从日企的企业文化看其营销策略——以优衣库为例毕业论文_日语毕业论文

从日企的企业文化看其营销策略——以优衣库为例毕业论文

2021-04-03更新

摘 要

国内外对日本的企业文化以及日本迅销集团旗下的核心品牌优衣库的营销策略的研究历史悠久,且留下了许多研究成果。本文想以这些先行研究为参考,提出自己的观点。

首先研究日本企业文化的形成和特征,具体分析有哪些特征。然后分析优衣库的企业文化,重点围绕优衣库的企业精神和经营的基本理念。最后逐条分析优衣库的企业文化对其营销的影响。从优衣库的成功中可以看出优秀的企业文化对其营销的重要影响,帮助我们更好地理解日本文化的精神。

 关键词:企业文化;优衣库;营销策略;影响

 

目  次

はじめに 1

1 先行研究 2

2 日本企業文化 4

2.1 日本企業文化の形成 4

2.2 日本企業文化の特徴 4

2.2.1 独特の管理制度 4

2.2.2 人を基本にして、人材を育成する 6

2.2.3 チームの協力の精神と創造精神を重視する 6

2.2.4顧客利益に関心を持って、サービスの品質を強調する 8

3 ユニクロの企業文化 9

3.1 ユニクロの企業精神 9

3.2 ユニクロの経営の基本理念 9

4 ユニクロの企業文化のそのマーケティングに対する影響 11

4.1 人材を重視し、従業員に経営に参加してもらう 11

4.2技術を重視し、研究を続ける 12

4.3サービス第一、お客様第一 12

おわりに 14

参考文献 15

謝  辞 16

はじめに

 優秀な企業文化は企業の核心競争力を強化することができるだけではなくて、企業の持続的発展に貢献することもできる。それは企業の精神支柱だ。経済のグローバル化の急速な発展に従って、企業と企業間の競争はだんだん企業文化の競争として表れる。多くの資源の大国に比べて、日本の資源は欠乏して、自然災害が頻繁で、第二次世界戦争後で経済は急速に発展して、世界第二経済強国になる。たくさんの世界の有名なグローバル企業が現れた、例えばユニクロ、ソニー、松下など。これらの業績と日本の企業文化はとても深い関係がある。

 ユニクロは日本の服装ブランドで、前身は1949年3月の開業した山口県の個人企業で、1963年5月に株式会社に変更して、元の名前は小郡商事株式会社で、1991年にファーストリテイリングに変更した。ユニクロは理事長兼社長の柳井正を担当していて日本初めてスーパーマーケット式の服装の販売方式を導入していて、ユニクロはスーパーマーケット型のショッピングの方法を採用して、合理的で信頼性の価格で顧客の望む商品を提供する。

 2002年ユニクロは正式に中国市場に入って、上海で第1社の店鋪を開設した。位置を測定する偏差のため、当時の発展は順調ではなかった。その後の成功は2006年に中国区総裁の潘宁はユニクロブランドのポジショニングを調整した。2013年に上海で最大で最新の全世界のフラッグシップショップを創立した。2016年に店鋪の72社を新しく開いて、中国市場の店鋪の総計は500社を突破した。ユニクロは商品の品質を保証する同時に、価格を相応する調整に行って、中国市場で巨大な成功を収める。

 ユニクロは日本と世界の多くの国で大きな成功を収めて、中国でのマーケティング戦略はどうして成功を勝ち取って、その企業精神と切っても切れない関係がある。本文は重点的に企業文化がマーケティング戦略に対する影響を研究している。

1 先行研究

 日本の企業文化は西方の科学文化と東方の儒学文化を融合させ、実用主義の特徴を形成して、そして企業の発展中で巨大な効果を発揮した。その中、またユニクロの企業文化でとりわけ著しい。中日両国では、日本の企業文化に関する研究が多く行われた。例えば、中国では、

 『日本の企業文化の根源と特徴』の中で謝暁菲、趙欣如は「第一、儒家思想の中で、「仁」を核心のイデオロギーにして、次第に日本の企業文化の中までに溶け込んで、人間本位、仁愛、調和、団結などの思想は日本の企業文化の中で重要な効果を発揮していて、その中のチーム思想は儒家思想の集中する体現だ。第二、仏教の中で主要な含まれている「経世済衆」「敬虔感謝」などの宗教思想、このような非凡な精神は日本の従業員個人の物質の生活する需要ために仕事と感じるだけではなくて、更に多くのは精神の上の満足、更に企業が社会、国家に対して甚だしきに至ってはすべての人類の責任を強調して、日本企業の社員たちに奉献精神を発揮して極致に着いたと言う。第三、武士道精神の影響で、日本の従業員はずっと会社の利益を第1位に置いて、上司で忠誠を尽くして、会社で忠誠を尽くす。この「忠誠」も日本企業の中の終身雇用制を実現した。」[1]と分析した。

 そして、『ユニクロの中国投資と顧客満足の市場戦略』の中で李耀清は「

ユニクロの所属のファーストリテイリング会社の企業文化の中で、顧客が対応する市場の戦略を満足させるのは最も重要な内容で、その事業の成功の最も主要な原因だ。ユニクロの企業文化は価格、品質、設計のなど方面の市場の戦略を貫徹するのを求める。顧客の消費する観点から見に来て、最も直接な二つ大きい原因は価格と品質。」[2]と分析した。

 一方で、日本で、企業文化の関わり合いについて、研究も多くある。例えば、『現代日本の企業(入門)』の中で上田達三は「企業と労働者の間で、「日本型雇用慣行」が存在することであり、終身雇用、企業組合、年功型賃金の三つがその代表である。日本の代表的な企業では、終身雇用のもとに、労働者は新規学卒者として採用され、基本的には定年まで雇用が保障されていた。年功序列制のもとに、年齢、勤続年数を加えるにしたがって、昇進、昇給がある。そして、職場、職種の異動を重ねつつ、OJTによって職務遂行能力が形成されていく。労働者の側もこうした長期雇用、年功賃金を前提に生活設計を行っている。」[3]と述べている。これらの先行研究により、大いに啓発された。

 本論文は、日本企業文化の起源と特徴を紹介し、企業文化がマーケティング戦略に対する影響を分析することに重点を置くことを試みたい。本論文を通して、過去の不足な知識を補充し、また新たなものを身に付けるつもりである。今後の勉強に役立つと考える。

2 日本企業文化

 日本は第二次世界大戦後急激に上昇し、発展して世界第二経済強国になって、これと独自の特色を持つ企業文化はとても大きい関係がある。日本の企業文化の形成と特徴を理解して、そのマーケティングに対する影響を分析して、我が国の企業文化を建設するのに対して現実的な意味がある。

 日本企業は功利主義の方法で、欧米の文化と中国の儒家の文化の精華を吸収して、人間本位、チーム意識、集団主義を特徴である日本の精神として形成し、および終身雇用制、年功序列制を特徴とする企業制度を作成した、それによって日本の奇跡を創造した。

 2.1 日本企業文化の形成

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接