动漫文化的输出——以哆啦A梦为例毕业论文_日语毕业论文

动漫文化的输出——以哆啦A梦为例毕业论文

2021-04-04更新

摘 要

本文以日本动漫《哆啦 A 梦》的输出为例,对动漫文化输出进行分析,从而引出文化输出,进而深入分析动漫文化的全球化问题。

本文分为六个部分,第一部分是绪论,阐述本文所要研究的主题以及文章的脉络。第二部分是简单介绍“动漫文化”和“文化输出”这两个名词。第三部分是描述动漫文化输出的特点和目的,其中先写了动漫文化输出的特点,继而方便分析目的。第四部分是简述了动漫文化输出的条件。第五部分是分析动漫文化输出的影响,进而升华到文化输出以及全球化。最后一部分是对文章进行总结。

关键词:动漫文化;哆啦 A 梦;输出;文化输出;全球化

目 次

はじめに 1

  1. 「アニメ文化」と「文化の輸出」 2
    1. 「アニメ文化」とは 2
    2. 「文化の輸出」とは 3
  2. アニメ文化の輸出の特徴と目的 4
    1. アニメ文化の輸出の特徴 4
    2. アニメ文化の輸出の目的 5
  3. アニメ文化の輸出の条件 7
    1. 内部条件 7
    2. 外部条件 8
  4. アニメ文化の輸出の影響 10
    1. 輸出国や輸入国への影響 10
    2. 文化の輸出への影響 12

終わりに 14

参考文献 15

謝 辞 17

はじめに

現在、アニメ文化の輸出はすでに多くの国家に重視されている。その中、特に日本のアニメに関する輸出は顕著である。一衣帯水の日本は60年代からアニメ文化の輸出をしている。その上、「アニメ外交」が現われて、甚だしきに至っては日本は今もすでにアニメのグローバル化を実現した。アニメ文化の輸出を通じて、日本の文化が輸出できた。「アニメ文化の輸出」は単なるアニメの輸出ばかりではなく、さらに重要なのは自分の文化と価値観などを輸出することである。これによって、自身の文化ソフトパワーを増強して、自身の新しいイメージを確立して、多く同感を取る。だから私たちはさらにアニメ文化の輸出を重視しなければならない。このような方法で文化を輸出することは「文化の侵入」と呼ばれる。そのように多元的な時代に、外来文化の進入が不可避で、しかし私たちは外来文化をボイコットすることができなく、優秀な外来文化を吸収すべきだと考える。そしてすぐに私たちの本土文化を発展させる。同時に自分の文化を積極的に輸出し、自分のカルチャを世界に向かわせる必要があると考える。文化のグローバル化は客観的に歴史的なポロセスで、私たちはグローバル化の傾向に順応すべき、文化の輸出と輸入の中で進歩を取る。

本文はアニメ文化の輸出に対する目的、条件、影響などの研究を通して、全面的にアニメ文化の輸出の重要性を表現し、アニメ文化の輸出に対して重視を高めようと思う。

1 「アニメ文化」と「文化の輸出」

「アニメ文化」とは

アニメは動画と漫画の並称である。 現代のメディア技術の発展につれて、動画と漫画の間はますます緊密になって、関係のつながりはますます深くなってきた。動画と漫画はよく「アニメ」とされている。 実際には、アニメの概念はとても広くて、一つの芸術的な表現形式として、それが文化の役割を引き受けるのは明らかになっている。しかし日本のアニメは国民産業として、その機能とキャラクターはすでに一つの業界と一つの工具に局限することができない。日本で、アニメはすでに文化になる。「日本のアニメ文化は特定の国家の文化から世界的な大衆文化になる。」1

アニメ文化は視覚消費の時代にアニメイメージを基礎として、現代のメディアを動力としての大衆文化に支持するとのことだ。アニメ文化はアニメ作品の内包で、これはアニメ作品とデリバティブ商品によって国家の文化ソフトパワーを高めていて、国家のイメージを描写して、国際交際において作用を発揮する。アニメ文化はアニメ産業のコアである。文化としての日本のアニメ発展は日本の歴史の時代性と日本の民族性格の烙印を深く刻む。重要なことは、日本のアニメ文化は優秀な製作の品質によって、惚れ惚れするようないい主人公イメージと入り組みのストーリーを頼り、広大なアジア地域でたびたび数万のアニメファンがいる。

1津坚信之 《日本动画的力量——手塚治虫与宫崎骏的历史纵贯线》 秦刚、赵峻,译.北京:社会科学文献出版社 2011:101-103.

「文化の輸出」とは

文化の輸出は、簡単に言うと、他の人に自分の文化を知らせるために当地の特色を持っているものを国外に輸出することである。それが「文化の輸出」と呼ばれる。日本は文化輸出の大国として、自身も文化吸収の大国である。日本はずっと「アニメ王国」の称号を持って、世界で最大のアニメ製作と輸出の大国だと言われている。

「文化輸出は人民大衆の精神的な生活の選択を強化することができる。」2文化輸出の方式はとても多種があって、現在ではアメリカ、日本などが全部で文化輸出の大国だ。アメリカはハリウッド映画やテレビドラマやゲームや書籍を通してアメリカの価値観を世界に与える。アメリカはたとえ建国してもただ50

0年で、その世界の第一経済と軍事強国の地位によって発言権を握って、そして自分の世界観と価値観を全世界に輸出して、さらにその世界大国の地位を強固にする。文化輸出は重要な戦略性の産業で、アメリカが文化の輸出によって毎年の生まれた経済効果100億ドルを超えて、文化ソフトパワーを高めるだけではなく、同時に経済効果を創造する。多くの国家は文化の輸出をしている。

2熊光清 《外来文化对人民群众精神文化生活的影响》 学习论坛 2009:25(12).

アニメ文化の輸出の特徴と目的

アニメ文化の輸出の特徴

      1. 心理的な需要に迎合して求めること

日本アニメの成功は観衆の心理特徴の正確さの把握を受け入れる。ドラえもんが決して完璧ではなくて、ただ当時の日本人の社会心理的なニーズに合わせるだけで、「アジアアイドル」になった。日本のドラえもんはずっと何代かの中国人に国民の良い友達と見られる。ドラえもんが中国に入った時にまさに中国初代一人っ子の児童期の開始、『ドラえもん』の中でそれぞれの人間の役はほとんど全て一人っ子で、かわいいドラえもんが彼らの最も理想的なパートナーになる。そのうえ、『ドラえもん』の中の個々の一人っ子は全て中国の学生の中の一つのタイプに対応している。『ドラえもん』は主題から内包まで全部で生っ粋の日本のアニメ作品である。しかし、ほとんど中国の観衆は自然にドラえもんを国民動画として、ドラえもんを自分の人と考えられている。「日本アニメの海外影響は国際メディアの注目を得ている。」3

      1. 思想の内包を授けること

アニメがすでに青少年に認められた伝播方式として、日本アニメと映画は極めて類似して、長い間の影響力を追求して、観衆に影響を受けると同時に人生や時代や社会などを反省させて、自我の分析を重視して、これによって観衆の考慮を誘発して、アニメの深さ、広い、遠い思想内包を授ける。アニメ作品にいろいろな思想と情感を織り成す。アニメは観衆に知らず知らずのうちに文化幻覚を生じさせる。『ドラえもん』の主人公が過去に戻って、すでに亡くなった

3川田健 《日本の文化外交についての研究動向と課題——アニメ政策を中心として》 東洋大学中国哲学文学学科紀要 第 16 号 2008:24-25.

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接