从家暴看女性意识——以电视剧《直美与加奈子》为例毕业论文_日语毕业论文

从家暴看女性意识——以电视剧《直美与加奈子》为例毕业论文

2021-04-03更新

摘 要

中文摘要

日本是一个男尊女卑思想严重的国家,大部分男子大男子主义,2015 年男女平等世界排名,日本排到第 101 位,即使日本颁布了《配偶者暴力防止法》,家暴在日本时有发生,被家暴的女性由于各种原因一直在忍受,不寻求法律的援助, 忍受不了家暴的痛苦时,她们很容易走上犯罪的道路。

本稿首先介绍了《直美与加奈子》的基本情况、接着、以剧中六次家暴为基础,从加奈子和达郎两方分析家暴的原因,接着论述直美和加奈子的家暴对策, 分析主人公直美和加奈子的不同女性意识,最后,受家暴的女性得不到救助时, 就很容易走上犯罪的道路,最后得出结论,女性意识决定女性的态度和行为,只有提高女性意识,才能降低家暴的发生率。

关键词:家庭暴力;女性意识

目 次

はじめに 1

  1. 『ナオミとカナコ』について 2
    1. 『ナオミとカナコ』 2
    2. ストーリー 3
  2. 「ドメスティック・バイオレンス」について 5
    1. 『ナオミとカナコ』の中の DV 5
    2. 『ナオミとカナコ』家庭暴力の発生原因 7
    3. 『ナオミとカナコ』家庭暴力の対策 10
  3. DV と女性意識 11
    1. カナコの女性意識 11
    2. ナオミの女性意識 12

おわりに 13

参考文献 14

謝 辞 15

はじめに

はじめに

ドメスティック・バイオレンス(以下 DV と略称する)はずっと日本社会の一つ難題であり、多くの女性が DV で苦しんでさえ命を落とす。日本に「配偶者暴力防止法」が公布されたとしても、どんどん女性が DV の侵害を受けている。

DV を受けた女性が良い救助を得ることができなければ、DV がますます厳重になる、DV された女性は犯罪の道を歩きやすい。本稿はドラマ『ナオミとカナコ』中の DV のプロットから出発し、DV の発生原因と対策を分析し、最後にナオミとカナコの違う女性意識を分析しようとする。そして、我々がよりよく日本社会を観察するための参考になることを目的としている。

この面に関して、中国でもそれぞれの研究があり、その中で多くは大きな参考価値がある。例えば、陳玉(2013)は日本の男女間の暴力の現状を調査し、調査の同じ違いことを分析し、そして暴力の発生原因や対策を述べている。鮑東梅(2007)はまず日本の DV の経緯を簡単に述べ、そして、女性の立場から被害者の意識を調査した。また牟海涛(2015)はドラマ『昼顔』から、男性主義社会で女性の意識の覚醒を探究し、冷淡な結婚は日本女性意識の覚醒を促すと説明した。また、教育程度と社会的地位の向上は日本女性意識の増強を促すと説明した。魯晶石、陳夢潔(2014)は日本女性の変化を論述し、経済発展と教育振興は女性の覚醒の発展を促進していると指摘した。筆者はこれらの先行研究に立って、DV と女性意識を結合して、ドラマの DV シーンから女性の意識を分析しようとする。

1 『ナオミとカナコ』について

『ナオミとカナコ』

ドラマ『ナオミとカナコ』は 2016 年 1 月 14 日からフジテレビジョンでテレビドラマ化された。脚本は浜田秀哉、金井紘、葉山浩樹、品田俊介監督。ドラマは同じ年の第 88 回日劇学院賞で助演女優賞を獲得した、第三回ドラマ賞で最優秀助演男優賞を獲得した。このドラマは奥田英朗の同名小説を改編し、幻冬舎が発行する月刊 PR 小説誌『ポンツーン』にて 2012 年 11 月から 2014 年 7 月

まで連載され、2014 年 11 月 12 日に幻冬舎から単行本が刊行された。奥田英朗の大部分の作品は現代人の精神疾患に注目している、都会風格が満ちている、大衆の小説としてはいけない、軽やかな筆法けれども、心の描写はとても深刻である。ドラマは日本女性が DV 抵抗できない事実を深く指摘し、中国観衆に深い印象を残し、人々は日本 DV の注目を引き起こす。同時に『ナオミとカナコ』よい視聴率を取得した。

表 1 各話の視聴率

各話

放送日

サブタイトル[31]

演出

視聴率

[32]

第 1 話

1 月 14 日

いっそ二人で殺そうか、あんたの旦那…

女達の完全犯罪が始動

金井紘

7.9%

第 2 話

1 月 21 日

わたし、見つけたよ。あんたの旦那を殺

しても捕まらない方法…

7.7%

第 3 話

1 月 28 日

これって運命だね…今動き出す完全犯罪

葉山浩樹

8.7%

第 4 話

2 月 4 日

私たち今日から親友で共犯者…

7.6%

第 5 話

2 月 11 日

夫殺したこと驚くほど後悔してない

金井紘

7.4%

第 6 話

2 月 18 日

お義姉さん、何かに気づいてる

品田俊介

8.0%

第 7 話

2 月 25 日

どうして警察が…だまされた女

葉山浩樹

6.9%

第 8 話

3 月 3 日

私がバカだった…あなたとの共犯関係は

もう終わりよ

金井紘

7.3%

第 9 話

3 月 10 日

あなたが死ねば、都合がいいの

葉山浩樹

7.1%

最終話

3 月 17 日

後悔してない!!絶対逃げ切るよ

金井紘

6.8%

平均視聴率 7.5%[33](視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯)

ストーリー

主人公の小田ナオミ(広末涼子)はデパート外商部のキャリアウーマン。大学時代からの親友である服部カナコ(内田有紀)は専業主婦として表向きは幸せな結婚生活を送っているものの、実は夫の達郎(佐藤隆太)からの DV に悩んでいた。別れるよう促しても復讐を恐れて我慢し続け、追い込まれていくカナコを見たナオミの脳裏には、葵百貨店の商談会で知り合った中国人女社長・李朱美(高畑淳子)の言葉と、中華街で見かけた達郎そっくりの不法滞在者の林竜輝(佐藤隆太の 2 役)の姿がよぎる。そして「いっそ 2 人で殺そうか、あんたの旦那」と、ナオミは達郎の「排除」と、殺しても捕まらない完全犯罪計画をカナコに提案する。最初は受け入れられず、なんとか達郎に暴力をやめてもらおうとしていたが、「もうしない」という約束はすぐに反故にされ、命の危険すら感じたカナコはナオミの言った通りにするしかないのだと思い知る。そして 2 人は計画を実行する。

計画は事前にナオミが達郎に顧客で認知症である斎藤順子(富司純子)を紹介しておき、彼女のネットバンキングでカナコの口座に 1000 万円を送金した後、

  1. 人で達郎を殺害。その後、林竜輝にカードを使って金を引き出させ、達郎のパスポートを使って中国へ渡ってもらい、達郎が顧客の金を横領して中国へ逃亡

したように見せかけるというものだった。失踪直前に達郎から昇進の知らせを聞かされていた達郎の姉である陽子(吉田羊)は真っ先に疑いを抱いて反発し、銀行からも調査が入って ATM の防犯カメラが調べられ、斎藤順子への聞き取りも実施されるが、カメラに映った林竜輝の姿は達郎にしか見えず、送金がされた時に斎藤家に達郎がいたことも証言されたことで、事件を公にしたくない銀行により、達郎の犯行であると結論づけられて調査は終了する。計画はうまくいったかに思われたが、陽子は達郎の同僚で同じく失踪に疑いを持つ山本(近藤公園)から情報を得たり、探偵の三枝(前川泰之)を雇って調査を続け、ATM だけでなくカナコのマンションの防犯カメラにも執着を示す。そして同時期、決して戻ってきてはいけないという言いつけに背き、カナコへの恋心から林竜輝が再び来日してしまったことで 2 人の計画は崩れ始める。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接