浅谈中日饮食的差异毕业论文_日语毕业论文

浅谈中日饮食的差异毕业论文

2021-04-04更新

摘 要

众所周知, 自古以来中日两国在文化交流方面有着悠久的历史, 而饮食是文化领域中一块重要组成部分。 了解中日饮食, 对比中日饮食而之间的差异有助于了解中日之间文化的发展。 全面比较中日饮食对研究中日文化的差异性也有重要的作用。 本文通过对中日两国的饮食进行对比分析, 从而对两国之间的文化差异进行了研究。

全文分为六个部分, 第一个部分阐述了研究的背景及目的。 第二个部分及第三个部分简单地介绍了中日两国的饮食特点及其传统饮食。 第四部分对中日两国饮食之间的差异进行分析。 第五部分对分析差异之后引出的两国的文化差异进行了阐述。 最后一部分进行全文的概括, 并对今后进一步的研究进行了展望。

关键词:中日饮食;差异;分析;对比;文化

目 次

はじめに 1

  1. 中国飲食 1
    1. 中国飲食の特徴 1
    2. 中国伝統美食 2
  2. 日本飲食 3
    1. 日本飲食の特徴 3
    2. 日本伝統料理 4
  3. 中日飮食差異の体現 5
    1. 材料を選ぶ違い 5
    2. 制作方法の違い 6
    3. 味の違い 7
    4. 食器の違い 8
  4. 中日食文化の差異 10
    1. 文化背景の違い 10
    2. 接客方式や観念の違い 10

おわりに 12

参考文献 13

謝 辞 14

はじめに

はじめに

飲食は昔から人々の生活と密接な関係を持って、そして人類社会の発展に伴って発展する。異なる民族と国家はそれぞれ特色のある飲食、それの豊富性と多様性はまさに異なって民族の創造的な体現である。中日飲食の差異性を全面的に研究することで、中日文化の差異性に研究してみようと思う。国内には多くの中日飲食に関する研究がある。例えば李直の『中日の食文化の比較研究』、中国が重視するのは食品自身、日本人は器具に対して深いこであるわりを持っていた。味覚と視覚の違いを追求し、中日異なった飲食文化を育成して、中日の異なった飲食の文化を育成したとかかれている。飲食は日本文化にも重要な組成部分で、中日飲食の違いは多くの日本の研究者違に研究されている。例えば石毛直道、彼は自分の研究文献『外来の食文化』に、「生活史は会史の一部として、食は生活史の重要な構成部分の一つ、学術研究の領域になるべきであるべきである。」とかかれている。私の研究は両国飲食の差異から両国文化の違いを体現しているという研究である。

1 中国飲食

中国飲食の特徴

中国食文化は 170 万年、生食、火食、自然料理、科学料理と四つの発展段階に分けて、中国の伝統的な料理を出しろく万種、に万種の工業食品、色とりどりの筵宴と光溢彩の風味の流派を獲得し、「料理王国”の名誉。主な飲食の特色は以下の何時に分けることがである。

風味が多様で。地域の広い中華民族は、各地気候、物産、風俗習慣の違いがあり、昔から、中華料理にはいろいろな種類の料理が形成されている。地方区分にとって、巴蜀、齊魯淮扬、広東、福建省四大料理の分である。

四季は違う。四季折々、季節によって食を調合する、中国料理の主要な特徴である。私の国は、季節に従って味付け、食を調合する、冬は味が強い、夏はあっさり涼しい。冬をとろ火で煮夏多とろ火で煮込んで多く煮込み、和え物冷凍。各種の野菜は更に四時交替して、適時に食べる。

料理の美感を重んじる。食べ物に気をつけるの色、香り、味や形、器の協調し、料理の美しさの表現は多方面の料理人たちは、自分の聡明さを利用して技巧と芸術の教養を描き出し、様々な美食、独自に色、香り、味、形の統一、そして人に精神と物質の高さ統一の特殊を楽しむ。[1]

情趣を重視する。私の料理を味わう古く情趣であるけでなく、料理軽食色、香り、味や形、器や品質、栄養が厳格な要求、そして料理のネーミング、味わう方法、時間の选択、食事のリズムや娯楽のエピソードなどもきっと雅緻しの要求趣旨は斬新で、ユーモアに満ちあふれている。

食医结合。私の国の料理技術、医療保健と密接な関係がある。私の国では、

[1]张立新,孔繁志主编.日本概况[M]. 北京大学出版社, 2002

従来は重視する「医食同源」、「薬膳同位」を利用して、食品の原料の薬用の価値、割烹が色々なご馳走を達成する特定の疾患の予防と治療の目的である。

多くの人が知っている中国の食文化を飼って有益な充の営護国論(菜食を重視して、薬膳や進むことに補う)、そしてこであるわりは(色、香り、味”倶全。五味調和の境界と風味が鮮明で、食味者珍、(舌の料理”の名誉が)-自爆互変の調理法(厨ゲージを本、柔軟に融通をきかす)、神の美食を観て怡情などよんしよ大属性、海外諸国とは異なる食文化のが。これは中国飲食所特有の点である。

中国伝統美食

私の国の食の構造は私の国人民の経済の生活水準によって決められて、同時に中華民族の百千から来る飲食の経験の積み重ねによって瀋積して。私の国の伝統的な飲食は以下のいくつかの特徴:まず、主に副食の副食を重んじいる。中国人が穀者を得て、穀者は亡者、食五穀は万病を治す。中国伝統食は穀物をはじめ、副食が主に新鮮な天然食品である。その次、私たちの国は野菜の役割を非常に重視している。中国のことわざに、「三日食べない靑、二人目から火が出る。」秦と漢の時代から、中国人の食事の構造は、植物性の食料を基礎にして、たとえば食糧、豆、野菜や果物、穀類など。主食は五穀、副食は野菜で、そのうえ少量肉食、まさに孔子は「論語・同郷の人」篇では「肉は多いが、せない勝食ガス」、これは実際には我が国の伝統的な食事の理論の最初の文字の記録、つまり、日常の飲食は食穀を中心とし、肉も長い間、も食穀を超える。私たちは、ほとんどの食生活は低温料理です。蒸し饅頭、次の条、煮餃子は全部水中で、すべて 100 度以下。

日本飲食

日本飲食の特徴

地域に特に。日本は海に囲まれて、四千余り島からなる日本列島、気候は温和で、四季は、新鮮な海産物、日本料理の最大の特徴として、生鮮食品の特徴である。

風土が料理になる。ご存知のように、日本人は刺身を食べることが大好きで、刺身の寿司は日本国内で一番流行の食べ物である。また日本の冷麺は竹製の皿に置いて、箸で 1 口の数量をはさむのは 1 口の数量を挟んで食べることを放して。一部のレストランはスプーン、日本人の習慣を持っていないスープ。

味が奇抜で。日本料理は食べ物の持ち味を重んじ、多く調味料を入れたことを不提倡して、あっさりして主なことを主とする。料理の色は特に高い要求を持って、さまざまな非常に精緻なものを使って食べ物を詰めて、食品の形、配列、色の組み合わせもとてもきめ細かく考慮している。風景画のような日本料理、初めて日本の観光客は、その美しさを破壊することはできない。と同時に、日本は島国に加え、資源の乏しい、また無国境の隣国で、自然環境をその危機意識が濃厚で、いつも会って何か天災人災を過ごしにくい、日本民族の絶滅。このように、日本人は屠殺大の畜産食用に対して、それがある。日本は平野が少なく、家畜が飼育しにくいので、日本人は牛と羊肉を食べにくいである。第二次世界大戦後、牛肉の栄養の価値を知る、ために豚、牛肉、牛肉を食べることにした。マトンは市場では珍しく、北海道など少数地方で買えである。中国のように食用鹿、ロバ、犬、ウサギの習慣は珍しい。日本料理が少なく加工さ

れて生鮮の特徴を食べました。[2]

日本伝統料理

一戸の伝统的な日本料理の基本構成はご饭、汁、メインと渍物など。最も基本的なのはご饭と汁。メインは煮物类、焼いて類や刺身など 3 種。中国は 4 料理というのが、日本の一汁ご飯の构成话「ムーラン一汁三菜」(一汁三菜)や「二汁五料理」(二汁五料理)などの言い方。日本の伝统料理の分類は根拠のとは違って、食事の场合は「本膳料理」、「懐石料理」、「席料理」。これらは今は公式の场で食べる料理。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接