日本动漫中的“物哀”思想毕业论文_日语毕业论文

日本动漫中的“物哀”思想毕业论文

2021-04-03更新

摘 要

中文摘要

当前,中国动漫产业与其他国家动漫产业相比还处于发展阶段。物哀文化包含对自然万物和世间人情的共感,其作为一种独特的价值观与我们的固有理念又有所不同。作为日本民族传统文化的审美追求,在日本的长远历史文化中有久远的历史。这个独特的审美意识形成了独特的民族环境和人文环境。它根植于日本人行为模式和思考方式的方方面面。

本文从整体视点出发,对日本动漫中物哀美学进行研究。文章分为从物哀的解释、动画中物哀的体现以及物哀在动画中的发展。本文系统论述了日本物哀情节的形成和发展,以及物哀文化在日本文化中的体现。结合具有代表性的经典动画解读,揭示日本动漫中物哀美学的特殊审美意蕴,最后结合日本动漫的发展历程,分析以物哀美学为主的审美基调在日本动漫史上萌生,发展,成熟的过程。

关键词:物哀;日本动漫;日本传统文化;民族审美

目 次

はじめに 2

  1. 先行研究 4
  2. 「物哀れ」について 6
    1. 「物哀れ」とは 6
    2. 「物哀れ」の形成と原因 7
  3. アニメ·漫画の中の「物哀れ」の表れ 9
    1. 場所の設定 9
    2. キャラクターの設定 10
    3. 感情の表し方 11
  4. アニメ·漫画の物哀れの発展 15

おわりに 17

参考文献 18

謝辞 19

はじめに

今、中国のアニメとほかの国のアニメと比べると、まだ発展の初段階にあると言われている。文化創意産業の一つとして、中国アニメはだんだん重視されている。日本は古代から自国の独特な審美意識で世界に知られている。もののあはれは日本民族の重要な審美意識で、日本文化の各方面にしみ込み、深い影響を及ぼした。歴史の角度からもののあはれの形成した原因を探ることは、全面的に日本文化を理解することに重要な役割を果たすことだけではなく、中日文化の交流にとって、かなり意義をもっていることである。日本民族伝統審美追求として、日本の長い文化歴史の中で、久遠な歴史がある。この審美意識の形成は独特な民族環境と人文環境がある。日本人の行動模式と考え方式で、日本の物の哀れも体現する。

「物の哀れ」というのは、人生の機微やはかなさなどに触れた時に感ずる、しみじみとした情趣。日本の音楽が単調なリズム、舞踊が緩やかな動作、寺院が素朴な様子、画が派手な色彩を避ける…どうしてこうなったのかといえば、これらは全部日本人の「物の哀れ」の美意識からなるのである。

「物の哀れ」は長い期間をかけて、「あはれ」から発展したのである。「あはれ」を「物の哀れ」に発展し、内容も豊富にし、賛美、親愛、共鳴、同情、可憐、悲傷などの内容を表す。また、感動の対象も人と物の限界を超え、社会世相まで拡大した 。

本論では、整体の視点から、日本アニメの物の哀れ美学を研究する。日本物の哀れのコンプレックスの形成、発展と日本文化にの体現を論述する。代表的なアニメ解読を合わせて、日本アニメの中で独特な審美意識を取り出したい。最後は、日本アニメの発展経過を合わせて、アニメの中で物の哀れの発展経過

を分析するつもりである。

1 先行研究

今、アニメについての理論研究はだいたいアニメ本体、アニメ商業性研究、アニメ映画評価及びアニメ映画発行と製造などの技術層の総合研究である。国内アニメの理論研究だいたいアニメの歴史、アニメ産業の発展現状に集中する。世界アニメ映画美学、アニメ映画スタイル、アニメの創意など、アニメの中で体現する民族性の研究はまだ少ない。日本文化に関する外国の研究は主にアメリカ作家 Ruth Benedict の『The Chrysanthemum and the Sword』(2001)、この本は客観的の角度で日本人の性格を分析し、すなわち日本人が戦後急速に発展したの原因。今道有信の『東方の美学』(1991)は日本の自然、地理、人文、風俗などの方面から、日本文学中の物の哀れ美学を解読する。高橋敷が外国で作成した『醜い日本人』(2008)は日本病院の角度から日本文化を審視する。本課題の研究に対する巨大な価値がある。

国内で物の哀れに関するの研究もある。たとえば、叶渭渠と唐月梅の《物哀与幽玄——日本人的美意识》(2002)、張婉婉の《日本人の審美意識――もののあはれの形成した原因への探り(日本人的审美意识——物哀形成的原因)》(2011)、廖枫模の《日本民族的传统审美意识》(1993)、尤忠民の《日本文学中的传统美学理念——物哀》(2004)、周建萍の《物哀与幽玄》(2004)など、この人たちは物の哀れ美学の独特に対する研究した、本課題には参考するの価値があり、でもアニメ中の物の哀れ美学は関わらない。周来の《日本动画片中的物哀思想与死亡赞歌》(2011)、寒漪の《日本动画病态审美揭橥》(2007)、胡媛媛の《日本动画艺术中的物哀美与妖之惑》(2012)この三つの文章は日本アニメ審美総体追求について、まだ研究が足りない。

以上の先行研究では研究方法が豊富だが、いずれもただ日本物の哀れ美学、アニメ中の物の哀れ美学に分析して、深い分析はしてない。日本アニメは世界で歓迎させるの原因、日本独特な審美と関わらなくて、アニメ中の物の哀れを分析しては必要である。

2 「物哀れ」について

「物哀れ」とは

日本は古代から自国の独特な審美意識で世界に知られている。古代の神話、歴史の伝説、歌謡などの口文学と8世紀以来の『古事記』、『日本書紀』、『万葉集』などの作品を通して、「誠」と「哀」という美意識が芽生えることが発見された。中世の『源氏物語』などの物語文学の発展によって、だんだん「哀」を中心とする「物の哀れ」を形成する。近世の茶道、俳諧の領域に、幽玄を中心とする侘びと風雅を中心とする寂びを形成する。「物の哀れ」、「侘び」、「寂び」は現代日本人の審美意識の主体になる。

「物の哀れ」とは、平安時代の王朝文学を知る上で重要な文学的・美的理念の一つである。折に触れ、目に見、耳に聞くものごとに触発されて生ずる、しみじみとした情趣や哀愁である。日常からかけ離れた物事(=もの)に出会 った時に生ずる、心の底から「ああ(=あはれ)」と思う何とも言いがたい感情。 語源学の角度から「哀」の語源を考察して、日本の文献によって、古代

の日本では、「あはれ」は「あー」と「はれ」という二つの感動詞からなって、楽しい・興奮・激動・怒る・哀愁・悲傷・驚くなどの複雑な情緒と感情を表す感動詞である。古代の日本は漢字がなく、中国の漢字が輸入されてから、日本人は漢字の「哀」で「あはれ」を表現したが、「哀」の本来の意味と日本語の「あはれ」の意味は不一致である。1そして、本居宣長は『紫文要領』の中で、「もののあはれ」という概念を使って『源氏物語』を未曾有に分析した。中世に入ってから、この物語は人を儒仏の道に導く教戒の本であるとする説が起こり、

1 张婉婉,《日本人の審美意識――もののあれの形成した原因への探り》[D],西安外国语大学,2011

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接