试论中日两国小学教育的差异毕业论文_日语毕业论文

试论中日两国小学教育的差异毕业论文

2021-04-04更新

摘 要

本文通过阅读了相关参考资料,研究了日本小学教育与中国小学教育的差别, 并深入分析了造成这些差异的原因。立足于这些差异性因素之上,总结了小学教育对于国家教育事业发展的重要性,并针对于我国国情充分借鉴日本小学教育的相关经验来讨论一些可以推动我国小学教育事业进步的有效建议。将日本小学一些值得学习的内容和教学标准应用到中国小学的教育系统中来。将我国目前的应试教育向着素质教育的方面进行转变和生华。

单纯的素质教育无法培养出全方位发展的人才,只有将人至于素质教育中才能将教育的真谛展示出来。通过对本文的写作希望可以对我国教育事业的素质化转变提供有效的支持。

关键词: 教育差异;应试教育;素质教育;改革;启发

目 次

はじめに 1

  1. 中日両国の小学校の教育の差異の体現 2
    1. 中日小学校の教育理念の違い 2
    2. 中日小学校の教育の育成内容の違い 3
    3. 中日小学校の課程設置の違い 3
  2. 中日小学校の教育の差異の原因 5
    1. 素質教育と受験教育の矛盾 5
    2. 歴史的な原因 6
    3. 経済発展の原因 7
  3. 社会背景の下に教育の差異を研究する重要性 8
    1. 小学校教育は人の性格形成に対する作用 8
    2. 学生と親のストレスを減らすこと 8
  4. 日本の小学校教育は中国の小学校教育に対する啓示 10
    1. 中国の教育事業のマクロ環境を改善すること 10
    2. 中国の小学校の教育改革を促進すること 11

終わりに 12

参考文献 13

謝辞 14

はじめに

歴史によると、教育は現代国家と民族発展レベルを決める最も根本的な原因の一つである。異なる国や民族は、教育に対する理解と実行が違うため、その結果も違っている。例えば、儒家文化圏に属する中国と日本はこの方面の差がかなり明らかにされている。また、中国と日本の教育政策と教育理念の違いこそ両国の近現代の発展過程が全然違った重要な原因であるとも言えるだろう。日本は中国より先に国力がテークオフするのは、明治時代でも第二次世界大戦後でも、教育面の優勢の役割は無視できないからである。ご存知のように、日本は第一次、第二次世界大戦には敗戦国として、経済は一時崩壊したことがある。しかし、このわずかな数十年間では、この自然資源の乏しい猫の額ほどの狭い国は世界第三大経済体となっていてきた。これを深く考えざるを得なかった。それでは、中日教育の違いについてちょっと話しよう。

中日両国の小学校の教育の違いの体現

中日小学校の教育理念の違い

中国は千年余りの文明史を持ち、その中に影響が最も深遠なのは儒家思想である。儒家思想はすべての中国人の生命の中に存在し、中国の教育の発展に影響を与えている。儒家思想は中国教育の最も強力な土台である。儒家思想が教育を重視し、その教育教学方法は今にも用いている。儒家思想は礼儀、道徳、仁義を重視し、自覚的に真、和、善を要求する。それは中国の教育に深遠な影響をもたらすだけでなく、良好な国民素質の育つにも重要な影響をもたらした。中国は礼儀の国と認められるのが儒家思想と分割されない関係を持っている。

日本は明治維新以降、列強諸国を追い越すため、西方諸国の法によって国を治める経験を学び、前後してフランス、アメリカ、プロイセンの教育制度を勉強した。一歩一歩西洋化した結果は日本国情に適する教育制度を最終的に探したことになった。日本は 21 世紀に向ける教育改革の基本目標は、より豊かな人間性と活力に満ちた健康な体を持たせ、自ら問題を発見し、自分で勉強し、独立的に考え、自主判断や行動し、適切に問題を処理し、克己自律し、他人との協調に優れて、また迅速かつ正確に社会の変化に適応する能力を育つことである。その教育目標からみると、日本は人の全面的な発展を非常に重視し、国民の独立意識の養成と集団主義の培養にも重視している1

両国の育児意識と方法を例として説明する。ある調査によると、中国には大体半分の親は子供が大学以上の学歴を持つことを期待しているが、日本にはそ

1 郑信军.现代教育理论[Ml 北京:首都师范大学出版社,2002

ういう観念を持つ親は 10%に足りない。だから、中国には親は子供が小さいときから、常に多くの金を払って子供を早期知力開発(例えば音楽、芸術及び言語の教育)に参加させ、また、多くの親は「子供の将来は親の教育によって決める」ということを信じている。しかし、日本には多くの親は調査を受けるとき、子供の素朴、誠実と好奇心の培うがもっと重要だと表明した。

中日小学校の教育の育成内容の違い

中国は小学校教育の養成面において、詰め込み式の授業理念を比較的に重視し、それは学生の基礎がしっかりとしているというわが国の教育の利点を表現した。しかし、中国の学生が新しいものを受け入れる時はいつも恐れる心理を持ち、創造能力も比較的に悪い。授業後の作業でも、設計報告、期中、期末試験などでも、中国の教育視点は答えの標準化と成績の高低である。中国の小学校教育はあまりにも学生の着手能力と実行中の創造的な思惟を重視しない。

中国の小学校教育の養成面と異なって、日本は児童の礼儀教育、自立教育、抗挫折教育、イノベーション教育を非常に重視している。日本の子供たちの文明な礼儀はすでに彼らの習慣になって、家でも外でも、日本の子供の文明礼儀をよく見られる。日本の小学校は子供が小さいときからそれらの自立、自主精神を培い、ほとんどの学校と家庭は子供に家事労働を求め、彼らができることをさせ、家族の負担を軽減するとともに、子供の能力も鍛えた。

中日小学校の課程設置の違い

学科設置に置けて、中国小学校課程の設置した課は過多だ、小学校3年生はすぐ国語、数学、英語、科学、技術、思想品性、音楽、スポーツ、美術、健康、

人文などの12科があって、そのうちの国語、数学、英語は主な課として、課程学習時期は比較的に長い。1人の小学生にとってこんなに多い課程は同時に勉強するのは難しい。 国語、数学、英語に特に重視したのを前提として素質教育を展開することがなかなかできない。

日本の小学校の課程は豊富で、中国と違っているのは主要と副次は分別しない。算数、国語、社会、自然、音楽、図画手動、スポーツ、家庭、道徳、総合などの科目は同様に重要である。授業時間は基本と同じ。日本の小学生は手作りことや思考能力が特に強いのは主に課程のおもしろいに恵まれる。家庭授業で、学生たちはすべてエプロンを着て、三角タオルをつけて、テキストが教えた方法によって、自ら料理を作ることを学ぶ。自然授業で、花粉の作用を学習するため、先生はすべての学生に 1 巻テープを配り、学生たちに自分で花粉を採集させてから、顕微鏡の下で花粉の形態を観察させる。先生はテキストに従って逐条に述べていないが、学生たちは気軽に花粉の特徴を把握した。裁断授業で、みんなはミシンを使う。社会の実践授業で、学生たちは MBC 日本放送新聞社に見学する。音楽授業で、ミュージカルなどを自作した。

中日小学校の教育の違いの原因

素質教育と受験教育の矛盾

現在、わが国の受験教育はかなり深刻で、国は何度も素質教育の実行を繰り返し命令したが、わが国は小学校から、国語、数学と外国語などの重点学科に大いに注目し、大量の時間を费やし、相対的には他の科目の学習時間を乗り込んだ。中国は小学校から読書が大学に入るためという思想を注ぎ込んだ。大学に入ってもっと高等菜教育を受けるという面からみると、確かにそうである。しかし、大学に入ることを教育の根本的な目的とするなら、明らかに不適当である。教育の目的は私たちを独立思想が有する人に培うことにある。ただ大学の機械になることではない。

特に経済文化が相対的に立ち遅れている農村地区と山地には、もともと教育資源が乏しかった。もし更に素質教育を行うならば、高等教育の機会を受ける機会さえもないかもしれない。しかし、中国社会にとっては、良い大学があなたの身分と地位のシンボルである。もしこの敷居に入られなかったら、相応にして社会もあなたの他の面を見に行くことはない。だから、多くの人は素質教育というリスクを受け入れたくない。中国はこれの面で十分な重視を授けるべきで、小学生の道徳を強化して教育して、知識の教育を総合して、さらに高いことの要求した教育とすることは準備します2

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接