浅谈日本料理毕业论文_日语毕业论文

浅谈日本料理毕业论文

2021-04-04更新

摘 要

 食物是我们每天必定会接触到的东西,我们每天活动的能量来源就是食物,食物是跟我们最息息相关的东西,把食物变得美味的就是料理。所以,料理对我们的生活来说,是非常重要的。日本料理作为健康的饮食,正越来越受到各国人民的欢迎。

  本文从日本料理的种类、特征等大的方面浅谈日本料理,又从料理的视觉、器具、环境、营养四个细节深入探究,最后从食客对料理的感受及料理师的匠人精神挖掘日本料理的特点。

  全文共分三部分,第一部分简单介绍了日本料理、种类、特征、代表性料理,第二部分介绍了日本料理的美观、器具、环境、营养。第三部分介绍了对料理的感受和料理人的匠人精神。

关键词:日本料理;特征;种类;精致性;匠人精神

目  次

はじめに 1

1、日本料理に対する簡単な紹介 2

1.1日本料理の特徴 2

1.2狭義日本料理種類 2

1.33種類の代表的な料理  3

2、料理人の心を込めたところ 6

2.1精巧な外観と美しさ 6

2.2料理器具の美観性 7

2.3料理店の環境の優雅さ 8

2.4料理の栄養の全面性 10

  1. 日本料理に対する直接な感銘 11

3.1味わう欲求と惜しむこと 11

3.2 料理師の料理精神 11

おわりに 13

参考文献 14

謝  辞 15

はじめに

 食物は私達の生活と密接な関係があって、最も不可欠なものである。料理は食物をおいしい食べ物になることができて、私達の生活にとって、とても重要な事である。私はおいしい食べ物が好きで、次第に料理に対して関心を持って、更に日本料理に深く入り込みたくて、日本料理のつくり方を勉強したい。日本料理は健康な飲食と称されて、人々がより多く関心を持って、健康の食物を食用するのも望む。だから私はこの日本料理の論文を書くのである。

 当論文は主に例を挙げて、道理を論証する論証方法を通じて、日本料理の精致さを論証したい。 当論文の意図は人々にいっそう日本料理を理解させて、同時に健康の飲食に関心を持つように気づかせて、多く美食を享受して、体の健康を愛護する。

1日本料理に対する簡単な紹介

1.1日本料理の特徴

材料と調理法に季節感を出すことを重要視して、旬の味をたいせつにする。また、材料の持ち味を生かして調理するために、強い香辛料をあまり使わない。そして、ほとんどの料理が主食である米食と日本酒に調和するようにつくられ、発達してきた。すなわち、ご飯のおかずであり、酒のさかなである。さかなはもともと酒を飲むときに添えて食べる物「酒菜(さかな)」の意であった。材料としては、歴史の項で述べたように、近代以前は獣肉の使用がきわめて少なく、これが日本料理を淡泊な味にする一要因となっている。また獣脂はもとより植物油の使用も少なかった。これらを補ってうま味を出すために案出されたのが、昆布、かつお節など独特のだしであった。また、室町後期に始まり江戸時代に普及したしょうゆは、基本的な調味料として、日本料理の味を特徴づける大きな要因ともなった。日本料理は目で見る料理といわれるように、外形の美しさを尊重して、盛付けの技術とか食器との調和をおろそかにしないことが特徴である。日本料理は大別して関西風、関東風に分けられるが、全国各地にそれぞれの気候・風土・産物・行事などから生まれた独特の郷土料理があることも見逃せない。

な姿と文様は誰が見ても美しく、無地には多さなどから、芸術の一分野とも

1.2狭義の日本料理種類

広義には日本に由来して日常作り食べている食事を含むが、狭義には精進料理や懐石などの一定の形式をふまえたものや、御節料理や彼岸のぼたもち、花見や月見における団子、冬至のカボチャなど伝統的な行事によるものである。和食と一言で言ってもその範囲はかなり幅広く、ここで代表的なものを挙げてみる。

1 代表的な料理

本膳料理

最も古い歴史を持つ、和食のルーツとされるもの。

会席料理

本膳料理を簡略化し、お酒や宴席に合わせたもの。

懐石料理

禅宗の修行僧が食べた食事を元にしたもの。

袱紗料理

本膳料理を簡素化したもの。

精進料理

僧侶が仏前に供えた供物を下げ食材にしていたのが始まり で、肉類・魚介類は一切使用しない。

普茶料理

中国の影響を受けた精進料理。

この他にも「寿司」「そば」「てんぷら」などが、代表的な日本料理としてよく知られている。[1]

1.3 3種類の代表的な料理 

1.3.1本膳料理

本膳料理とは、飯・汁・香の物の付いた本膳の料理を指す。一汁三菜、一汁五菜など色々な形式があり、 室町時代に確立した式正料理という儀式料理のなかで供された料理です。多いものでは七の膳まであり、 食べ方も複雑でした。後には、簡略化された二の膳付きの、二汁五菜・二汁七菜程度の袱紗料理のことを本膳料理と呼ぶようになった。

本膳料理は脚付きの膳に、料理が一度に並んで、本膳(一の膳)から五の膳までが並びる。

本膳(一番目に出す膳)を客の正面に置き、二の膳(二番目に出す膳) を客から向かって右側に置き、三の膳(三番目に出す膳)を左側に置く。

配膳の順序も決められており、上座の客を先に、順次、下座の客へと配膳し、最後に主人に配膳される。

1.3.2懐石料理

懐石料理とは、茶事を催す時に茶をふるまう前に供する食事のことをいう。 主催者である亭主の手料理で、給仕もすべて亭主が行う。千利休が唱えた侘び茶の精神によれば、 あくまでも茶を飲むことが目的であるため、料理は素朴で簡単なものを旨とし、一汁三菜が基本である。 一般に、禅宗の僧侶が、暖めた石を懐中して寒さと空腹を凌いだことに由来するといわれている。 現代では、「懐石料理」は「会席料理」とほぼ同様な意味になり、 本来の「懐石料理」を「茶懐石」と呼ぶようになっている。茶席でお茶を出す前に出される簡単な食事の事をいう。

茶道を起源に本膳料理よりも古い歴史を持つものである。鎌倉時代の頃、日本人は1日2食の生活を送っておった。特に、禅寺で厳しい修行を積む僧侶が、空腹をこらえるために温石を腹にかかえてまぎらしたと言われておる。この温石を薬石といい、懐石の語源だ。「全部食べ切る」「できたてをその都度、運ぶ」「季節感や祝いの心など言葉にならないメッセージを伝える」などが特徴、実際の懐石料理では飯・吸い物・向付・煮物椀・焼き物・強肴・箸洗・八寸・湯桶・香の物・菓子という順序がある。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接