论日本住宅建筑毕业论文_日语毕业论文

论日本住宅建筑毕业论文

2021-04-04更新

摘 要

建筑对于一个国家来讲有着非常重要的作用,它可以带动一个国家经济、政治、文化和环境的改善,为人们营造更好的生活环境。本文首先从日本的房屋建筑类型进行分析,从古代的木质建筑到后来的钢筋混凝土建筑再到当下的联排公寓建筑进行分析,阐述了日本建筑的发展过程。而后分析了日本国家建筑文化的来源以及受到的影响因素,主要有我国的古代建筑文化和欧洲国家的两种文化影响。最后通过对日本建筑的状态来分析建筑对其国家社会的带来的社会生活、经济发展和文化艺术发展的影响。希望通过本篇文章的写作可以更系统地分析日本国家的建筑文化与人们之间的联系,并可以指导我国的建筑文化发展。

关键词:住宅、建筑、经济文化、发展、舶来主义

目 次

はじめに 1

1.日本住宅タイプ 2

1.1日本古代木質タイプ 2

1.2日本鉄筋コンクリートタイプ 2

2日本住宅が受けた外来文化の影響 4

2.1中国建築による影響 4

2.2ヨーロッパ建築による影響 5

3.日本住宅建築による日本社会への影響 6

3.1民衆生活の質的向上 6

3.2用地減少で社会の経済発展を促進すること 6

3.3芸術文化の発展促進 8

おわりに 10

参考文献 11

謝  辞 12

はじめに

建築は社会経済文化の発展によって生み出されるもので、日本の建築は日本国家の経済と文化発展の跡を再現した。また、日本の建築に中国からの要素もよく見られる。中日両国は地理環境、民族風習、歴史文化、社会発展の相似性がよく指摘される。古代から日本の各分野が我が国の影響を受け、後期にまた西洋建築理念に影響された。日本は各国の建築スタイルと文化を生かし、自ら建築モデルのベースを築き上げた。日本の建築は強い文化芸術性を持ち、できるかぎりコスト、エネルギー、面積をコントロールし、環境にも優しいと好評されている。このような長所が日本社会経済の発展にも促す効果を示した。日本の建築モデルは豊かな文化芸術価値と社会実用価値を有するため、研究の値もある。

1.日本住宅タイプ

1.1日本古代木質タイプ

古くて神聖な木質建築は日本人にとってユニークで普通で、また複雑な環境美学体験である。伝統的な木質建築は木の美学を強調し、自然で豊かな感じで物事を理解し説明する。木質建築は神話と信仰にあふれるものである。日本奈良の法隆寺五重塔は世界で最も古い木質建築で、千四百年もの時空を乗り越えて聳えている。木質構造の住宅は伝統的で、コストが低く、工事がしやすいうえ地震にも強い。日本は地震の多い国だが、木質の住宅は住民を守るものになる。

1.2日本鉄筋コンクリートタイプ

地震の多い日本では、建築構造が耐震できるよう、木製、鉄筋、鉄筋コンクリートの構造がかなりの割合を占めている。近年、鉄筋コンクリートの耐震研究が進み、コストも低く、物理性能が優れたため、日本の住宅で広く応用されるようになった。日本は高層鉄筋コンクリート住宅の設計は1969年鹿島建設会社から始まったものである。初めての高層鉄筋コンクリート住宅は樟名町マンションと呼ばれ、高さ48メートル、16階、長方形の建物であった。そのうち東京板橋区で高さ71メートル、25階の三井マンションを建てた。このような鉄筋コンクリート構造の耐震強度を観測するため、樟名町マンションに監視用の機械も入れた。この十何年の間、マンションは何回も中小地震を乗り越え、傷一つもなかった。

1.3日本タウンハウスタイプ

タウンハウスは中国の「排屋」と似ていて、独立住宅の空間独立性と複数住宅の住居密度を合理化した。コストパフォーマンスが高く、連続の街を構成することも可能である。団地の空間作りに適している。日本のタウンハウスは部屋の使用率を上げた。一般的にいえば高層のものではなく、建築密度も低かった。日本において低層住宅の形が非常に多く、マンション式住宅の建設にもかなりの経験とデザインレベルを有する。高層マンションより低層のほうはある地域の人口密度を下げ、生活の空間を作りだすことが可能である。また、別荘や一戸建てより土地の利用率が高く、土地資源の節約と経済発展の促進に有益である。

2日本住宅が受けた外来文化の影響

2.1中国建築による影響

2000年近い発展過程の中、日本はずっと中国建築物との繋がりを維持しており、絶えず中国建築物の変化に反響している。 繋がりは絶えず、後期、主に中国南方の民間が建築して、それは自由活発で、生活する雰囲気が濃厚な風格を維持することができる。[1]中国隋唐時期に、ちょうど中国封建主義であり非常に繁栄の時期は、漢民族の建築技術と芸術は同じく顕著的な発展をしている。隋唐は規模を建築して広大で、整然とすることを計画している。 屋根曲線の伸びやかさは陽気に軒を出して深遠である。線条スムーズな活発な辺と畳んだ瓦は隋ダンを建築して最も魅力ある冕冠を形成している。木の構部分の斗拱の柱と梁などは部分体を建築は力がパーフェクトにむすびついている。 全体的に形は心地よく質素で、慎重さはおっとりしている。日本は古代建築物と近代建築に分かれている。 古代は明治維新以前の建築物であることを建築して、日本古代建築形式は一般的に木のために草の頂きを架設して、日本大部分地区は海洋性季節風気候であり、気候温暖湿潤は、木を豊富に産出して、すぐに木のために構造家屋の発展を架設して条件を提供しました。古代建築物を提起して、人は思わず日本文化センターの―千年古都京都を思い付きる。聞くところによると古い京都は中国隋唐時期を参照する洛陽城であってそれで造って、先生は同じく以前“中国の唐もの代が建築することを見たいと思って、京都へ行くだけでいいです”に言及したことがある。古い京都は日本木式建築、宗教建築、花園芸術の3個の発展する段階を体験して、良く古代建築物の風貌を残しました。

日本古昔は室内フローリング上を建築して草の編んだパッドの―畳敷設することから、人々は食事して就寝は全て畳にして、よって部屋に入って必ず靴を脱がなければいけないる。畳の起源は漢代に、唐ものの時期を盛って日本に伝わっており、日本に大いに発揚されてる。西洋建築様式はすでに伝統的古代建築形式に替わりましたが、ただ畳は深く日本人民ものを受けて好きで、依然として多くの家庭のところに残されて、だから日本のほとんどの家庭既設の現代の部屋には、畳が置いてある和室が同じくある。中国古代文明は日本建築した影響は非常に深遠です。先に中国南北朝と隋唐文化で、後は宋元明の3代の文化です、和風がとても良く建築しこれらの文化の精髄を吸収しました。

2.2ヨーロッパ建築による影響

西洋より建築[2]スタイルの影響もかなり残していると考えられる。西洋工業革命によって国際市場の建築材料も大幅に変わった。鉄筋コンクリートが天然の石を変わって西洋建築を導いて現代建築時代[3]に突入した。しかし、鉄筋コンクリートと石は力学上も表現力も同じで、重さと内外の二元空間特徴を主に再現している。よって西洋の現代建築が生まれたことも発展してきたことも文化中身の再現であると理解できる。そのうち自然に内核となる文化を含めている。こういった建築材料とモデルが日本に伝わり、石を主にして作られた西洋風の建築が荘重な雰囲気を見せた。これも日本の建築が西洋に影響される証である。

3.日本住宅建築による日本社会への影響

3.1民衆生活の質的向上

日本の建築は人々の生活に豊かさをもたらした。ところどころ思いやりを強調する日本では日常用品でも公共交通でもメディアでもこのような心遣いがみられる。日本の建築設計もそうである。人の生理、精神を大事にし、弱者にやさしくすることは建築の設計に再現されている。作品は人文と感情を重視し、中身が豊かであるとよく言われる。ほかに、建築と環境の強制も日本人の抽象的な自然観を現した。中国の考え方と違って、日本の大和民族は憂患意識の強い民族であり、同時に神道教の影響も受けている。自然を強調し、自然を崇拝することによって、日本のデザイン作品には静かさがみられる。日本のデザイナーがその境地を作品に持ち込んで建築と自然との関係性を築き上げた。日本建築は自然を尊重しつつ、合理的な配分で人々の生活空間を作り出す。そのことによって人間の暮らしに便利を耐えた。また、かなりの程度で環境資源、土地資源と生活空間の無駄遣いをなくし、より多くの人々によりよい生活の質と環境を提供した。

3.2用地減少で社会の経済発展を促進すること

日本はひとつの国土面積有限な島国として、そのエネルギーと資源の情勢はかなり厳しくて、そして1段の時期内に同じく緩和しがたいことがかなり生えます。その今後経済にある急速成長がエネルギーの供給に頼らなければいけません。日本国経済の発展を加速して、だからその土地と国を高めてエネルギーが同時を利用してエネルギー資源として枯れていて、環境悪化、生態は破壊して、気候は温かくなって来て一連の竭の厳しい問題を待って適当な反応がすでにその国エネルギー研究の重点になります[4]。経済の急速成長は事業を建築する発展を促進してそれで、エネルギー消費を建築して個々の国家石炭消耗の重要な行き場所で、強めに省エネルギーを建築して、省エネ建築の比率を高めて、エネルギーの利用を使用することを建築することを促進して、チャンスをしっかりつかんで、挑戦を迎えて、進取であることを開拓して、技術の進歩と建築物産業の発展を建築することを促進して、資源を合理的に利用することとして、生態環境を保護して、日本が従事者を建築して解決する必要のある大役です。 日本の建築物有効な地の利は土地資源と環境資源を使って、多くの不合理な空間を減らして無駄で、比較的に妥当に対住宅は計画と区分します。この種類の合理的計画は大量の一部分公共空間を節約して、蛇足の空間内に商業イベントの展開をすることができて、現地のための経済成長は空間と地域条件を提供します。 そして敷地の節約に合理的に環境に絶大に保護することをもたらしたことを計画することと、環境を節約することはすぐ節約地区の経済資源であってそれで、これが節に下りる約束をされるコストは全て社会経済が2回割り当て発展する重要な条件と資源です。 資源節約の型国家を築くこと必要で、建築用地のものはエネルギーを節約して最も有効で、最も経済の方法は省エネルギーを建築して少しただエネルギー消費を節約することができて、同時にまだ大量の二酸化炭素を減らすことができて、粉塵などは排出、その経済効果、環境収益を汚して、著しいことは歴然としていて、省エネルギーを建築することを実施す。

3.3芸術文化の発展促進

日本は一般的なものと異なる伝統的な建築文化を保ち、固有でユニークな建築概念も持っている。同時に外来文化を柔軟に取り入れている。創作の方法に関して、日本は複数の理論と流派がある。例えば建築家の村野藤吾は現代の建築とずっと距離をとっている。丹下健三[5]は長い間日本の現代建築運動に精を尽くし、日本の建築界で現代建築を取り上げた。磯崎新はビジュアルな言葉で世界の文脈からもっとも適するものを見つけ出す。黒川紀章は東洋の思想において日本をテーマにする。安藤忠雄の鉄筋コンクリートデザインはシンプルな触感で最高の手作り技術を再現した。これらの建築家はそれぞれの立場と方法で三つの観点を見せてくれた。一つは日本の特徴を引き出して現代的な方法で加工すること。二つは無形の普遍性を求めること、すなわち日本の精神をあいまいな表現で強調すること。三つは新しい和洋折衷の方法で、一見日本であるものに深みを与えることである。実施の創作において建築家がさまよったり新しい接点を試みたりして新しい道にたどり着く。世界建築発展の流れにおいて、日本の建築はまぎれもなく注目を集めている。経済、文化、科学の結合によって生まれた日本の現代建築は建築史上の傑作を作り上げている。例えば丹下による代代木国立総合体育館は20世紀最も美しい建築と呼ばれ、その本人も現代日本建築の第一人と評価された。代代木国立総合体育館はロープを取り入れた構造で緊張感のある豊かな内部空間を作り出した。最も評価されるところは装飾的な表現手法で日本古代の神社と縦式の住居にさかのぼって原始的な想像力に溢れる点である。このデザインは丹下構造表現主義時代の傑作であり、材料、機能、比例、歴史を有機に統一した才能を最大限に表現した。この建物はまさに丹下と日本建築のピークである。日本現代の文学、美術、音楽はどれもいまだに建築ほどの成果を収めていけず、建築文化こそ日本の芸術文化を導いているといっても過言ではない。

おわりに

本稿を通して分かるように、日本建築界は吸収と創造における問題は中国建築界のヒントにもなる。西洋建築文化が主流となる現在、日本の建築が力強く一撃を打った。日本の建築文化もそれによって現代建築の重要な一部となった。省エネな建築が経済的にも影響力を持ち、省エネ人材による高校経済、そしてもう一方建築材料の更新による業界そのもの経済的発展は日本の経済を促した。しかし、国際的に全体の生活レベルが上昇しているため、新しい技術と材料は一定の程度で部屋の値段に反映している。そこがストレスとなって高い不動産の値段をより上げてしまった。そのことは不動産の購入に影響を及ぼすが省エネ住宅の人気には損なわない。低価な物件を望みながらよりよいところで暮らそうと願い始めた。そこで日本の不動産市場も明るくなった。20世紀を振りかえってみると、世界建築史上で名を残せる中国の建築家はたぶん戴念慈一人だけかもしれない。保守的なクラシック主義の大家で、中国現代建築に力を入れていたが、世界レベルの難関を乗り越えず忘れられてしまった。革新を求めているデザイナーでも「勇敢な犠牲」という結末を迎えざるを得ない時もある。中国建築の現状を前にして日本の建築発展は考える材料になる。他国の技術と芸術形式を取り入れる態度は勉強の手本にもなるであろう。

参考文献

[1] 藤冈洋保,李一纯.20世纪30年代到40年代日本建筑中关于“传统”的想法与实践 通过现代建筑的滤镜转译日本建筑传统[J]. 时代建筑. 2014(01)

[2] 刘临安,杨安琪.试论中法建筑文化在世纪之交的碰撞——巴黎卢浮宫金字塔与北京国家大剧院的解读[J].北京建筑工程学院学报. 2013(04)

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接