浅析日本青春电影的发展方向之一——纯爱电影毕业论文_日语毕业论文

浅析日本青春电影的发展方向之一——纯爱电影毕业论文

2021-04-04更新

摘 要

摘 要

纯爱电影作为战后兴起的电影元素题材,集中体现了日本国民性中的“向善” 情结, 其恬静、含蓄、忧伤的情感深深抚平了日本观众潜在的戾气与绝望,提供给观众一种更为阳光、纯净、充满希望的生命体验。同时,纯爱电影还制造了一个理想化的情感“乌托邦”,在一个充满梦幻的影像世界中,在一场不涉及性欲、物质、阶层,甚至无关生死的纯粹爱情中,日本观众可以获得巨大的内心平静与情感满足。综合这些因素,纯爱电影在日本电影创作中长盛不衰。

本文旨在从电影演变的角度出发,通过借鉴国内外对纯爱电影美学研究成果,对日本的纯爱电影进行探索。本文首先简要阐释纯爱电影的相关概念及其渊源,指出日本纯爱电影的兴起及发展现状;其次,基于文献查阅的方法和对比、对照、分析、综合等研究方法,对日本纯爱电影对日本青春电影发展的影响进行探讨,通过不同时期的经典作品研究发展趋向;第三,结合现代电影的拍摄手法,对日本纯爱电影作较为细致的探索,找到目前受欢迎的日本纯爱电影的四个特征, 即主题特征、情节特征、叙事特征和时空特征,从而结合日本当代社会因素,分析日本纯爱电影受欢迎的原因。

关键词:纯爱;特征;进展变化;社会背景

目 次

はじめに 1

  1. 純愛映画の概念と根源 2
    1. 「純愛」の概念 2
    2. 日本での純愛映画の発展 2
    3. 海外の純愛映画と日本の純愛映画の関係 4
  2. 日本の純愛映画の特徴 5
    1. テーマの特徴 5
    2. ストーリーの特徴 7
    3. バラードの特徴 10
    4. 時空の特徴 16
  3. 日本の純愛映画の発展の社会的背景 20
    1. 戦後から 90 年代まで 20
    2. 発展が滞る前世紀末 21
    3. 繁栄になる 21 世紀 22

おわりに 24

参考文献 25

謝 辞 26

はじめに

ちょうど壊滅的な戦争の洗礼の後の日本を経験して、民衆はあまねく文化精神を切に求めている上は頼って、日本は全く映画がどうしても時機に会いが好きで、迅速に日本の映画の市場を攻撃占領して、日本は全く比較的際立っている日本式特色と優良なレベルが映画の中でそれにあまねく認可させられるのが好きです。日本の映画の振興に従って、芸術の映画の成長、日本は全く映画が次第に日に日に繁栄している態勢を発展して現しが好きです。1995 年に岩井の美しい 2 は《ラブレター》が正式に日本を開いて全く映画の新紀元が好きなことに頼って、推進して後期の映画の大規模化発展します。2004 年の《世界での中心の呼びかけの愛》(85 億円)は初の色調になって結んで全く映画が好きで、色を通じて( 通って) 朔太郎高校の時期に過ごす清らかな愛情を未来すばらしい愛情のあこがれの壊滅のに対して後がなくすのが自閉的なのと鮮明な対比に行います。この映画は《ラブレター》の後で初の一大センセーションを巻き起こす映画になります。

2004 年の《大体雨季に》(48 億円)、2006 年の《涙がきらきら光る》は( あとで 31 億円〉は皆巨大な切符売り場を獲得して成功して、すぐ至って、日

本の映画の興行収入のランキングの上位 10 名の中で、ほとんど毎年すべて全く題材の映画が入選するのが好きなことがあります。日本は全く映画は十分に日本の伝統の美しい意識にしみ込んだ中の物が悲しんで、上品で、静かで奥深くでたらめなことが好きです。映画の中で多すぎる伝統の米のためで、称賛に全く同時に映画の映画が好きにならせて、更にいくらでもある花鳥風月の類の美しい景色の楽しみ。

1 純愛映画の概念と根源

学術分野で、「純愛」は定義されていないが、一般的に受け入れられている。人々の心の中では、愛情は高貴で神聖で清純なものである。純愛とは、汚染されている世界でもきれいな心を持つということを意味している。

「純愛」の概念

純愛とは、単純で、経済、社会的要因などいかなる条件に制限されない、いかなる不純物のない、純粋な愛情である。広い意味で言えば、愛、肉親の情、友情を含んでいる、狭い意味で言えば、恋だけを指している、雪のように純白で、水のように澄んでいる恋を指している。映画の背景は学生時代で、男女学生の単純で深い恋愛物語が多い、そして、物語は平板で、画面が美しく、名残惜しくて、画面以外の深い感情が潜んでいて、悲劇で終わるものが多い。

初期、純愛という概念は日本文学に起源したものである。「純」とは、純粋と純情の意味であり、普通は純粋で美しい、悲しくて深く人々を感動させる恋を指している。これは後期の純愛映画の内容と同じである。淡い暖かさと甘さは純情への憧れをそそる。純愛は清々しくて健康な愛であり、だらだらと続く色気な文字がない、結末も静かに人々を感動させるだけである。

日本での純愛映画の発展

1938 年、川端康成と一緒に『文芸時代』を創設した中河与一は『天の夕

顔』を発表し、初めて日本の伝統的な純愛を見せた。小説の中で、全てを越えるロマンは現実を超え、人々の心を慰めた、現実で追いつけない一瞬の光であるが、切ない人生の旅の美しくて静かな駅の一つである。しかし、男女の間の愛情は人々の心を感動させる。

1982 年の『転校生』、1983 年の『時をかける少女』、1985 年の『寂しい人』、大林宣彦の少女係映画として、『ラブレター』と比べようもないが、日本の純愛映画の基調を打ち立てた。その後、フジテレビによって放送された『愛はブーメラン』、『東京ラブストーリー』、『第 101 回プロポーズ』は「90 年代純愛の三部曲」と言われいる。1995 年の『ラブレター』はその純愛の伝統を受け継ぎ、まだ消えていない純愛の炎を日本につけた、この映画によって、純愛映画はよりよい発展を迎えた。

全体から言えば、当時、日本の純愛映画には、景色のような美しい画面、治れない病気、秘密な恋、最終の分かれなどが欠かせないものである。純愛映画の中で、世界はシェアで、静かで、含蓄があって、少し悲しみがあるが、水のように純潔である。キスさえも表面的なもので、セックスはなおさらだ。映画が表現したいもっと深い感情は、ゆっくり鑑賞し、味わわないと感じられない。

日本の純愛映画には、王子と姫様のような愛は絶対ない、恋する二人は必ず愛し合うのを阻止する外部の障害に遭う、或いはある意味の距離で浸りが愛し合えない、しかし、二人は執着に愛し合うことを選ぶ。映画やドラマの中のカップルは、どんな困難にあっても、心を変えないで互を愛する。これはもう、日本式純愛の体系的なやり方となっている。長い間、更に現在でも、このような日本式の純愛は監督の心に根強く刻んでいる。

海外の純愛映画と日本の純愛映画の関係

前世紀で、日本の純愛映画への見方はただの鑑賞に留まっているが、映画界は日本の純愛映画の影響に対する探究がずっと続いている。2003 年に、韓国ドラマ『冬のソナタ』は日本で人気になり、日本の純愛映画の復興を推進した。同時に、日本の純愛映画のアイデアモードが本格的に受け入れられたと意味している。

しかし、21 世紀初期は日本の純愛映画の発展が停滞した。それで、外国の映画界に発展するチャンスを与えた、それに、日本の純愛映画を研究する時間もあった。2001 年の『猟奇的な彼女』と 2003 年の『ラブストーリー』は日本式のスタイルに影響され、恋を美しくて清々しいスタイルにした、当然、この二つの映画は経典となった。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接