浅析日语可能表达毕业论文_日语毕业论文

浅析日语可能表达毕业论文

2021-04-03更新

摘 要

中文摘要

日语的可能表达形式复杂多样,并且其种类也很繁多,会使得在平时的使用过程中产生很大的困惑。并且在教育方面,教科书中对于日语的可能表达形式总结得不系统,较为零散,会使得学习者再学习和使用的过程中产生困扰。 所以针对日语的可能表达形式的具体且系统的分析和总结是十分重要的。

本文分为三大部分,第一部分是在先行研究的基础上,参考了学者的研究和分析,对日语可能表现形式的具体表现形式和具体的分类进行具体举例和比较, 对其组成结构和特性进行具体形象的分析。第二部分是在对其具体的结构分析了解之后对日语的可能表现形式进行更加细致的分类,从具体动词可能意义的活用,可能意义动词作为后缀的活用等方面进行分类,并且总结出日语的可能表达形式相似的表达形式,从而进行对其具体的识别。第三部分是在先行研究的基础上,对于不同的表达形式所表达的不同的含义来进行分类,并且对于其最主要的含义表达形式进行具体分析,使无论学习者还是使用者都能够清晰的分辨和准确使用。

本文在先行研究的基础上,对日语的可能表达形式的具体构成和分类进行了形象的举例和分析,并且根据其具体的表达含义和构成形式进行很具体的归类和整理,总结出了两大结论,一是,总结出一套相对全面的,适用于日语基础教学的日语可能表达方式。二是,整理出一套更加清晰全面,通俗易懂的日语可能表达的分类方式。这对于日语的可能表达形式的使用者和学习者能够更加清楚且正确使用有着很大的意义。

关键词:可能表达;分类;构成;整和;教育

目 次

はじめに 1

  1. 先行研究 2
    1. 可能表現の形について 2
    2. 可能表現の分類と比較について 3
  2. 日本語における可能表現 5
    1. 可能表現の形式 5
    2. 可能表現の類似表現 6
  3. 可能表現の分類 10
    1. 可能表現の意味分類 10
    2. 主な可能表現の形式の意味分類 13

おわりに 17

参考文献 18

謝 辞 19

はじめに

日本語の可能表現の形は複雑で、この種類も豊富である。そして、日本語の教育ではこの方面についての文法は、比較的零細である。教科書では、すべての日本語の可能表現について、システムな総括がない。それで、これは日本語の学習者にとって、教室だけで、この複雑な日本語の可能表現の形をはっきりして了解するのはとても難しい。それで、現有の問題を解決するために、本稿は二つの方面から分析して、第一は日本語の基礎的な教育に対して一セット相対的に完備な日本語の可能表現をまとめた。第二はもっとはっきりして、わかりやすい日本語の可能表現の分類の方式をまとめた。そして、本では常用の日本語の可能表現をまとめた上で、関連の研究を検索して、日本語の基礎的な教育に対して一セット相対的に完備な日本語の可能表現をまとめて、需要な意義がある。

また、先行研究から分析して、日本語の可能表現の分類は多種が見つける。筆者は先人の研究をもとに一セットをもっとはっきり全面の分類方式をまとめて、できるだけこの形を細分化してその意味を深くなる。日本語の学習者を助けて正しく理解できる。

1 先行研究

可能表現の形について

谭爽(2009)接続方法と実際の応用という二つの方面から研究して、四つの日本語の可能表現の形(一は可能助動詞“れる”、“られる”;二は日本語のなかで存在知る动词,例えば“見える ”、“聞こえる”;三は“……ことができる”という可能表現の形;四は動詞の連用形の接続 “うる”)についてそれぞれ説明して例文を挙げた。

钱紅日(2008)は本の中で六つの可能表現の形をまとめた。それぞれは:一、

「できる」や「ことができる」この二つの助詞を利用して表現する;二、后接助動詞「(ら)れる」の形を利用して表現する(五段活用動詞の可能動詞); 三、一部の自動詞、例えば「見える」、「聞こえる」や「入る」などだ;四、結尾詞[得る]、「かねる」を利用して表現する;五、結尾詞「にくい」、「づらい」、「がたい」を利用して表現する;六、「~わけにわいかない」、「~ ようがない」の形を利用して不可能を表現する。

白川博之,庵功雄,高梨信乃,中西久实子,山田敏弘(2010)は不可能の表現の形、例えば「~かねる」、「~ようがない」などの表現の形の異を研究した;困難を表現の助詞、例えば、「~にくい」、「~づらい」や「がたい」などの表現の形の異を研究した。

丁賢士(2000)は四つの可能表現の形と可能句の分類、中国の学生は誤りやすい問題や“ら抜きことば”という四つの现象から研究して結論をまとめた:日本語の可能の構成は複雑で有規律的に変化しつつあっている。その表現に方式は多種である。

劉振泉(2006)は主に七つの日本語の可能表現の形;可助動詞「れる・られる」の接続規則、活用規則、構句規則と意義だである;「できる」は可能の用法を代表する;結尾詞「うる・える」、「かねる」の用法。このいつかの方面から見ると、大体に日本語の可能表現を総括する。

可能表現の分類と比較について

安書慧(2014)は先行研究と传统的な分類の基礎の上で、日本語について新しい分類の方式を見つけた。それで:⑴物理可能⑵心理可能⑶状況可能⑷自発可能⑸基本可能⑹能力可能⑺外部可能⑻評価可能⑼結論可能⑽条件可能⑾属性可能。この他に、可能表現の本質と特徴、可能表現の関連性と可能表現の融合性について説明した。

呉侃,李丽(2010)は論文の第二部分では、可能表現の意義で分類を研究した。先行研究をまとめた上で、こんなの分類をまとめた:⑴可能性可能⑵能力可能⑶属性可能⑷結果可能。

呉春燕(2003)は「~れる、~られる」、「~ことができる」、「~うる」、

「~かねる」や「~わけにわいかない」こんな五つの常用的な可能表現について考察した基礎で,その異を特に力を入れて研究した。

張鸿成(2009)は意志動詞と非意志動詞から研究した。例文の動詞に考察して分析した後で、その可能表現の形と文法の特徴を研究した。そんな結論を出した:日本語の動詞は可能表現を表す時に、その用法は文法や語義などに対して、その表現の方式は多種である。

杨雯雯(2014)は主に可能動詞の用法と語義について説明して、結論をまとめた:人と物事の性質に関したら、「ことができる」は替えない;外在的な条

件の制約に関したら、「れる」「られる」を利用して表現できない。そのほかに、一部の動詞の用法の異を研究した。例えば、「見られる」と「見える」、

「れる」「られる」と「ことができる」。その例文の語義は著しい、しかし、その語義は深く補充できた。

王丹(2011)は論文の第四部分では、語義の分類をもとに、可能を “潜在可能”と“実現可能”を分けた。潜在可能は原因の異をもとに、 “能力可能”和“状況可能”を分けた。能力可能動作主能力可能,動作対象属性可能和価値可能を分けた。状況可能は内在状況可能と外在状況可能を分けた。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接