中日环境政策的比较毕业论文_日语毕业论文

中日环境政策的比较毕业论文

2021-04-03更新

摘 要

中文摘要

环境是人类生存和发展的前提。环境为我们提供了必须的资源和条件。21 世纪以来,对于全世界来说,环境问题已经是一个不可回避的重要问题了。对于我国来说,保护环境是基本国策之一。

本文介绍了中日环境问题出现的背景,分析出现环境问题的原因;并通过对比中日环境政策以及相应的特点、原则以及产生的问题,吸取环保先进国日本的经验和教训,从环境政策的角度为中国环保事业提出建议。

关键词:中国;日本;环保;环境资源;环境政策

はじめに 2

  1. 中日の環境問題の背景 3
    1. 日本の環境問題の背景 3
    2. 中国の環境問題の背景 4
    3. 中日の環境問題の背景の比較 5
  2. 日本の環境政策 7
    1. 環境政策の移し変わり 7
    2. 環境政策の特徴 8
    3. 環境政策の成果 9
  3. 中国の環境政策 10
    1. 環境政策の移し変わり 10
    2. 環境政策の原則 10
    3. 中国環境政策の欠点 11
  4. 中国への示唆 14

おわりに 17

参考文献 18

謝 辞 19

はじめに

日本は今の世界の先進国である。しかし、その急速な経済発展は深刻な環境问题を引き起こす。それによって、相応の環境政策を生じる。環境政策は環境问题の解决に対しては決して軽視してはならない役割がある。本研究は系統的に中日両国の環境政策の異同を分析し、日本の成功の経験をまとめ、中国の環境政策に有利な内容を総括する。中国の環境事業の発展について少しばかりの考えを提出する。

1 中日の環境問題の背景

日本の環境問題の背景

明治维新をマークし、日本が資本主義の時代を始める。外国から奴隷のような地位を脱し、民族の独立を獲得し、一歩進んで東亜制覇の願望をとげるために、明治政府は、封建的な国を改造するとともに、経済、文化、軍事など多方面から不合理な規則や制度に対して思い切った改革を進める。1その目標は、弱いて落後した日本を、強力な軍事力や強大な経済実力をもった資本主義国家に直す。「脱亜入欧」のような日本を建設するために、「殖産興業」や「文明開化」や「富国強兵」という政策が建国のガイドラインになる。当时の日本は極めて大きな変化が起きているといわれている。西洋の近代産業技術を導入し、土地制度を変え、土地売買を許可、新しい地方税政策を実行し、通貨を統合し、日本銀行を設立し、商工业界のギルド制度と独占機構を取り消し、商工业界の推進に力を入れる。各地の交通を改善し、新式の鉄道や道路を建て、上に述べた対策が日本の更なる工業化に堅固な基礎を定める。

「富国強兵」が政策の最高の目的として、全日本を牽引し、工業の現代化を進め始め、力を込めて経済の発展を追う。そのときにあたって、日本の环境问题が工業化に伴う、人々の生活に入る。その時期に工業が大半は軍事目をサービスするせいで鉱業など重工業と化学工業が大きな部分を占める。これも早期の公害をもたらす。2その中に、最も有名なのは「日本の公害の原点と呼ばれる」の足尾鉱毒事件である。

日本の栃木県日光市の足尾地域は江戸时代から銅を産出する.1885 年に、日本で最大の鉱山になる。年ごとに数千トンの生産量がある。日光市は東亜で第一の銅を産出する地方になる。産出する銅が世界各地に输出し、日本経済には豊かな利益をもたらす。3しかし、銅を精製する過程で、タバコと鉱毒ガスと鉱毒が深周辺の環境深刻な危害に与える。鉱毒ガスが大気に中に酸性雨を生じ、周辺の山林と野原がすっかり荒れはててしまう。木が足りないせいで、土壌浸食は渡良瀬川の川面が上がり、下流地域を年々も洪水をまぬがれる。足尾の鉱山の汚水が缲り返しの洪水の作用で周囲の村民を銅中毒させる。現地の農民が政府を相手に訴訟を起こし、政府が採掘を停止し、補償金を支給する。しかし、より根本的な解決の措置も取らない。今回の事件が日本と環境問題の闘争の序曲を始まる。政府が続々と管理条例を制定する。

日本は続いて二度の世界大戦中に投入する。そのような時代背景に、公害问题は何度も発生し、広範囲で気に付けられない。戦争が大きいの災難をもたらす。戦后の日本は荒れ果ててものさびしい。全国が経済回復のために、政府につれられて再建を始める。第 2 次世界大戦後の経済回復期に、日本の産業が軽工業から重工業まで徐々に回復できる。次の二十年が日本経済高速成長の時代になり、同時に、環境問題が最も深刻な時代になる。世界の注目を集める四大公害事件が起き、日本には「公害先進国」になる。

中国の環境問題の背景

“一五计划”の時代に、中国が重工業を優先させる発展戦略を実施する。そ

3 汤天滋 中日环境政策及环境管理制度比较研究[J].现代日本经济.2007(06)

の発展戦略の実施を保証するために、中国の政府が“一化三改”と“人民公社化运动”を通じ、次第に計画経済体制の伝統は形成される。4重工業を優先させる発展戦略は高汚染の化学工業が優先的に発展し、中国を工業化の最初に高汚染の産業構造を持つ。同時に、その発展戦略は工業生産量の成長を強調するばかり、経済の品质の向上を無視し、粗放式経済発展方式を生じ、高い速度や大きな消耗や深刻な汚染や低い効き目という特徴を生じる。重工業を優先させる発展戦略を実施する初め、環境汚染と生態悪化が主に個別の現象をあらわし、真の意味での環境問題にならない。そのため、1972 年の前に、中国がまだ系統的に環境保護政策を制定しない、ただ関連をつける法規で環境保護の職責と内容を提起する。大躍進の際に、重工業を優先させる発展戦略が全面的に展開する。高汚染の企業がどこにでもある。従来の環境規制が打ち破られる。工場の廃棄物がそのままの状態に排出し、環境汚染が急速に発展する。5文化大革命の際に、高汚染の企業を発展することをともなう、また不合理にたくさんの都市では、大量の高汚染の企業を建設し、工業汚染は都市に対するの被害が加重になる。環境保護を欠く场合には、重工業を優先させるのが、生態環境に日増しに悪化させる、住民の健康に深刻な脅威を受ける。環境問題がますます悪くなる。

中日の環境問題の背景の比較

中国が社会主義国で、日本が資本主義国である。日本に比べて、中国の経済発展が遅いものの、両国が重工業を優先させる発展することを決まり、重工業

4 崔海伟.浅谈 1970 年代以来中国环境政策的演变[D].山东大学.2009

5 李军霞.中·韩·日环境经济政策影响因素比较研究.[D].延边大学.2012

による環境汚染がよく似る。日本が発展の先駆者として中国に多くの経験と教訓を提供することができる。

日本の環境政策

環境政策の移し変わり

表 1 日本の主な环境政策

末端を治める階段

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接