浅析宫部美雪推理小说所反映的社会问题——从社会派视角出发毕业论文_日语毕业论文

浅析宫部美雪推理小说所反映的社会问题——从社会派视角出发毕业论文

2021-04-03更新

摘 要

中文摘要

宫部美雪作为日本社会派推理小说的代表作家,其推理作品常常能反映社会现实,其作品中描写社会问题时,宫部美雪带有女性特有温柔,对其笔下的人物充满了同情,同时也饱含了对社会的批判和反省。此外,由于其作品所写内容接近普通人的生活,给人以亲切感,所以受到读者的喜爱。

本文首先从日本的社会背景出发,考察日本的推理小说的出现与发展。对社会派推理小说的特点进行总结,从而对作为社会派推理的宫部美雪的推理小说的特点进行研究。最后,以宫部美雪的三本推理小说为研究对象,对于其中出现的’

“过度消费的债务问题”、“房贷与家庭关系”、“人心的丑恶”的三个社会问题进行研究,并对此出现的原因进行探讨。

关键词:宫部美雪,推理小说,社会派,社会问题

目 次

はじめに 1

  1. 日本の推理小説について 2
  2. 宮部みゆきと作品 3
    1. 宮部みゆきについて 3
    2. 宮部みゆきの推理小説作品 4
  3. 宮部みゆきと社会派推理 5
    1. 社会派推理小説の時代背景 5
    2. 社会派推理小説の発展 5
    3. 宮部みゆきの作品の特徴 7
  4. 宮部みゆきの推理小説と社会問題 9
    1. 過剰消費と債務問題 9
    2. 住宅ローンと家庭関係 13
    3. 人間の醜い心 16

おわりに 20

参考文献 21

謝 辞 23

はじめに

日本は文明開化以降、探偵という概念が西洋から輸入され、探偵小説も現れてきた。その後、推理小説がますます発展している。推理小説の中で、社会派は日本独自のサブジャンルであり、その特徴は事件そのもののほかに、事件の背景も綿密に描くことである。

宮部みゆきは社会派推理小説家の代表的な一人であり、日本で大きな人気を 呼んでいる。彼女の推理小説は社会派推理小説の特徴を引き継ぎ、表では案件 を描写しているように見えるが、内実では真実社会の中の様々な衝突を記録している。更に社会に対して詳しく分析することができ、その作品のテーマも大体日本社会で実際に発見した事件に基づくものである。

宮部みゆきに対する研究も少なくない。李迎春(2013)は宮部みゆきはその 小説の中で強烈な現実感に満ちることを考えている。この主要は彼女の書く方法で研究し、その小説は細部の真実感を重視し、登場人物の姿は代表性がある。

唐燕(2014)も宮部みゆきの小説を研究し、小説の主人公の経歴を通して、 間接的に社会問題を反映し、小説は普通の生活を近づけて、読者の共鳴を引き起こすと述べている

本稿は宮部みゆきの作品に対する分析を通して、社会派推理小説の視点から宮部の作品の特徴を見出し、また彼女の小説に書かれているいくつか社会問題を明らかにしようとする。最後に、それらの社会問題が起こる原因についてもすこし触れたいと思う。

1 日本の推理小説について

第二次世界大戦後、推理小説が欧米国家で新たな発展を迎えた。60、70 年代以来から日本でも流行るようになった。多くの読者が推理小説が好きなので、さまざまな新興の推理小説作家も現れた。その推理小説作家がそれぞれ流派に分けられるが、その中で日本の特色の推理流派—社会派が形成されている。社会派の推理小説の精神は「社会を批判、人間性を描く」というように説明せきる。社会派の推理小説の内容は普通の民衆の生活に近いため、社会の現実を反 映している。それゆえに、読者から共感を得ることもできる。

時代の発展とともに、推理小説の流派も発展を続けている。元の社会派の基礎にたって日本文壇でまた新しい推理流派—新社会派が現われる。新社会派は社会派の創作の特色を受け継ぎ、社会に対して詳しい分析を行うものであり、人間性に対する描写と分析も強化されている。社会構造の不条理と人性利己的な一面に触れて、人間性と獣性の複雑な関係を明らかになり、元の推理作家に比べてその作品が強い教育の意義を持っている。

2 宮部みゆきと作品

宮部みゆきについて

宮部みゆきは、日本の小説家である。1960 年 12 月 23 日、東京都江東区深川

のサラリーマン家庭に生まれた。小学校 2 年生で父親が買ってくれた『杜子春』

を 1 日で読んだ。その後は移動図書館でいろいろな本を借りで読んだ。父から、落語や講談の怪談噺を聞かされ育った。映画好きの母からはハリウッドの黄金期の映画を見た、例えば『恐怖の報酬』、『鳥』などの話を、ビデオがない時代なので、子供時代からずっと語りかけで聞いた。

そのあと、江東区立深川第四中学校を経て東京都立墨田川高等学校を卒業し た。卒業後、法律事務所に 5 年間勤務し、和文タイプライターのタイピストを担当したが、23 歳のとき、ワープロ購入をきっかけに小説を書き始める。昼は事務所で速記を務めて、夜は小説教室で文章作法を勉強した。宮部みゆきの創作の範囲が広いので、作品は推理小説、時代小説、ファンタジー小説としてほとんど分類されている。以前は小説を書く経験ことがないにもかかわらず、彼女の推理小説は多くの読者が好きである。1987 年にオール読物推理小説新人賞を受賞し、短編『我らが隣人の犯罪』でデビューした。2 年半かけて、『魔術はささやく』を書く、1989 年日本推理サスペンス大賞を受賞した。『龍は眠る』などの超能力を扱った作品が多かったが、1992 年に発表した『火車』は、クレジットカードローンによる多重債務問題を描き出し、山本周五郎賞を受賞した。

ミステリーではその後、『理由』で直木三十五賞、『模倣犯』で毎日出版文化賞、『名もなき毒』で吉川英治文学賞を受賞した。多くの日本の作家は、宮部みゆきは、松本清張と司馬遼太郎の衣鉢を受け継ぐことができると思う、「平

成国民作家」としてと考えされた。

宮部みゆきの推理小説作品

宮部みゆきの推理小説作品には、人の心に深く入り込む、社会の現実を反映している。80 年代後半、日本でバブル経済が現れ、バブル崩壊後に経済の大きな後退とともに、社会的な激動による様々な社会問題も出てきている。宮部みゆきは東京の弁護士事務所で働き、またガスの集金人として 2 年間務めた経験もあり、無数の事件とその背後の狐と狸の化かし合しことを傍観した。

1987 年、彼女のデビュー作『我らが隣人の犯罪』が発表され、5 つの短編小説からなり、面白くて温かい推理ストーリーである。当時の日本社会では、人間は緊張の仕事をした後、難しい作品を読むより気楽な読み物が好きなのであった。1989 年に発表した『魔術はささやく』で社会派推理小説の正道を歩くようになり、当時の社会の現実と社会問題を反映している。1991 年の『龍は眠る』は、二つ超能力を持つ少年と児童の行方不明事件から始まり、人々に責任についての思考を引き出すものである。1992 年の『火車』と同年の『長い長い殺人』はそれぞれバブル経済崩壊後の過度消費がもたらした社会問題とよっつの殺人事件の裏に潜んでいる真実を書いたものである。1996 年『蒲生邸事件』は史実と奇妙と推理の点を集める。その後、1998 年の『理由』や 2001 年『模倣者』、

『名もなき毒』など、宮部みゆきは現代社会を見直し、単なる推理小説の構図から抜けて、犯罪の理由を探すだけではなく、社会の「悪」、即ちこの社会がどのように、悪性事件を引き起こしたかについてよく書くようになっている。

宮部みゆきと社会派推理

社会派推理小説の時代背景

20 世紀 50 年代、世界国際情勢がかわり、日本もアメリカによって現代資本主義国家の育成を受けた。国内では「天皇迷信」が打倒され、国民の思想が大きく開放された。すると、すべての不利の要素を解決した後、日本は敗戦の影から飛び出し、全面的に経済建設を開始した。国内の政治情勢が日々安定するに伴って、政府の新たな経済政策の刺激を加えて、日本の経済が急速に発展している。各大企業の急速な奮い立ちとともに、社会変革も引き起こされた。ビジネス競争が日本社会の主要な矛盾をなり、巨大な利益の前に、人間性と道徳は腐食された。残酷な競争の中で、社会全体が上調子になる。日本社会の経済が急速に発展する同時に、国民の価値観も再構築された。社会の価値尺度の転 覆と再確立することで、人々は茫漠に陥らされた。全社会が強い競争情勢の圧力の下で、残酷で、混乱で、道徳が金銭に腐食されて、日本の伝統的な価値観がすべて解体されて、資本主義の利益原則が全社会の金科玉条となった。このような状況を、良識がある作家は見抜けるわけにないいかなかった。彼らは鋭い筆を使い、はでやかな社会の背後に混乱の社会問題を掘り下げた。それで、写実と批判の要求に伴って、社会派推理小説が生まれた。

社会派推理小説の発展

50 年代、社会派推理小説が日本で流行し始め、日本本土で発展の特殊な推理小説流派である。それは社会派文学の一つの重要な部分で、日本の現代文学の 重要な構成部分である。社会派はいつも解決の筋を置いて広い社会背景で展開

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接