浅谈日本人的审美观--以和服为例毕业论文_日语毕业论文

浅谈日本人的审美观–以和服为例毕业论文

2021-04-04更新

摘 要

世界上的每一个国家,每一个民族都有自己独特的传统文化,和服作为日本民族的象征,从多种角度来体现了日本的传统文化,并且随着时代的变迁,我们可以更加深刻地体会到日本和服的演变和发展,从而了解到日本的本土风情,人文面貌等。

本文将以大和民族的传统服装–和服为例,通过对和服色彩、样式、制作等研究及对比,并且结合和服的特点以及日本人简约、崇尚自然的民俗民风。和文化特性,来浅谈日本人独特的审美理念。并且,以和服为例来探讨中西方的审美差异。

关键词:传统文化;和服;简约;自然;审美理念;审美差异

目  次

はじめに 1

1 和服に対する簡単な紹介 2

1.1 和服の特徴 2

1.2 和服の歴史 2

1.3 和服の種類 3

2 和服の生態審美 4

2.1 自然からの美しい色 4

2.2 自然を尊ぶ美しい紋様 5

3 和服の東方審美 8

3.1 調和がとれている帯、扇 8

3.2 含蓄のメイク 9

4 和服から見た東方と西方の審美差異 11

4.1 造形と構造の差異 11

4.2 装飾と材料の差異 12

おわりに 14

参考文献 15

謝  辞 16

はじめに

和服は日本の伝統衣装であり、日本文化の一部として日本人の性格と審美観を体現している。今まで、中国でま、日本でも、西洋でも日本人の和服について文章がたくさんある。日本で和服に対する研究は多くが歴史と時代の発展からの研究である。例えば、村上信彦が「服装の歴史」の中で、時代によって、女の生活と服装の関係を研究している。また、和服の変化と日本人の審美意識とはどのような関係があるのか、これについての研究はまだ十分ではない。

本文は和服を出発点として、服装の中から国家と民族の独特の審美観念を感じさせたい。現代人に物質の生活を求めながら、違った民族文化を感じたいと思う。本文は豊かな日本文化を認識したい、違った地理環境と自然の姿を見せる、独特の民族性格を展示したいと思う。

1 和服に対する簡単な紹介

1.1 和服の特徴

和服は、基本的には直線で構成され、着ているのは直筒形に見える。人体の曲線は目立つのに、荘重、静かに、日本人の気質に合っている。その他の衣装と違うのは、着物は人の体型の要求は高くない。腰に調節の大きさから、たしかにさの违いの人も、同じサイズの着物を着て、少ない人に似合わない感じがある。

1.2 和服の歴史

和服は日本の伝統的な民族衣装で、江戸時代以前によると「呉服」、語は『古事記』、『日本書記』、『松窓寢言』[1]。最初の日本の服装は呼ばれた「貫头衣」の女装と呼ばれた「垂れ幕」の男装である。西暦8世紀、中国の唐装は日本に伝わり、日本本土の和服に影響を与える[2]。平安時代(九世紀後)、国の風の流行によって、日本の和服はだんだんに外国の影響を抜け出して、服の色は多様化になり、袖も広い方向に発展する。鎌倉時代、敏腕、簡単な武家文化が現れて、時代の特徴も衣装に反映している。室町時代、服に払拭をし(古代日本に姓は軒並み家紋家紋の数を超えると、二万種類)、私服のデザインからドレス化になる。女装はもっと簡単に発展されてきている。安土桃山時代、人々から違う場所によってこだわりを着て出た、披露宴に参加しになったと、お茶会の時に着る「訪問」と各種の祭典、成人の日、宴会、お見合いの時に「留袖」を着る。

江戸時代は日本の衣装史に最盛期、女装の小袖が現代の服装で接近し、男装は羽織lt;黒五纹をスーツ、茶、黄次点gt;を流行する[3]。そして、結びの流行が始めて、和服の基本的な構造はすでに定、明治時代の意義の上の和服は定型ましたが、その後ずっとあまり変わらない。私たちが見ている和服は、たいてい江戸時代の服装になっている。

1.3 和服の種類

和服の種類が多くて、色や材料や様式は千余年で変化する。人々は場合と時間によって、異なった和服を着て、礼儀を表現する。これらは服装の用途によっての差異で、和服は服装の1つの重要な機能として、身分、年齢、所属の社会階級を持つ。 そのため、和服は大きくなって、「留袖」、「振袖」、「访问着」、「小纹の着物」、「喪服」、「婚着」、「浴衣」、「紳士着物」など。

また、「色の無地」という和服は、普段は着ていない。柄ではない、色がある。これは1種の単色の和服で、黒色を除いている。

2 和服の生態審美

2.1 自然からの美しい色

色は1種の最も普及した審美形として、どこにでもあった。私たちの生活にはそれぞれの方面で、服装のデザインは更に色のとりついがなくて、色は服装に対して非常に重要な意義を持つ。人は自分自身から色に様々な意味を与え、逆に、色も様々な方面から人間の文化習性が反映されている。和服は長い年月の変化を経て、その色は豊富な意義を含んでいる。そして、日本人は感受性が強くて、感情はきめ細かくて、組織の意識があるの民族で、色の感じも豊かで繊細なので、日本の服装はすべてとても鮮やかな特徴があって、とても人を引きつけている。

和服の色の美は自然の美である[4]。日本の景色は美しくて、気候が穏やかで、古くから島国の美しい自然環境を受ける。日本人は自然美と色に鋭い感受を感じて、独特な審美観を形成している[5]。日本の春、花盛り、風が暖かく;夏、梅雨が明けて、さわやかに;秋、山の紅葉、色とりどり;冬の雪は白い、美しい。この自然美は日本人の人格を陶冶し、日本人独特の審美観を育んできた。そこで、日本人はこの「自然な美しさ」をありのままに映する。和服の上に、自然界近くの淡い色がよく使われる。 例えば青、白、墨青、紅葉の赤黒い、暗い茶色などなど。着物の色は鮮やかで、安っぽくならない、日本人は潔いな自然への理解と熱愛を十分に体現している。日本民族は古来より自然の色と簡素な色

を尊んでいる。例えば、日本人は白い色が好きで、「雪、月、花」などの自然景観は白色の最も美しい;日本人も靑色が好きで、靑色は日本の野山や湖など自然環境の色からである。日本人は四季の色の変化と植物の色が変化が繊細な感受がある[6]。日本の和服の美しさはもっと多いのは服装の色の相互の組み合わせに利益を得た。日本人は色に対して教養があって、普通の家庭主婦にも美学意識がある。

このような自然の色彩の特別な好みの感情は日本人の淡泊、シンプルな性格を形成した。この感情も日本人の上品な美意識を追求からである。だから、日本人はこの柔らかな色の応用に対して、日本民族が命を愛すると自然を尊重する感情を反映して、日本民族の原始的自然観を表現している[7]。日本は一貫で自然をあがめ尊んで、質素な色で、含蓄があって、調和と簡潔で、静かな修飾が好きである。現代生活では自然に近いシンプルな色調とシンプルなスタイルが社会的審美の主流となっている。

2.2 自然を尊ぶ美しい紋様

和服の柄と紋様は自然の中にからである[8]。例えば様々な植物や自然の風景や優雅と静かなシーンで、いくつかの淡い色の簡単な幾何模様などを描かれ。そのため、和服の紋様は一般に4大種類を分かる:動物の紋章、植物の紋章、幾何の文様、器物の文様。その中に、動植物の自然文様は特に大きい花型の紋様を表現している。大きな花型造型の図案は豊満で、色が派手である。その上日本人も自然以外の紋様の題材を使うのが好きで、そして図案の内容より装飾化、

幾何学化になる。和服の紋様のは、紋様のサイズ、色、季節、軽重、題材とフォーマットの配合し、和服と帯の紋様の組み合わせに注意しなければならない。和服のレイアウトに、が全体の和服を立ち込め、あるいは、裾部分にすることもできる。肩や胸から肩の位置にも紋様を現われる。分布位置をくずした。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接