浅谈《红楼梦》在日本的传播与发展毕业论文_日语毕业论文

浅谈《红楼梦》在日本的传播与发展毕业论文

2021-04-03更新

摘 要

《红楼梦》是我国的古典文学巨著,并在清朝传到日本。此后,《红楼梦》在日本被多次翻译后出版,并被诸多学者所研究,在日本也取得了独特的发展。

本论文中,笔者就中国文学进入日本的情况作了介绍,以此表现出《红楼梦》传入日本的背景,并整理了《红楼梦》的主要日译本。对于日本“红学”研究方面,本文在中日学者的先行研究的基础上,介绍了主要的日本“红学”家,并整理了日本学者有关《红楼梦》的著作。随后本文以《红楼梦杀人事件》小说为中心,对《红楼梦》在日本变容过程进行了考察。。

文章最后,笔者根据《红楼梦》在日本的受容、变容以及日本“红学”的发展研究状况,总结出《红楼梦》对日传播和发展的两大特点:一是传播起步早,研究持续时间长。一是“红学”研究面宽,注重考据,重视资料搜集和研究。

关键词:红楼梦,日译本,受容,变容

目  次

はじめに

1 『紅楼夢』の日本における伝播

1.1 中国文学の輸入

1.2 『紅楼夢』の輸入

2 日本での発展

2.1 『紅楼夢』の受容

2.2 『紅楼夢』に対する研究

2.3 日本での変容

3 日本における『紅楼夢』の伝播と研究の特徴

3.1 動き出すことが早く、持続期間が長い

3.2 研究範囲が広く、考証と資料を重視する

おわりに

参考文献

謝  辞

はじめに

中国と日本は一衣帯水の隣国であり、長い友好交流の歴史がある。日本で中国文学がよく注目されて、漢学者たくさんいる。その中で、中国四大名著の『紅楼夢』は日本に伝わったあと、独特な発展を遂げている。

『紅楼夢』は1793年に船に乗って長崎港を経由して日本に伝わり、今までもう二百以上になっている。その間、『紅楼夢』が日本学者に絶えず翻訳され、注釈され、論評されている。

日本で『紅楼夢』の研究状況について、孙玉明(2006)は1793年から2000年までの日本の『紅楼夢』の研究の歴史を「研究の下準備と確立」、「漢学の変更時の研究」、「学術停滞時の研究」、「日本漢学回復時の研究」と「中国で隆盛期の研究」の五つの階段に分けて、まとめている。中日両国学者の研究を踏まえて、本文は二つ方面から紹介する。まず、主な『紅楼夢』の研究者は大河内辉声、森槐南、大高岩、伊藤漱平を具体的に紹介する。そのほか、本文は日本研究者の部分的な著作を整理してみたい。

本稿は、これまでの研究を踏まえて、まず『紅楼夢』の輸入過程を考察し、つぎに『紅楼夢』が日本に入った後の各日訳本、日本学者の研究著作、『紅楼夢』の影響を受けたの創作などをまとめ、それによって『紅楼夢』の日本におけるの伝播と発展の状況を考察し、それを通して、『紅楼夢』の伝播と発展の特徴をまとめてみたい。

本文の研究を通して、日本人の『紅楼夢』への理解を認識し、今後の中日間の『紅楼夢』に関する交流の促進に役立ちたいと思う。

1 『紅楼夢』の日本における伝播

乾隆五十八年(1793)、『紅楼夢』は南京の船に乗って、長崎港を経由して日本に至る。[1]これから、『紅楼夢』は日本での生涯が始まった。

1.1 中国文学の輸入

日本はたくさんの山や港湾などがある。アジア大陸の東側に南北3500kmにわたって、弧状列島に位置している島国である。日本は海を隔てて、中国と向い合う。中国と日本は「一衣帯水」の隣国であり、両国は友だちとして付き合って、長い歴史がある。中日両国の歴史書の記載について、両国の国民は友だちとして付き合うことがもう二千あまり年である。中日両国の国民は二千あまり年にわたる行き来の中で、お互いに勉強していて、長足の進歩をとげた。中日両国は深い義理人情に縛られた。

遠い昔、中国の先史時代(夏代の前)から中日両国の交流が始まった。しかし、文化交流について言えば、周秦時代から最初の交流が始まった。歴史書に基づいて、周代の末期と漢朝の初期で、日本人は中国の文化を接触した。戦国時代で、日本人はもう中国の東北、古い燕国の人と行き来していた。その時、中日両国はいつも天然の橋かのような朝鮮半島を通じて交流をしていた。秦代の時代で、徐福は始皇帝の命を受け、東海上の三神山へ不老不死の仙薬を求めるの伝説がある。今まで、また中国と日本で伝わている。この伝説を課題とするの学者もいって、これは秦代時に日本への移民がいることを表現した。

公元284年(日本の応神天皇15年)、王仁は百済から中国へ来て、『論語』と『千字文』を贈ることがあった。これはその時に漢字がもう日本人に使用されることを表現した。隋唐時代には、中日の交流は高揚期になった。歴史書に基づいて、公元630年から公元834年まで二百年がある。この間に、日本の遣唐使は中国へ来ることには十九回があった。さらに、たくさんの留学生は中国へ留学して、中国に長期滞在は二三十年があった。それで、さまざまな漢籍が持たられた。留学生は中国へ留学すると同時に、たくさんの日本の学問僧、請益生、請益僧などが中国へ来て、数量は留学生の数量を超えった。特に、儒学が日本に入って、中国の文化は日本の思想文化や政治や経済などに巨大な影響をした。公元645年(唐代貞観二十年)に、日本は大化の改新を実行した。この改新は日本の官制と政府の組織機構と古代の重要な書物や文献が漢文化に影響された。

奈良時代になって、漢文によく知っていることを踏まえて、日本の貴族の中で日本の漢文学を形成した。公元751年、日本で現存最古の漢詩集——『懐風藻』が完成されて、『懐風藻』は中国の古体詩を模倣するの64人の作品、漢詩約120編をほぼ時代順に収録。漢詩はたくさんの五言絶句で、中国の古体詩と初唐詩の影響が著しい。

平安時代になって、三つの漢詩文集は『凌雲集』、『文化秀麗集』、『経国集』を編成した。収められるの詩は唐詩の影響が大きい。公元九世紀の二十年代から四十年代まで、中国から伝えられた、唐代の有名な詩人と言られた白居易の『白氏文集』は日本の詩風に変えさせた。巨大な影響をした。

漢詩だけでなく、中国文化の影響で、漢詩文が盛んにつくられていたことも、貴族たちの創作意識を高めたようである。それから、漢詩すなわち「からうた」に対する日本の歌つまり「やまとうた」の意の和歌は発生した。日本で現存する日本最古の歌集——『万葉集』[2]は歌を集大成した。漢字によって日本語を表記する「万葉仮名」。漢字本来の意味を離れ、字音や字訓を借用した表記法。記紀にも使われていたが、『万葉集』において特に用法が発達したので、「万葉仮名」と呼ばれている。

平安時代に有名な長編小説『源氏物語』は成立した。中国の人はこの小説に十分に詳しい。さらに、この小説は中国の『文選』、『元稹詩集』、『遊仙窟』、『長恨歌』などの作品に影響された。特に、白居易の『長恨歌』は『源氏物語』の創作に重要な影響がある。

日本の江戸時代になって、たくさんの中国小説は日本に入って、日本の文学に詩歌から小説の創作時代を変えさせた。唐代と宋代の後で、中日の交流は海路を中心にした。明朝と清朝になって、中日の海上貿易の発展に従って、たくさんの中国の大衆向きの小説は海路を通じて日本に入って、日本語を翻訳された。例えば、『剪燈新話』、『三国志演義』、『水滸伝』、『三言二拍』、『西遊記』、『金瓶梅』、『儒林外史』、『平妖伝』などである。小説はびっくりするような数量があった。そのほか、『三国志演義』や『水滸伝』などが日本人の熱烈な歓迎を受けて、内容を吸収されて、江戸時代の流行の作品を改編された。岡島冠山(1674年——1728年)は中国の大衆向きの小説を日本人に紹介するの先駆者である。早くも1706年に、彼は『烈士伝』を翻訳して、京都で出版してしまった。その後、岡島冠山は『水滸伝』を翻訳して、この貴重な訳本は1757年まで京都で出版した。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接