《新常用汉字表》中难写汉字的研究毕业论文_日语毕业论文

《新常用汉字表》中难写汉字的研究毕业论文

2021-04-03更新

摘 要

汉字在日本文化中占据着重要地位。从社会的角度来看,对汉字进行规范化,能够提高国民的语言能力和文化水平。

本文分为五个部分。第一部分陈述先行研究。第二部分说明汉字在日语中的地位,并介绍《新常用汉字表》。第三部分列举了《新常用汉字表》中的部分难写汉字。第四部分通过举例子的方式,解释难写汉字的使用场合和使用原因。第五部分分析现代日本人对于难写汉字的态度。

本文将在先行研究的基础上,进一步探讨这些比较难写汉字的使用场合及其原因,同时分析当代日本人对于这些较难写汉字的态度。总之,电脑、手机的普及使这些难写汉字的书写变得简单。因此,日本人使用这些难写的汉字是为了使文字看起来简洁,又或者为了追求创新与个性。

关键词:难写汉字;《常用汉字表》;《新常用汉字表》;态度

目  次

はじめに 1

1 先行研究 2

2 日本語における漢字 5

2.1 漢字が日本語での位置づけ 5

2.2 「新常用漢字表(仮称)」の発布 6

3 「新常用漢字表(仮称)」中の難書漢字 9

3.1 「難書漢字」の定義 9

3.2 難書漢字の読み方と意味 9

4 難書漢字の使用場面と使用原因 13

4.1 使用場面 13

4.2 使用原因 14

5 日本人が漢字に対する態度 17

5.1 昭和時代の人 17

5.2 平成時代の人 19

終わりに 21

参考文献 23

謝  辞 24

はじめに

漢字は日本文化の中で重要な地位を占めている。日中文化の交流では、漢字は中国文化の一部として日本に伝わった。日本語における漢字は数が多いのみならず、使い方と読み方も複雑である。社会の角度から見れば、漢字の使用を規範化することにより、国民の言語能力と文化水準を高めることができる。そのため、日本は1946年に「当用漢字表」を制定した。数回改正の後、1981年まで改めて「常用漢字表」を制定した。さらに日本政府は2010年に11月30日に「新常用漢字表(仮称)」を公表して、196個の常用漢字を増加した、そのうち難書漢字が少なくない。同時に5個使用頻度の高くない常用漢字を削除した。「新常用漢字表(仮称)」は2136字からなっている。これは日本が「常用漢字表」に対する初めての修正である。「新常用漢字表(仮称)」における難書漢字はどんな場所で使われる、及び使用の原因、すべて更に探求するなければならない。本文は先行研究の基に、更に難書漢字の使う場所と原因を探求して、同時に現代日本人がこれらの難書漢字についての態度を分析したい。

1 先行研究

日本では「新常用漢字表(仮称)」の研究に関する研究が多く存在している。日本の「常用漢字表」と「新常用漢字表(仮称)」の特徴を分析してから、どのように日本の学習者に対して中国語と漢字の教育問題を探求する。その中有名な研究は阿部慎太郎編纂する《日本人的汉字知识—从“常用汉字表” 到“新常用汉字表”》(2009)、それは新たに増加して漢字がたくさん使用の状況を並べる、それによって新たに増加して漢字の特徴を総括した。笹原宏之の「学術用語と漢字」(2010)は、「常用漢字表」と「新常用漢字表(仮称)」中の漢字の字体、書体、用法の一連の学術用語を列挙した、突っ込んでこれらの学術用語の漢字の規格の書き方を探求した。三枝令子は「常用漢字表の改定がもつ意味」(2012)の中で公用文、教育、ニュース、法律などの方面から、日本「新常用漢字表(仮称)」の改定意味を詳しく述べる。河内昭浩は「『常用漢字表』語例の検討」(2015)の中で重要度、日常度、文化度、教科書のレベル程度などの方面から、「常用漢字表」の語例を研究した。小板橋靖夫は「『常用漢字表』見直しの動き」(2008)の中では、多い方位の研究を経る、「新常用漢字表(仮称)」の中であるいはまだ現れていない常用漢字を統計する。その後、それを羅列する。日本社会の意味について漢字を分析し、「常用漢字表」の更に改正する期待に対して表現する。清野隆は「国語科教育の基礎学の構築」(2007)の中では、いくつか漢字に実行し、日本で国語教育中で漢字部分の教育問題について研究する。漢字の教育中で現れる各種問題を説明する。例えばどのように難書漢字を教育し、書写の機会を減らす情況中で、どのように漢字を教育する。

中国も「新常用漢字表(仮称)」の研究に関する研究が多く。例えば、燕山大学外国語学院の崔崟は《日本“新常用汉字表”带个我们的启示》(2010)の中で、重点的に日本文化と日本社会で漢字の地位と作用を論述し、日本は漢字改革の原因を明らかに述べる、「新常用漢字表(仮称)」の主要な特徴がと私たちの啓発にあげることを説明し、かつ漢字が今日の日本で依然として強大な生命力があると思う。もちろん、どのように漢字に対応することは、日本人の文化基礎を関係するの大きい問題だ。研究で日本「新常用漢字表(仮称)」の制定が社会発展の産物を表明する。その登場は日本人の社会生活に極めて大きい便利さを持ってきた。「常用漢字表」と比較し,「新常用漢字表(仮称)」の漢字は大幅に上昇し、情報化の急激に発展する今日で、もし、漢字の数量を制限するのは手書きの漢字時代の産物だと説明し、それでは、コンピュータで漢字を書くの今日、漢字に対して行うことを制限するかどうかとどのように漢字に対して行うことを制限することは必ず考慮しなければならない問題だ。同時に、「新常用漢字表(仮称)」にいくつか不足がある、日本は正式の漢字表を制定して探求する空間を残す。また例えば、湖北師範学院外国語学院の楊鋼は《从“ 新常用汉字表” 探析日本的汉字文化》(2015)の中で、日本の公布する「新常用漢字表(仮称)」を糸口として、漢字は日本の普及と伝播、漢字は日本語中の地位と作用、中国語の語彙に強大な生命力があるの原因、日本漢字改革の動向など問題を述べる、漢字改革と日中漢字の文化交流の提案に対して出す。徐暁琳は《的日语〈常用汉字表〉中同音字组分析》(2012)の中で1981年に日本国語審議会が公布する「常用漢字表」として対象を研究し、表中の日本語の常用漢字音読の同音字を9種類241チームに分ける。そしてこれらの読み方は我が国の中古時期の漢字の読み方と比較し、連絡を探し出す、対訳の規則を総括し、歴史の源を研究し、日本語の漢字の音読と中国語の音声の間の主要な差別と原因を分析する。

日本の「新常用漢字表(仮称)」を研究してそういう人はいくらでもいる。しかし、研究の相似性がとても大きい。多くはただ漢字自身の研究に滞在し、研究させられて出る少数の新しいイタリアがしかない、とても大きい研究の空間がある。本文は研究方法で積極的に書籍、ネットワークなど多元化の検索手段を借りた、多い方位に日本「新常用漢字表(仮称)」の難書漢字の使用を考察する。本文は「新常用漢字表(仮称)」の難書漢字の研究を通じて、人々に更に日本人が漢字に対する態度を理解させる。

2 日本語における漢字

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接