日本人眼中的日本及日本人——以《丑陋的日本人》为中心毕业论文_日语毕业论文

日本人眼中的日本及日本人——以《丑陋的日本人》为中心毕业论文

2021-04-03更新

摘 要

本文以日本文化人类学家高桥敷的一部作品《丑陋的日本人》入手,对日本人的性格特点进行研究。《丑陋的日本人》一书以其独特的日本人的视角,客观的分析了日本人的性格,价值观,生活习惯等等。虽然这本书出版已久,但是日本人类文化学之父石田英一郎曾说过:“一个民族特性的变化需要数万年的时间。”所以这本书还是很有研究价值的。

从《丑陋的日本人》中可以看出,与西方人相比,日本人在文化、等级制度、教育及名誉观方面与西方有很大差别,也有着独特的处事方法与价值观。无论这些是否真的属于“丑陋”的范畴,深入了解日本人的这些特点可以使我们更加清楚地认识日本人及日本社会。

关键词:日本;日本人;丑陋性

目 次

はじめに 1

  1. 『みにくい日本人』について 3
    1. 高橋敷と『みにくい日本人』 3
    2. 「みにくさ」に対して 4
  2. 日本人と西洋人の対比 6
    1. 文化の違い 6
    2. 等級制度の違い 7
    3. 教育の違い 8
    4. 日本人の国家名誉 10
  3. 日本人の行動基準と価値観 15
    1. 日本人の行動基準 15
    2. 日本人の価値観 16

おわりに 17

参考文献 18

谢 辞 20

はじめに

今では、日本はよく礼儀正しいと言われ、世間の日本や日本人に対する評価もとても高い。日本は既に先進国の行列に身を置いた。社会文明から産業科学技術まで、人文素質から思想制度まで、沢山の面で日本の高度な文明の姿が現れている。しかし、今ではほぼ完璧に見える国でも、欠点や弊害がないわけでもない。日本人の中にも、国に弊害が存在しており、国家の欠点を熟視して改善を行う必要がある。そのためにまず日本の欠陥、つまり「日本人のみにくさ」に対する認識が欠かすことができないと思っている人がいた。日本教授の高橋敷の研究がその行為の一種の先行の発端である。

「みにくい」という形容詞は、自己評価の基本術語として、『みにくいアメリカ人』という本から生まれた。この本の中にアメリカの外交員の自大傲慢を十分に描かれ、アメリカ国務院にも真面目に研究され、「確実に思想を刺激した」

1となかなか良い本であると評価された。日本文化人類学者の高橋敷はアメリカ

人から啓発を受け、1970 年に『みにくい日本人』という本を発表した。彼は自分が南アフリカで過ごした八年間の生活経歴を元に、自国の日本人の様々な欠点とみにくい一面を描写した。つまり、この本を通して、日本人の目から日本及び日本人をどう見ているか、また日本人の自己評価及び自己反省を大体に把握することができる。

『みにくい日本人』に対する研究が多く、我が国でもいくつかある。唐尭

(1988)は『みにくい日本人』を『みにくい中国人』と比較し、自国を非難する点において、高橋が柏楊以上であり、他国民、他国民族に長所と見られる勤

勉、節約と真似上手さえ高橋に全くの欠点と見なされていると述べている。2 本稿は、『みにくい日本人』をめぐって、その中に書かれている日本および日

本人の短所をまとめ、今でまあまり知られていない日本人の一面を明らかにしようと思っている。

2 唐尧.两本书的比较[J].读书,1988

1 『みにくい日本人』について

高橋敷と『みにくい日本人』

『みにくい日本人』が高橋敷が 1970 年に発表した作品である。高橋敷は日本有名な文化人類学者であり、一九五九年から一九七零年までは南アメリカに科学研究と教学の仕事に従業した。異国に住んでいるから、彼は常に南アメリカで見たこと聞いたことを日本人のなすことと対照する。十数年の南アメリカ生活によって、多くのことに対して認識を深めることができた。最終的に『みにくい日本人』という本を完成した。作者は彼自身の実際の経験を筋にし、強烈な対比手法を使用し、日本人が思想観念、社交礼儀、衣食住行、性格品質、仕事態度などの面の弊害を書いた。全書は、四章に分けられている。それぞれ「島邦から抜け出す」、「日本人と世界交流の障碍」、「残酷と堪忍従順の歴史」、「風中のアシ」である。

『みにくい日本人』が日本国内に出版した時に大きな議論を起こした。当時この本を強く薦めた京都大学教授の会田雄次は「新たな発展を求める日本人に最も読む価値があって心に刻む文章である」と評価した3。各国には多少でもその民族欠陥がある。しかし、日本人のような堪忍できないほどの缺点は本当に珍しいである。日本のみにくさの一面は、日本の現在及び将来にも巨大な影響がある。

一方、「みにくい日本人」には本質的な分析はなく、現象を説明するだけでは説得力が不十分だと批判する人もいる。日本で留学或いは長く生活しているならば、外国人でもだれでも同じような経験があり、同じような本が書けるとい

3 高橋敷.みにくい日本人[M].古呉軒出版社,2008:序言

う評価がある。もちろん、1970 年代という時代では、このような文化の対比が見える人はそれほど多くなく、自分の視野を広げるのに有意義かもしれない。また、この本が当時、多くの非難を得られた原因は本の内容より過激なタイトルにあると推測する人もいる。『みにくい日本人』は日記の形式である日本人の南米での生活経験を記録する本であり、作者の視点から見たものを記録するのであるから、作者の主観的思想が込められることが避けられないと考える人もいる。

「みにくさ」に対して

『みにくい日本人』という本の第一節に、過去の歴史に日本民族が戦争罪に対する態度はドイツ民族と鮮明な対比を形成したと書いた。ドイツ人が第二次世界大戦に起こした罪に対してジューに正式な謝罪をしてジュー記念碑を建てた。それに対して、ある日本国民は八方手を尽くして自分の戦争侵略罪行を抹消する。日本人の本当の面目であるコンプレックスと怯弱はこのような事件に十分はっきり暴露されている。このような事件に、日本国民が自己反省に対する抵抗はその「みにくい」の裏の「みにくい」を反映していると作者がこう認識している。

1970 年に『みにくい日本人』を発表した後、日本民衆から狂暴な攻撃を受けた。民族主義の盛行であるかもしれないが、一部の民衆は高橋敷に非常に悪劣な態度を取っている。高橋はたくさんの非難を受け、数度名を隠したことがある。沢山の軽蔑及び罵詈が真正面からぶつかって来て、彼を息もできないくらい苦しめた。更にある日本学者はその「反省」に対して反省を行い、その知識缺乏、売名の手段を利用して公衆の注意を引くことを指摘した。灯を燃やして

死体をむちでたたくくらいに至ってなかったが、その言葉使いの厳しさは十分に人をわなわな震える。作者はその時から本当の姓名を人に隠すという悲劇な運命と対面する。朱大可教授はこのような状況を「鏡現象症候群」4と称する。その症状は、自分が批判性な鏡を見るときにその中のキャラクターに恐れていて、できる限りにその責任を鏡に推して、鏡の低劣を批判する。だから、とても鏡を壊したく、一切の真実文化影像を一掃したい。これは日本が 19 世紀以後に全国の集体性精神病症である。この病状は、「民族主義」と「愛国主義」の名で、一切自己治療の可能性を阻隔する。『みにくい日本人』が初めて出版されたときに、日本人に対する評論意見はいずれも許可されなく、日本人の権威に抵触したからである。

4 高橋敷.みにくい日本人[M].古呉軒出版社,2008:序言

日本人と西洋人の対比

文化の違い

日本人が西洋文明に接触する最初のときに、ほとんどの人がコンプレックスを感じた。彼は次のように述べた。「日本人の目の中に、西洋人はそんなに強くて、温和で、霊活である。意見を発表する際にまたリラクスして愉快ヒューマンである。西洋人が存分に洋酒を飲むことが好きで、分厚いステーキと丸ごとの焼き鳥を味わう。西洋人には人を驚かすくらいの食量と食欲があって、ある日本人民が普段食べない食物を全部食べきる。都市が処々に花が咲いている所に、恋人たちは旁若無人で抱き合いながらキスができる。このような状況、日本では足をかける場所もない。日本人が他国に何週間或いは何ヶ月間を住居した後、常に自分が外国人との距離を発見し、自分自身の不足を認識する。しかし、強大な「国粋」思想はまた彼らの頭に強く頑丈して、このような差異はすぐに忘れられ、あいかわらず昔のままである。彼らがちょっとくらいに外国の環境を詳しく知って、また西洋の美しい風景と壮大な建築を見直しする際に、なんともないとも感じて、外国の全ての文明的な物事は日本を超えないといつも思う。更に、外国人の日常起居は全然日本人より勤労ではないと思う。」5作者は、日本人の目の中に日本人が最も凄い人で、西洋人より全然困難に耐え苦労を厭わなく、もっと創造精神のある人であると思っている。本の中には日本人の生意気をこう描写した。「欲しいであれば、霞ヶ関ビルをもっと高く建てられる」。いつも対象と関わらずどこでも日本の「平静」と「高雅」を褒めそやす。サロンで外国人に東京タワーと電車の写真を展示し、自分の家の前に日の丸旗

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接