがある。次に、すべての摘録の諺は表現の形式の全体の分類によって、1 種類の項目に「恋」ということわざがある、1 種類の項目に「婚姻」ということわざがある、二大類の中で、ことわざによって表現の内容と

80 年代前後の時間、もっと正確な分類を行う。最後に、ことわざの内容を通じて分析し、日本語の諺の結婚観をまとめた、内包を対比と総括する。

2 80 年代以前

80 年代以前に、日本語のことわざの中の結婚恋愛観は主に三つの方面:縁定情、理想の結婚相手、男尊女卑の意識。

縁定情

日本人は、結婚問題について考えると、特に、結婚を強要することはできない、すべて自然に任せる。

表 1

積極的な態度

消極的な態度

無常な態度

(1)出雲の神の縁結び(天作

之合)

(4)縁と命は繫がれぬ(落花

难上枝,破镜不重圆)

(7)思うに分れて思わぬに添

う(有情人难成眷属,无缘人

婚姻は宿命、結婚は出雲大

人が死んだ後は生き返らな

偏作夫妻)

社に祭りの神の意誌決定に

いよう、縁が途ても修復する

男女の縁はない願ったり叶

は、個人の意誌は無用だ。

ことは難しい。

ったり。時には好きな人と結

婚できないのではなく、自分

で好きな人と結婚だ。

(2)縁あれば千里を隔てても

会い易し(有缘千里来相会)

(5) 押し付けた縁は続かぬ

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接