从“猫”看日本文化毕业论文_日语毕业论文

从“猫”看日本文化毕业论文

2021-04-03更新

摘 要

猫是日本民族最喜爱的宠物,在日本人心目中有着特殊的地位,日本人喜欢借助猫来表达自己的感受,在长期的生活中逐渐形成了独树一帜的猫文化。从关于猫的很多传说故事,文学作品中可以看出猫文化的发展及日本人独特的爱猫情节。

本文分析了日本人喜欢猫的原因和猫文化的形成理由,探讨了猫文化在各领域的体现,希望在此基础上,能更深入地研究日本民族的性格特征。

关键词:猫;日本民族;日本文化;形成原因

目 次

はじめに 1

  1. 猫のイメージ 2
    1. 猫の体型と生理的特徴から 2
    2. 猫の習性や生活習慣から 2
  2. 猫と日本の文化 4
    1. 猫文化の発展の背景 4
    2. 平安時代 5
    3. 江戸時代 6
    4. 当代 9
  3. 日本民族と「猫」 10
    1. 日本民族の「猫」のコンプレックス 10
    2. 日本民族の発展と猫の文化 11

おわりに 13

参考文献 14

謝 辞 15

はじめに

はじめに

人類が生まれて以来、この世の万物は密な連絡、特に動物と密接な関係がある。人は動物を飼うことが好きで、自分の感情を動物に託しているのが好きで、この時、動物は文化シンボルになる。人類の発展とともに、文明も絶えず向上しているとともに、この時、人々は自分の発展に関心を持ち、人々は自然に関心を持ち、生命の意義、歴史の発展を始める。本文は「猫」というイメージを通して、日本というの民族文化を研究する。「猫文化」は多くの国が研究されているというのに、猫はたくさんの方面でも人間に影響を与えることができると言うことができる。日本は猫にある深いルーツと、日本人は猫の好感を特別に強い。その文化「猫」は出発点とする研究だ。本文は時間軸の叙述方式を通して、日本民族の発展の中でいくつかの重要な時間帯を挙げて、「猫文化」の異なっている時期の違い発展を研究していた。猫のように普遍的なイメージを通してもっと日本の文化を理解して分かりやすい。まずは「猫」というイメージと特徴を紹介して、ことわざによってわかりやすくする。次に、違い時期の

「猫文化」を書って、「猫」は日本人の特殊性について、それは彼の特殊な「猫文化」。最後に最も主要な説明は日本人と猫の共通点を説明して、日本民族の性格と特性を書き出す。

1 猫のイメージ

猫の体型と生理的特徴から

猫は、ネコ科の動物に属し、家猫と野良を分かれて、全世界の家庭の中で比較的広範なペット。しかし、どんな家猫と野良にかかわらず、それがこう形容頭円、顔面部が短く、前肢の指、後肢薬指、止端具鋭く曲げの爪、爪が伸縮。

「ウエノ」には「猫」という解釈が:「ネコ(猫)は、狭義には食肉目ネコ科ネコ属に分類されるヨーロッパヤマネコが家畜化されたイエネコに対する通称である。人間によくなつくため、イヌ(犬)と並ぶ代表的なペットとして世界中で広く飼われている。より広義には、ヤマネコやネコ科動物全般を指すこともある。」猫のイメージもことわざに応用されている:

「猫舌」1:人は熱い物を食べが恐れない。

「猫の目」:物事を形容する人ではない。事物の不安定性と言う。猫は一日には違う時間の違いの光が、その瞳とは違い、変化が水物。ある派生の諺に「女の心は猫の目」を直訳すると女のような猫の目のように心のバリエーションが豊富で、燃えにくい。

猫の習性や生活習慣から

猫は待ち伏せの方式を獲ら他の動物は、ほとんどが攀縁木。ネコの足底が脂肪質肉球に歩いているという音が、漁も惊跑鼠。行進に爪縮む状態があって、爪鈍磨防止され、ロッククライミングに鼠を捕ると伸ばして大多数の人が猫を思い出して、「かわいい」、「怠け者」、「食いしん坊」、「利口」、「奸臣」などの言葉が。日本には猫の描写が多く、ことわざが含まれている。

「猫の手も借りを語りたい」2:とても忙しいです、他の人が助けてほしい、どんな忙しくても。みんなの胸に猫はずっとやんちゃはありがた迷惑になるのが、今では猫の手も借りたいと思っている。明らかにとても忙しい。

「猫は虎」は猫猫とトラは同科に属し、この両者の違いは大きく、一つの小さ

1 池卓蓓《日本人生活中的猫文化——日语中关于猫的谚语》 [J] 教科文汇 2013 244 期 P142-143

くて可愛い、猛威を振るって凶悪。猫は虎の心は知らない。人物に大きな人物の考え方を理解することはできない。

「猫がいて」3:づら意味は猫のフン。通常は拾ってくるものを自分で持っていて、悪いことをして知らないふりを説明している。これは実はとても面白い言い方、猫の習性を含めて終わってから爪をに土をかぶせ。だから人々はやましいことを連想して、知らないふりをして、実は私はこれも猫の愛の清潔な表現だと思っている。

  1. 猫と日本の文化

猫文化の発展の背景

「猫文化」という言葉は日本で有名な学者が決まった。猫猫は人間と最も親しい家畜である。早く新しい時期の時代は、農耕の普及で、穀物の増加、ヨーロッパ国という意識猫は鼠を捕る面は優れた――これは生まれてから持っている性格である。その時、猫の数が少なく、皇室には猫の権利を飼っている権利がある。だから、日本民族は猫に対して尊敬の気持ちをもっている。また一部の源于民族渡来品に対して崇拝する皇室のすべての尊い感に加えて徹底的に解決した後に鼠患って、これは日本の民族愛ちゃんネコの情の発生の最も原因である。その後、猫の数が増え始めてから、猫を飼う猫が普及し、人との関係が密接になった。一方、猫の性格で日本人にもにとても寵愛をしている。猫は静かなので、一人きりが好きです。日本人も同じで、彼らが騒いで、人と深く好きでない事を、他の人が好きな自分の内心世界を察する。なぜ猫好きかもしれないが、他人の目に自分の希望の猫のように静かで、優雅な、しかし内心世界は隠した。日本の民族は孤独感の強い民族、彼らは自分を托すいくつか借り猫すばらしいあこがれ、あるいはいくつかの精神を慰め、あるいはその排水を借りて自分抑圧と不満な気持ち。まさにその類似性のおかげで、日本の民族の長期の生活では、猫の傾向に自分の気持ちを表現する。

「猫文化」現象の存在の理由は、日本民族がそんなに長い時間を経験して、自分の感想を借りて猫のイメージを表現する。猫は違う国には、異なる文化の意味がある。中国で、人々は犬がかわいくて、中国文化には猫と関係の文化は少ない。しかし、隣国の日本としては完全に異なっていて、日本人は猫に託して自分のすばらしい願望、リフレッシュさせる。文学にとって、言語は形式で、永遠に続く、特別な文化で。この民俗では猫は神霊と通じる動物。猫の性格は静かなで、日本人は特に痛惜する。日本人は猫と同様、にぎやかな環境が嫌い、他の人は、自分の考えを察するのが嫌い。猫の好きな理由は、自分が猫のように優雅で静かな。この類似性の影響は、猫のイメージを通して日本人自身の感

情を表現したいと考えているのである。子供たちが好きなドラえもん、トトロ と hello kitty などのアニメの主人公が猫をモデルとする。日本の商店とお寺には、招き猫もよく見かけるマスコット。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接