浅谈日本妖怪毕业论文_日语毕业论文

浅谈日本妖怪毕业论文

2021-04-04更新

摘 要

妖怪文化是日本文化不可或缺的一部分,日本的妖怪被赋予了更多的人性。也是因为这一特点,日本妖怪显得更加亲切,更容易被人接受。

本文先从时间线上介绍了日本妖怪随着时代的发展而变得种类繁多,及其在特定的历史时期扮演着的重要的角色。再围绕多样性和善恶这两方面的特点介绍日本妖怪。最后从文学、漫画、宗教信仰三个方面介绍了日本妖怪对日本社会乃至世界的深远影响。

关键词:日本;时间线;善与恶;民俗信仰;文化

目 次

はじめに 1

  1. 日本の妖怪 3
    1. 日本の妖怪の起源 3
    2. 日本の妖怪のイメージの変遷 3
  2. 日本の妖怪の特徴 6
    1. 日本の妖怪の多様性 6
    2. 善と悪の両面性 6
  3. 日本の文化への影響 8
    1. 妖怪と文学 8
    2. 妖怪と漫画 9
    3. 妖怪の関連している宗教 10

おわりに 12

参考文献 13

謝辞 14

はじめに

筆者はたくさんの同年齢の人と同じように、子とものごろからドラマの『西遊記』の付き添いに成長したのである。、『西遊記』の中の妖怪の「黑熊怪」と

「白骨夫人」などは聞き慣れていてよく知っている。同時に、日本のアニメや漫画などに書かれた内容が私達の子ともの時代に豊富な記憶を持っている。中国の妖怪の凶悪なイメージと違い、日本の妖怪は更に人間性を表してる。それらは単純な人を害するだけでなく、おおかたは人類の付き添いを求めたいである、日本の妖怪のこの特徴は子とものごろの私達の考えと一致して、だから日本の妖怪のイメージは外国の妖怪より人に受けさせやすい。

2010 年に日本語科に入ってから、筆者は日本の文化に接触する機会がさらに多くなった、日本社会とその歴史をだんだん熟知した、日本の妖怪に対して更に深い理解もできた。妖怪の文化は民俗学の分野として、人類社会の発展にも伴って、人々はその研究に対しても次に絶えず深まった。明治時代以後、民俗学家の柳田國男(やなぎた くにお)などのいくつかの学者方は日本の妖怪に関するのを研究して、システムを整理して、民俗学の視点から長い時間に広く伝わって妖怪の伝説を詳しく集めた、だんだん妖怪学[1]が形成していた。その後、井上円了(いのうえ えんりょう)は科学的な精神を発揚するために妖怪を研究して、人民に迷信を打破させて、妖怪の真の姿を見えさせる。[2]1923 年(大正

12 年)、江馬務(えま つとむ)は歴史学の視点から妖怪に対して古から今に至るまでのイメージの変化から分析をして、『日本妖怪変化史』を出版して、日本人が妖怪に対する感情がどうして社会の発展から変化を発生するのかについて

[1]「妖怪学」という言葉は最初『妖怪学講義』(井上円了)から提出した。

[2]古彤贞.日本妖怪文化研究[A].青海师范大学,2013.01

探求した。1936 年(昭和 11 年)、柳田国男は民間信仰を研究した時に妖怪伝説からその民俗学の意味を発見して、今後の妖怪の研究も新しい道を開きできた。

[3]日本の妖怪研究の繁栄に比較して、中国の妖怪に関連する研究は少なくなっ

た、日本の妖怪の紹介と中日の妖怪のイメージを比較する段階に止めている。妖怪の文化は日本の文化の不可欠な部分で、それと人間の思想、生活との密 接な関係がある。筆者は以前から妖怪について文献を参考して、歴史に伴って発展した視点から日本の妖怪を分析して、その特定の歴史の価値と日本人の性

格の特徴にどんな影響を与えたのかを発見しようと思う。

[3]李婷.浅析日本妖怪文化[J].重庆市科学技术协会,2009.02

1 日本の妖怪

  1. 日本の妖怪の起源

日本の妖怪の起源、日本の縄文時代までさかのぼることができる。その時の日本人はまだ文化が開けていない愚かで無知な時期におり、心理的にもで神秘主義の傾向にあった。その時、島の上で生活していた彼らは既存の知識で自然の中で発生する奇怪な現象を釈明することができなかった。台風と津波が発生したり、頻繁な地震と火山がおきたりしていることと、連峰と林に横行している野獣と彼らとは生存の空間を奪い合う。このような環境で生活していた日本人には自然に対して強大な恐れや、畏敬がついてきた。彼らは自分で制御できない、自分でつかめない力をすべて「妖怪」と呼ばれた。こうして、妖怪は日本人の生活と思想の中まで根強く入って、今なお広く伝わっている。[4]

妖怪は普通が人類から想像したので、科学的な方法を運用してそれが偽りと証明するのがにくい。それはすべての人類の理解することができない超自然的な物体に広く一般をさす、狭義の上で常識に違反して、正しい道の物事からそれるのである。この方面の学問を研究して、妖怪学と称している。

  1. 日本の妖怪のイメージの変遷

日本の縄文時代に最初の妖怪が現れた、その時の日本の民衆は天災を恐れて、理解できない自然な現象と生・老・病・死がすべて妖怪に帰結する、同時に初期の神様が現れて人の崇拝を受ける。しかし、これらの妖怪が災害から生まれるため、この時期の妖怪が邪灵と呼ばれることもある。

封建時代以降に入って、日本の社会形態は農耕を主なにして魚狩りを補佐したため、人たちは暇な時にいっしょに集まって、先人の訴えるストーリを広く伝わる。そして、その話に潤色して、いろいろな妖怪のストーリが形成する。人々は妖怪の想像で知らない物事を解読するのを試みて、理解することができない現象を合理化になった。

平安時代の日本は妖怪の文化の最も栄えている時期である。この時代から、妖怪の文化はすでに単純な昔話から妖怪の信仰になる。今日私達の見た大部分の妖怪が平安時代から形成して、およそ四百種類ぐらいがある平安時代の妖怪の文化が繁栄している現像はその時の社会の状態と関係がある。実は平安時代の権力者はうわべの文治平和で、内部は不潔な貴族の権力闘争が満たして時代である。公の統治したのが無能で、下層の暮らしの苦しいのをもたらしている。さらに、その時日本の京都がかつてない天災人災に遭遇して、そのため人の心がびくびくして、鬼神説は広く伝わる。これもその時の日本の民衆が困窮している時期に現実的なのが発生したことに対し、不満な思いを託してきたのもだと思われる。[5]

室町時代は中国の宋と相当する時代である、この時の日本社会は比較的安定して、人々も衣食が満ち足りている。今なおみんなのある程度うわさに聞いた妖怪は大部分がこの時代に誕生する。

江戸時代まで着いて、商業や手工業の繁栄に従って、都市化が発展するのがとても速くて、民俗に影響にもある。そこで妖怪達もさっと姿を変えて、大切にされず捨てられた器物達に精霊が宿って妖怪となり人間たちに悪さを企てるが出家・成仏をする。[6]江戸時代の有名な妖怪絵師の鳥山石燕(とりやま せき

[5]董江洪.日本家喻户晓的妖怪传说[J].大连外国语学院,2010.08

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接