汉日语中源于英语的外来语比较研究毕业论文_日语毕业论文

汉日语中源于英语的外来语比较研究毕业论文

2021-04-03更新

摘 要

外来语的产生是文化接触的必然产物。随着世界的发展,英语作为主要的国际交流语言,逐渐成为与汉日语接触最频繁和最广泛的一种语言。大量的英语外来词被借入汉日语中。这种现象引起了很多研究者的注意。外来语成为日语和中文中越来越重要的一部分,对中日两国的影响也越来越大。

通过对比汉日中的英源外来语,我们不仅能了解中日两国及西方国家的语言文化发展,也能深刻地感受到吸收外来文化对促进一个国家的社会进步是至关重要的。每个国家都有每个国家的语言特色,外来文化不是一成不变的,在引进的同时必然会因社会环境的不同而发生改变。不管是音的变化还是义的变化,都与一个国家的文化特征是息息相关的。语言充斥着人们的日常生活,是必不可少的一部分,正是世界各国语言的相互融合才使得国与国之间交往更加密切,时代不断发展。

关键词:外来语;文化;交流;变化;影响

目  次

はじめに 1

1 外来語の形成、発展と現状 2

1.1 外来語の形成 2

1.2 外来語の発展 3

1.3 外来語の現状 4

2 中国語と日本語の中での外来語 6

2.1 外来語の意味の変化 6

2.2 同じ点 6

2.3 違う点 8

3 外来語の日中への影響 11

3.1 積極的な影響 11

3.2 消極的な影響 12

おわりに 13

参考文献 14

謝  辞 15

はじめに

外来語の中国語と日本語での使用が増えているので、外来語を全面的に深く研究し、中国の日本語学習者が日本語をマスターして、もっと中国語を身につけ、様々な言語国際交流に役立つことがある。外来語は一種の言語現象だけでなく、一種の社会と文化現象ありふれたいい。だから、外来語の研究は外国語の勉強、翻訳と実際の応用に積極的な役割を果たしている。

言語は、国の文化と社会的障壁を理解することです。外来語の理解できない場合で、日本語を勉強すると日中交流のところがうまくできないのだ。外来語は中国語と日本語の中で重要な地位を占領して、それは英語由来の中国語と日本語の外来語がどれらの変化を発生する。これらの英源外来語は中日両国の言語の文化と社会にどのような影響を与えたか。これは本文の研究問題だ。この課題の研究を通じて、日中両国の言語の文化についての理解を深めること。特にこれから日本へ勉強と仕事に行る人にとって、どのように正しく外来語を規範に合わせて使うのかが私たち日本語を学ぶ者にとって一つの重要な問題となった。

本稿は英語由来の中国語と日本語の外来語を研究対象として、文献研究法、比較分析法などの研究方法を運用して、日中での英語の外来語の浸透した現象を研究する。まず、外来語の形成、発展と現状を簡単に述べる。次に、代表的な外来語とその説明する、そして形と義から日中での英語の外来語の変化を分析する。最後に、外来語は日中両国にどんな影響をもたらす、そしてうちの消極的な部分に対する見方を提出する。それによって外来語は、人々の日常生活の中の重要性を全面的に認識する。

1 外来語の形成、発展と現状

1.1 外来語の形成

中国:言語の接触は違うタイプがあって、その中の一番よくあるのは言葉の借用だ。改革開放の後、我が国を外界との接触を強化して、海外の新文化、新しい思想、新技術、新製品が中国大陸に潮のようにどっとおしよせてくる。次に、これらの新しい物、新しい概念の新語は外来語といわれている。外来語の出現は今ならでは、漢代に現れている。

改革開放の前、中国は外国語に対して慎重に借用した、原文の中で直接に使えることが少ない。改革開放の後、今度の最も偉大な、深刻な社会変革のために、中国に天地をくつがえす変化をもたらした、社会発展のペースを大いに速める。だから、外来語の流入でも新たな特徴があった。

19世紀の中葉、航海の発展と地理大発見時期が来ることによって、西方国も中国社会に入って、彼らと一緒の物はもちろん彼らの言葉——英語だ。特にはアヘン戦争以来、イギリスは中国を商品市場と原料産地として、イギリス商人は絶えず中国に来て、商品貿易を行った。外来語は中国のビジネス、上流社会及び高等教育界で流行した。

日本:日本語は「和語」「漢語」「外来語」という3大部分から構成されている。中国語と外来語はそれぞれ中国や欧米から、日本人にとって、中国語も日本語の中の一部分で、だから、日本語の外来語はほとんど欧米から国家の言語を指す。

1530年、ポルトガル商船が日本へ行ってきた、日本との貿易交流で、彼らの言葉を音訳してから、日本の一番早い外来語を形成した。ポルトガルの後、各国は相次いで日本に流入し、日本にはたくさん外来語を持ってきた。

江戸時代、日本は200年余りの鎖国政策が始まった。その政策が日本の発展の上で大きなマイナスになった。

明治以降、政策が開いたため、日本は積極的に欧米の文化を吸収した。英語は欧米国の共通語のため、日本語では英語を主とする外来語になった。同時に、イタリア語、ドイツ語、フランス語などの言葉もだんだん日本に流れて入る。第二次世界大戦の後で、アメリカは日本に進駐し、日本には外来語の運用が高潮に達している。今日に至るまで、外来語の出ていると更新するが絶えない。

1.2 外来語の発展

中国:二次世界大戦中、西洋英語の国と米国、中国との接触には、より頻繁に近いコンタクトだ。中国で外来語の発展は小さい範囲ではなく、さらに広くて文化教育界、軍事、政治などの各領域を及ぼす。この間、大量の留学生は海外に送られた。帰国後、中国で外来語の発展に大きな役割を果たして。改革開放後、中国と西洋の国やアメリカの付き合いは一層近い。対外貿易が発展し、外資企業も中国の市場で現れた。

改革開放後の中国の経済、社会の発展もっと良い適応が、多くの人が外来語の勉強を始めた。

中国がWTOに加盟の後、国際間との付き合いを推進する。北京オリンピックは、中国と世界の距離が近づく、全面化の接触、それ世界は中国に対しての理解は、もっと深くなった。沢山の外国人が中国に来た、そして英語は主要なコミュニケーション言語として、さらにその重要性を体現した、外来語も広範な認可をもらった。

日本:20世紀まで、教育の普及と新聞事業の発展により、人々の文化の質を高める。外来語が以前に見ない速度で日本文化の分野を滲入する。外来語新語が日本社会で満ちあふれて、人々はこれらの新語の使うと伝えるが熱中して、自分の博学とファッションを体現している。例えば:スポーツ、ハイキング、モダンガールなど。終戦後の二十年間、日本語の中の外来語はほとんど日本史上で千年受け入れ外来語の合計だった。そして、この時期で入力のが絶対の優位を反映し、鮮やかな時代の特色を持った。例えば:パトロール、セクシー、ワンマンなど。

1.3 外来語の現状

ご存知のように、近代は、欧米の強い文化は中日両国の弱い文化に大量に浸透し、英語から近代中国語と近代日本語の外来語が支配的だ

中国:今、科学技術の発展とともに、ネットワーク技術の発達により、国際交流の日々に広く、中国語と外来語の間の融合がいっそう緊密になり、すでに人々の日常生活の中で不可欠な一部になる。通信業界で、広告デザイン、商業ブランドなどの面でも外来語の影を探すことができる。グローバル化が一層発展するに従って、国境を越えたコンピュータネットワークで電話、テレビ、コンピュータなどが一体となり、国際間の交流が日々密接になっている。インターネットの急速な発展によって、あまりにも多くのネット用語は私たちの生活に溶け込んで、私たちの言語の表現方式さえを支配している。中国から外来語の発展の現状を見れば、まだ原形期なので、本当の安定し、続いた外来語のシステムは形成がない。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接