分析近现代日本的教育改革毕业论文_日语毕业论文

分析近现代日本的教育改革毕业论文

2021-04-03更新

摘 要

  时至今日,日本已成为世界上经济最发达的国家之一、它仅用了五十年时间走过了美国二百多年的路程。为什么日本能够创造出如此令人惊叹的奇迹?我们说、其中重要原因之一是得益于始终把教育作为实现国家战略目标的重要一环放在主要位置。而在不同时期的教育改革中、始终围绕着国家的战略目标不断更新其内容、从而有效地推动国家的进步。

  日本重大的、带根本性的教育改革有三次:第一次是明治维新时期的教育改革、第二次是第二次世界大战结束后的教育改革、第三次是20世纪90年代开始实施的面向21世纪的教育改革。通过对这三次改革的分析、能够帮助我们进一步了解日本。

关键词:教育;国家;改革;进步

目  次

はじめに 1

1 近代教育改革内容 3

1.1 明治維新 3

1.2 戦后改革 5

1.3 新時代改革 7

2 近代教育改革成果と影響 9

2.1 明治維新 9

2.2 戦后改革 10

2.3 新時代改革 11

3 日本の教育現状 12

3.1日本全国的な学力調査 12

3.2 未来を向けての教育改革 14

おわりに 15

参考文献 16

謝  辞 17

はじめに

 小林哲也『日本の教育』の中にこのような言葉書いている、「日本の成功と繁栄に、いま世界から驚くの目が注がれている。一部にはJapan as No.1という声から聞かれる。明治以来、日本は欧米先進国が開拓し、踏みわけた道を従って、近代化を急いできた。そして、そのアップの過程はまことに速やかであった。しかも、資源小国日本は、その後もまことに厳しい諸条件の下で、なお、社会の力を失うことなく、着実な成長と発展を続けている。」[1]明治維新期の教育改革は、日本の近代化に向かう過程中重要な効果を発揮している。以前の教育改革は古い封建的な教育へ資本主義の教育に改造し、日本の資本主義経済や教育事業の発展、及び民族文化のレベルと素質の向上を促進する作用がある。

戦後、日本は資源が乏しい国にとって、発展するために科学技術を力に入って、加工産業を拡大しなければならないと日本人が戦後から意識し始まった。科学技術を向上させて、加工産業を拡大するために、国民の文化技術や科学レベルを高めるのが必要だ。『戦后日本教育史料集成』の中に「八〇年代は、内外ともに、新しい未来を模索するうえでの大きな転換期として位置づけられる。それは一言にしていえば欧米に先例を求め、これに追いつこうとした時代から、自らが人類の先頭に立って主体的な行動をとるべき時代への転換である。」[2]とかいている。

 これまで、欧米の技術や社会制度の導入、既存の世界秩序の便益享受のためにわが國の適応能力は遺憾なく発揮されてきた。その背景には、欧米へのキャッチアップという国家目標に対するコンセンサス、社会的モビリティの高さ、欧米に比し平準化した所得水準や安定した労使関係等があったが、より基本的には国民の平均的な教育水準の高さに支えられた活力があった。

 細井 克彦の文章には、[現代日本の教育政策においては、科学技術創造立国、教育立国として国家戦略として教育の重要性を位置づけ、生涯学習や高度専門教育の拡大、構造改革における教育特区の認定、専門職大学院の設置、高等教育の国際的研究力の向上などの諸施政が採られている。」[3]と述べている。

 本論文はまず近代教育改革内容、近代教育改革成果と影響、今日本の教育という三つの種類に細かく分けて、教育改革内容から出発して、教育改革成果や影響と結びながら、日本教育改革の動向を把握することを試みたい。本論文を通して過去の不足な知識を補充し、又新たなものを身に付けるつもりである。今後の勉強に役立つのではないだろうかと思う。

  

1 近代教育改革内容

 教育改革は改革中に重要な事項である。文化や知識が低水準の民族、後進国家は、おしなべて近代社会に入りにくいので、教育は人民の持つ文化と知識の啓蒙、開化を促進することができる。同時に教育は人材を育つの巨大な事業であり、近代教育を離れて、日本に欧米先進資本主義国家のような「文明開化」を実現させることはあり得ない。

1.1 明治維新

 日本の近現代教育は明治維新後に開始された。これ以前、日本の古代中世の教育は大化改新期の教育、奈良平安時代の教育、鎌倉時代~戦国時代の教育、江戸時代の教育を経験し、儒学と仏教を背景として学校が相当な程度に発展した。17世紀初め~19世紀中葉の学校は、主に武士階層の藩校と平民のための寺子屋である。その他に、民間の私塾と西洋文化に学ぶ蘭学も発展しまった。明治維新以前、日本国内には読み書きの能力を獲得した男子が40%で、女子が10%であった。

 これにより、明治維新以後の教育が発展するため一定な基礎を打ち立てた。

明治維新期の教育改革は、日本の近代化に向かう過程中の全局面を左右するな効果を発揮している。今回の教育改革は古い封建的な教育へ資本主義の教育に改造し、日本の資本主義経済や教育事業の発展、及び民族文化のレベルと素質の向上を促進する作用がある。日本の近代教育の発展にも消すことができない影響を持っている。

1.1.1 小学校教育の普及に力を入れて

1868年明治時代から、1871年に文部省が設立された、1872年9月、文部省は最初の目的な、計画的な教育改革のファイル—一学制を公布した。学制は日本最初の近代学校制度に関する基本法令。学制は全国を大学区,中学区,小学区に区分し,学区制によって小学校,中学校,大学校を設置することとしている:全国で8つの大学区に分けて、各区が大学1所を設けて;毎大学区で32中学区に分けて、その中で中学校1つに設けて;毎中学区で210小学区に分けて、その中で小学校1所を設けます。各大学本部で督学局を施設した、大区各学校に対して督促し、検査し、そして改善案を検討する。政府が「六歳以上の子供は、小学校を読み終わってはならない。女子と男子は同じ教育権利がある。」と定めた。女子入学を断っての親は、相応の処罰を受ける。

[4]

1.明治時代義務教育進学率

 明治維新時に小学校の教育は少年の知育発展を極端な重視し、西洋近代文化思想を重点的に注ぎ込んで、初歩の科学技術知識を教えた。当時に小学校の課程科目が多く、内容もかなり深い。毎週の授業時間で、国語、算数、地理、歴史など合計93パーセントに占めて、修身は7パーセントに占めた。(修身っては西洋の民主自由思想を基礎として、日本精神と儒家道徳思想に加えたの授業。)

1.1.2 重点大学を創立し、高いレベル人材の育成することを重視する

 高級経営者と科学技術人材を迅速に育成できるために、明治政府は重点大学の建設のことは主要な位置を持った。『学制令』は公布以前、1869年6月、明治政府は儒学を教授の昌平学問所を「大学校」に改めた、同じ年12月、「大学」を改めた。1877年、開成所が変えたの開成学校と医学所が変えたの医学校が合併した、東京大学が成立しました。1886年東京大学は東京帝国大学に改名した、大学院と分科大学二つの部分に分かた。大学院は主に学術と科学の研究に従事している、分科大学は主に知識の伝授に従事している、基礎科学と応用科学人材を育成された。

1918年に『大学令』を発表以来、大学校はそくぞくと発展する、帝国大学は5所に増加した、大学教育の重点になる。1918年以前に各種短大学校が118所、1926年までに258所に増えた、18年間140所に増加した。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接