中日园林对比——以假山为中心毕业论文_日语毕业论文

中日园林对比——以假山为中心毕业论文

2021-04-03更新

摘 要

中国有着悠久的造园历史,在岁月的沉淀中逐渐形成自己的风格,日本初期园林的建造模式向中国借鉴,很多造园灵感来自于中国,后逐渐形成自己的风格,并进行发展。假山在不同园林风格中的表现也是不同的,根据不同的设计而构成不同的意境,这正是假山的作用所在。

中日园林假山的相同点是:①中日园林都受佛家思想的影响,园林假山的设计者都憧憬着西方极乐世界以及盼望和平的生活。②中日园林园林的假山都由是石块堆积而成的。③中日园林假山用石技艺的发展进程都是逐渐进步的。④中日园林假山都体现出了“假”的特点。

 中日园林假山的不同点是:①中过园林的置石方法体现了中国人与天道并驾齐驱的思想,日本园林的置石方法体现了日本人服从于天道,并且害怕战乱的思想。②中国园林假山的形状是不规则的,日本园林假山的形状倾向于平铺,展示出类似小岛的形态。③中国园林假山多用湖石,日本园林则偏爱青石和花岗岩。④中国园林假山周围会栽种植物,日本园林假山周围则铺设白砂和苔藓用做装饰。

根据在不同造园风格中假山的不同表现,假山所表达的意境也不尽相同。这正是假山的精妙所在。

关键词:园林对比;假山;枯山水;假山起源;日本

目  次

はじめに 1

1 中国築山の特点 2

1.1 中国築山の歴史流れ 2

1.2 中国園林築山の類型 3

1.3 中国築山の例 5

2 日本築山の特点 6

2.1 日本築山の歴史流れ 6

2.2 日本庭園築山の風格 7

2.3 日本築山の例 9

3 日中築山の相違点 10

3.1 相同点 10

3.2 相違点 10

3.3 日本に対するの影響 11

おわりに 12

参考文献 13

謝  辞 14

はじめに

わたしは足立美術館(島根県)で二度に訪問した、あそこは典型的な日本式の庭園を背景にして博物館である。私はそこの草と木、山と池に深刻的な印象を持っていた。行くたびに、不同の心得を得ていた。日本の庭園と故郷蘇州の園林は違い雰囲気が持っている。その中で、日本の置き石と中国の築山は異曲同工の妙がある。そして、築山を中心に日中園林の相違点を深入研究のことが希望である。

日本園林は中国から起源である、歴史の変遷を経歴した、平安時代に自分なりの風格を形成していた――枯山水。研究と対比日中築山の相違点も日中文化の対比で、思想文化の差が故に、築山のたくさんの表現方法が形成していた、これは日中築山文化研究にとって、極大的な意義がある。研究と対比日中築山の相違点も日中園林発展の趨勢が見つけた、同じ背景を基づいて、地域の差が故に、日中園林はどうして発展した、そして、自分なりの特色を形成している。

本文の研究方法は対称研究の方法で、日中築山の相違点を探しているが、古今を通じた、日中園林の不同風格に結合し、代表性がある実例による、日中園林築山に関して深刻的な対比を研究していた、日中両国築山の相違点を見つけた。

概に言えば、研究、対比日中築山の相違点、深入研究を値る課題である。

1 中国築山の特点

1.1 中国築山の歴史流れ

1.1.1 先秦、両漢

先秦と両漢は中国古典園林の「生成期」。[1]生成期と言うのは、即ち中国古典園林は芽生え、そして、出現と成長の時期である。しかしながら、築山は園林の建造は先秦と両漢時代から始まった。時間の推移につれ、秦漢時期の築山は土を堆積、そして築山になる、石を堆積、築山をなるである。秦漢時期築山の形態は主に全てに自然の山を倣った、景観を描いた、自然山水の中の真意の表現が足りないのである。

1.1.2 魏、晋、南北朝  

魏、晋、南北朝の社会は乱れた、諸子百家の思想はたくさんあったが、百家争鳴だ。儒家や道家などの学派は自分の意見を言っていた、中国古典園林の発展にとって、大きい影響がある。文化発展の故に、たくさん詩歌は園林を背景で創作していた。魏、晋、南北朝は中国古典園林発展の歴史の承前啓後の転換期。

1.1.3 隋、唐

隋唐時期政局安定、百姓の生活は安定した、戦うはあまり多くない、経済も繁栄していた。最も唐朝に、「貞観の治」の局面に現れた。人民の物質生活はますます発達していた、思想文化も発展する一方だ。唐朝は唐詩の全盛期、たくさんの学者は旅行が好き、数えきれいほどの地主たちは第宅園林を建造していた、中国の古典園林も全盛期に入った。この時期に、園林の中で築山を建造盛行になった。

1.1.4宋、元、明、清初

前期発展の沈殿に経た、宋、元、明、清初の古典園林は相対的な成熟の時期、古典園林の造園風格も形を定めた。その時代の築山は山の一部を表した、人々は自然の中に存在することが感じられた。造園技術はほぼ最高に達成していた。

1.1.5 清中叶、清末

宋、元、明、清初は中国古典園林発展の高潮といえば、清中叶と清末は中国古典園林発展の高潮後期。しかしながら、亢竜の悔いあり、中国古典園林は長い増長期の後に、衰弱の趨勢が現れた。清末の政局乱れた、古典園林の発展も衰弱になった。

1.2 中国園林築山の類型

1.2.1 皇家園林

皇家園林の歴史は殷朝から始まった、殷の時、皇帝は「囿」(動物に育て、狩猟のことができる場所である)と「台」(土を堆積の高台である)を結合し、中国初の皇家園林に形成していた。数千年の変遷に経た、颐和園を代表とする皇家園林が形成していた。皇家園林で築山の石の畳、材料は上品だ。皇家園林の築山は以下の特徴がある:

その一:「水と伴う、山と池取り囲む」。[2]

中国古典皇家園林の中、築山と池連接、お互い引き立つで「和む」という気持ちがある。皇家園林初の山水建造模式は「一池三山」という模式である。そういう建築模式は海の中の仙境を象徴している。

その二:規模広大、立派である。

一般的に、皇家園林は都心で建造していたが、宮殿に近いた、皇帝の私人ガーデンとして便利である。封建君王の寝た園林故に、面積は広くて、皇家贅沢の気勢がある。「立派」というのは、皇家の風格を体現している。

その三:真築山の中に仮築山がある

一般的に、皇家園林は郊外に静か、綺麗的な場所で建造し、山と水がある場所に建造していた、築山は真山を基づいて、置き石の置き方はまちまち、人に見切れない。

その四:材料は上品、贅沢である

皇家園林の材料は必ず最も上品である、石の形態はもちろん、生地はトップである。例えば、太湖石、房山石、青石は皇家園林によく使われる材料のものだ。

1.2.2 第宅園林

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接