中日数字应用的比较毕业论文_日语毕业论文

中日数字应用的比较毕业论文

2021-04-03更新

摘 要

中文摘要

本文通过对中日两国数字应用的对比分析,从中日数字文化的发展,中国人和日本人不同的数字观和中日在应用中的不同体现来透析中日两国文化的异同。通过中日两国数字应用的比较,来了解中日两国数字文化的内容和魅力,指出其特有的文化,中日数字文化的形成过程同时反映了中日两国的文化特征,即中国文化具有原生性,创造性,单一性的特征,而日本文化拥有开放性,主体性,混杂性的特征。我们只有不断从各个方面了解两国人民的文化习惯,在日常交流中, 才能尽可能避免误会和摩擦,从而促使中日两国更加友好的发展。

关键词:中国;日本;数字观;文化;差异

目 次

目 次

はじめに 1

  1. 数字の由来 2
  2. 中日数字文化の発展 3
    1. 中国数字文化の発展 3
    2. 日本数字文化の発展 3
  3. 中国人と日本人の数字観 3
    1. 好きな数字 5
    2. 忌の数字 6
  4. 中日での数字応用の違った表現 9
    1. 文学作品中の数字 9
    2. 習俗中の数字 10
    3. 日常生活中の数字 11
  5. 中日数字の応用における価値観の異同 13
    1. 中日価値観の共通点 13
    2. 中日価値観の相違点 13

おわりに 14

参考文献 15

謝 辞 16

はじめに

数字はずっと大衆の生活と家庭生活に密接に関連して、計算するだけでなく、言葉として、文化の一部として、吉祥数字の観念はすでに人々の生活の隅々に浸透している。各民族もそれぞれの数字観を持っている。中日両国は一衣帯水の隣国であり、地理的に近いなんですが、人々の数字観についての好みや禁忌とは異なる。これも側面から両国の違う考え方と社会心理を反映している。日常生活や仕事の中で、日本人は奇数が好き、中国人は偶数を好み、あの中国人の好きな数字はこの日本人の嫌がる数字になるでしょう。中国人の嫌いな数字は日本人に好まれるかもしれない。勿論、日本人も中国人も同じく好きな数字もあると思う。本稿の目的は中日の数字文化の内容や各自の独特の魅力を理解し、異なる民族の数字使用方法を分析し、特有の民族文化心理を指摘するのです。上記の方法によって、両国の日常交流の中で、誤解と摩擦を避けることができて、お互いの理解と交流がうまく進めると思う。

1 数字の由来

数字は古代インド人が生産と実行過程で徐々に創造した。その後、数字もアラビア人によってヨーロッパへ伝える、その後はヨーロッパ人はそれを近代化だ。としているからこそアラビア人の伝播した、数字は国際に通用した、だから人々はそれを「アラビア数字」と呼ぶ。アラビア数字は 13 世紀は中国に導入された、しかし遅れが採用しない、これは中国人の伝統的な考え方関係がある。中国人の眼中の角張った文字で最も美しい、しかしアラビア数字は方正の感がない、漢字の中で少しも美しくない。だからアラビア数字の字形は中国人に本当に受けにくいだ。また、中国人の常に大国を自任する、天下至尊つもりだ、盲目的排外、新鮮な物事が受ける。。だから主観的に中国人の伝統的な考え方は、アラビア数字は受け入れられない。二十世紀まで、西洋文化は大量に流れ込み、中国人ようやくアラビア数字を受ける、書き方から縦に向けて横式転換した。アラビア数字もついに中国で流行り始めまる。

2 中日数字文化の発展

中国数字文化の発展

世界はそれぞれの民族は数字の概念がある、それでどんな言葉はすべて数詞がある。この小さな普通の数字は、人だちに数量の情報を伝えるだけではなくて、また各民族の哲学の理念、歴史の背景、吉凶事件、音に調和する緊密に系がる、豊富な文化の内容を形成した、それはにも数量の記号また文化の符号だ。一部の数字は幸運を持ってくることができる、一部の数字は災難をもたらす。こうして人が好きか嫌いか対数字の違う感情がうまれる。異なる民族は違う禁忌がある、それで異なる数字の文化が現れる。数字の文化は中国の文化の重要な一部分だ。中国人は数字に独特の文化理念を持っている。過去には、人々は中国の陰陽の五行の観念の影響を受ける。1 から 9 までに二類に分ける。一種類は奇数は一、三、五、七、九、これは陽数;一種類は偶数は二、四、六、八、これは陰数。それらは似て剛柔、夫婦のように、陰陽のに対し、相生相克、中国人の数字は陰陽観を形成される。全体から見れば、中国人は偶数を偏愛した。奇数がも嫌いではない。これと中国人は調和がとれている心理を求めて適応した。

日本数字文化の発展

昔から今まで、日本の詩体や伝統祝日、或いは風俗習慣や日常生活で使う数字から、日本人は奇数が好きであることが分かる。日本人の数字観念の形成は根拠あり、時代と共に変化していく。この数字観念の形成は古代中国文化や日本の固有発音、宗教文化などに影響されたと考えられる。したがって、日本人

は奇数の「三、五、七」、偶数の「八」が非常に好きである。

3 中国人と日本人の数字観

好きな数字

中国人は好きな数字:中華民族の伝統文化の中で、双対を尊ぶの観念は非常に濃厚で、「双」、「対」、「両」は数字の範疇に属していないが。1だから古から今に至るまで人たちは偶数が好きである。朱自清には『経典のよくある話』中に言いう「普通の人は今まで、まだ嫌悪奇数で、偶数を好み、あれらの巫術の奇跡」。週の時には、人たちは蓍萩の奇偶を数える通じて吉凶を予測しに来る。それだけではない、中国人が偶数を美しい審美にするのがたくさんである。例えば、金壁に輝くな紫禁城がある、風景秀麗の江南庭園がまだ。これらすべて左右対称の特徴がある。今まで、中国人はやはり偶数が好きである、「二」は偶数で、ダブルの意味がある。中国人は良いことが好事つがい、二つの喜事が一度に来る。したがって「二」は非常に人気の吉祥数字だ。結婚して家に大体この喜を貼り、二つの喜事が一度に来るの縁起が良いを取る。中国人は「六」と「八」この二つの偶数対してとりわけ好きである。諺によると「万事順調になりますように」は、どんな事とても顺調なことをしてすべて支障がではない。

「八」と「発」が音に調和する、財源の広い入る意味がである。だから人々は車のナンバーを選んでやはり番地、電話番号を選んで、すべて選んであるいは

「六」や「八」で、ために縁起が良い。中国人は偶数も好きで、しかし奇数「九」に対して改めて高く評価した、古代人の数字には陰数と陽数に分ける。偶数は陰を代表した、奇数は陽を代表した、しかして「九」として陽数の最も代表とは、最高の権力を代表した。「九」諧音「久」、永遠に存在しわかり変わらな

1 この三つの漢字は中国語で「二つ」の意味を表す。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接