中日“鬼”文化的比较研究毕业论文_日语毕业论文

中日“鬼”文化的比较研究毕业论文

2021-04-03更新

摘 要

在许多日本的传说、书记以及电视中可以发现日本的鬼文化和中国的鬼文化有相当大的一部分是很相似的,如日本百鬼夜行中的一目五先生,姑获鸟,天狗等都能在中国古籍中找到记载。同时,据考证得知,日本的“鬼”有百分之八十以上都来自中国。但是之后日本和中国鬼的形象却又有很大的不同,如日本的鬼大都是吃人害人的形象,但中国的鬼到秦汉时期就既有人的形象的,也有动物特征十足的,并且都有自己的性格,或报恩或复仇。本文尝试通过分析中日书籍、电影、传说中的鬼的形象以及代表的意义来,来分析中日两国“鬼”文化的异同,并进一步探究中国鬼文化对日本鬼文化的影响,以及两者各自的发展差异,以及产生差异的原因。实际上两国鬼文化的产生和发展都和本国文化以及宗教的影响都有很深的关系,但其实不管是妖魔鬼怪还是灵魂都是人们想象出来的鬼,只有正确地看待它才能把鬼文化好好地继承下去,随着社会和文化一起发展。

关键词:日本的鬼文化;中国的鬼文化;异同;产生和发展;继承

目 次

はじめに 1

1、中日における「鬼」の定義 2

1.1 中国における「鬼」の定義 2

1.2 日本における「鬼」の定義 2

2、中日における「鬼」の発展 4

2.1 中国における「鬼」の発展 4

2.2 日本における「鬼」の発展 4

2.3 中日における「鬼」の発展の異同 5

2.4 中日における「鬼」の発展の相違点が生じた原因 6

3、中日における「鬼」の異同 7

3.1 中日における「鬼」の共通点 7

3.2 中日における「鬼」の相違点 7

4、中日における「鬼」の相違点が生じた原因 10

4.1 社会発展の原因 10

4.2 宗教の原因 10

おわりに 13

参考文献 13

謝 辞 15

はじめに

古今東西から見て、鬼に関する観念は全社会の発展に伴って、中国と日本の「鬼」概念は古くから現れた。多くの書あるいは伝説の中から、中国と日本の鬼文化の大部分が似ているが、昔から今まで中日の鬼文化は類似点があるとともに、全く違うところも多い。

本論文は先に中国と日本が鬼に対する定義から着手して、鬼の定義に対する中日の差異を発見して、次に、中国と日本の鬼文化の発展をそれぞれ書いて、中国の鬼文化は人類の生産生活から生まれて、夏朝から鬼文化が次第に変転して、善悪で鬼を分化して、清朝まで鬼は基本的に人形が確認された。日本の鬼は上古時代から現れるが、日本文化は中国の影響を大きく受けて、日本の鬼はただ山の中に生存するしかないから、だんだんに人々の生活の中で現れて、次第に妖怪学から離れて、現代意義上の鬼になった。

中日の「鬼」文化の発展の異同から、日本古代の文化は中国伝統文化の影響を大きく受けて、日本の鬼イメージは中国の鬼と同じところが多いが、日本本土文化の影響及び日本の発展のため、日本の鬼文化は中国の鬼文化と違うところもますます多くなる。

最後は中日鬼の同じと違うところを描いて、各方面からもっと強力に実証して、中日の鬼文化発展の違う原因、例えば位置、宗教及び社会発展の原因など。最後に、各方面から中日鬼文化の異同を総括して、彼らの関係、中国鬼文化が日本鬼文化に対する影響を指して、中日鬼文化はお互いに影響するが、自分の特徴があって、それぞれをよく発展させるべき、文化を伝承させる。1、中日における「鬼」の定義

鬼の観念は中国や日本がすべて大昔に存在したの、これは仏教の因果応報、生死の巡回することの観念が原始の鬼神の観念を影響られる、想像することの物で。しかし、鬼の影響することはなかなか私達の生活と文化に入る。1.1 中国における「鬼」の定義

《辞源》[1]中で鬼を説明に対して:(1)迷信者は人の死後の魂が幽霊だと思う、(2)万物の精霊、;(3)賢い、狡猾だ;(4)星座名;(7)国名。

《辞海》[2]と鬼説明が(1)迷信者は人が死んた、精霊は消えないでと思った、幽霊を称する;(2)万物の精霊を指する;(3)人の心の陰険さを指する;(4)悪い興味がある人で、同じく人に対して軽視する呼び方を表する;(5)機敏だ;(6)親人の呼び方を表する;(7)星座名 1.2 日本における「鬼」の定義

日本の《大辞泉》[3]は日本の鬼説明について:(1)仏教に基づいて、想像の中の怪物で、人の形がいる、頭は長い角に生じている、口は両側に横にゆがめる、鋭い歯があって、腰の上で動物の皮のスカートを囲んで、性格が残虐で、手は棒を握って、普通は地獄の中で赤い鬼、青い鬼に住んでいると思う。(2)勇猛な人、冷酷非情な人(3)隠れんぼ(謎かけ)をするゲームの中で人を捕える人を担当する。(4)家の徽の名前。(5)目は見えないで、超自然的な存在、死人の魂、精霊、人の妖怪がいる。(6)食物を試みてひどい人がいるかどうか。

高平鳴海《幽霊》の中でこんなように定義:“人所の備えない力を備えて、人々に恐れさせのでことがあるもの、これは鬼の最も基本条件だ。そして、容貌、性格の上がってくる定義から、頭が角を生じいて、手足の模様が異になる、略奪して、暴行を実施して、人をのろって、人を食べる。これら鬼伝承する中で、人に退かれて治療することができて、あるいは神の力に助けを借りて伏せるのを加減して、最後に壊滅する。制圧させられてあるいは制圧する必要はないことはできなくて、時には鬼神と称するに尊びあがめられる”。2、中日における「鬼」の発展2.1 中国における「鬼」の発展

中国の鬼文化は人間の生活に起源して、人間社会の文化が進歩的で発展するのに従いる。自身の知っている制限のため人々を向こうへ行って、ちょうどまたにぎやかに談笑する人が瞬間に冷たい死体になる、怖いと思う、そこで想像する出る幽霊思う支配する人の生・老・病・死、鬼認識に対して更に神秘的で恐ろしくなる、ここから発生した鬼の崇拝とに対して恐れる。

夏朝から人々が善悪観念を形成して、鬼も分化し始めて、よい事をする鬼は神になって、いつも人々に災難をもたらす鬼は悪鬼になって、この観点は段々に固定して、鬼が小憎らしい対象になった。商代になって鬼は巨大な変化を発生して、更に「宗廟」と「祖先の祭り」の形式で中国数千年の社会と文化に大きな影響を与えて、それから、祖先鬼は「帝」あるいは「上帝」と呼ばれて、全ての国事は必ず「帝」の指示を仰いでからでないと決定するわけにはいかない。周朝から祖先の祭は国家の祭祀活動になって、祖先の祭りを管理する役人を設立して、統治者は鬼神を通じて人民を麻痺して、自分の統治を維持する。本当の中国鬼文化は前秦時代に現れて、最初の人々が口伝えの方式で

ゆっくり伝播して、文字の発展につれて、鬼文化も発展してきて、文学作品の中で最古の記載がある。前秦、春秋戦国時期の多くの文献の中に鬼の記述がある。この時期に自然鬼と人形のような鬼が現れた。そして、魏晋南北朝時期に、仏教と道教が広く盛行していて、鬼文化はこの時に宗教の影響を受けて、輪廻彼岸の認識、ある人が死んだ後に、鬼になって、冥界にも鬼があるなど。唐宋時期に、社会環境は穏やかで、経済もかつてない繁栄で発展して、文学作品の中の鬼も段々に人形に転している。明朝時期になって、神鬼小説も流行し始めて、清朝になって、この類の作品の多くは鬼を借りて人間の真善美を褒めて、この時期の鬼も基本的に人形に安定する。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接