中日佛教僧侣服饰色彩的流变毕业论文_日语毕业论文

中日佛教僧侣服饰色彩的流变毕业论文

2021-04-04更新

摘 要

世界上的人类、生活在丰富的色彩包围圈中。因为各种颜色、我们才能够区别种种事物。 因此、我们也可以通过色彩还表达自己感情。

佛教是世界三大宗教中、最历史的一个宗教之一。佛教作为社会各阶层的信仰的宗教而闻名。印度的僧侣服饰色彩取用的是坏色、在中国基于阴阳五行说和儒教思想的影响形成了五正色、并且在日本神道融合下、与清净的颜色的“白” 为服饰增加了新颜色。中国和日本是一衣带水的邻邦、两国间的交流已经有很长的历史。因此双方的传统文化中有各种各样的共同点。因为日本的岛国地理环境、宗教习俗、审美观念等原因、对颜色的认识和理解也会有些不同。

本文通过典型的中日两国不同的佛教服饰色彩审美意识、分析了色彩和民族文化心理的内在联系、从而比较中日的佛教服饰色彩文化。

关键词:佛教;服饰;色彩;印度;中国;日本;

目 次

はじめに 1

  1. 仏教の形成 3
    1. インドにおける仏教の形成と発展 3
    2. 仏教服飾の形成 3
  2. 中国における仏教の初形成 6
    1. 仏教が中国文化との融合 6
    2. 中国僧侶服飾の変遷と確立 8
    3. 中国僧侶服飾の色彩における仏教思想 10
  3. 日本における仏教の状況 13
    1. 日本における仏教の隆盛 13
    2. 仏教が日本文化との融合 13
    3. 日本僧侶服飾の革新 17

おわりに 26

参考文献 27

謝 辞 28

はじめに

長い歴史の長河の中で、それぞれの民族、国家、宗教はすべて自分の服飾の歴史を持っている。服飾は思想の文化で、等級制度、身分地位に対して最も著しくて、最も十分な現れである。

僧侶の服飾は仏教文化のに伴っていて入って来て、各国の文化の影響を受けて、それぞれ民主的な特色がある仏教の服飾を形成して、俗世間の服飾と明らかな違いを持っている。

人間が生活して豊富な色がないことはできない。自然な色は人間の社会生活を溶け込んで、人々の心理上で多い方面の影響が生じて、色は人間の生活する過程に入って、色は社会の文化の過程を溶け込んで、色の発生の過程、色はいったん文化になったら、きっと人間とのその他の文化は互いに解け合って、相互に作用して、政治、宗教、民俗と社会生活の多方面であるかの内容を溶け込む。これは過程で色の文化だで強化させられて、それによって人間の各方面に影響します。色彩は仏教の教義の発現様式で、宗教の雰囲気を作って境地、と僧徒の宗教の気持ちを導くの重要な手段である。

国際仏旗で用いられる色は、以下の 5 色である。

青 – 如来の毛髪の色で、心乱れず穏やかな状態で力強く生き抜く、禅定を表す。

黄 – 如来の身体の色で、豊かな姿で確固とした揺るぎない性質、金剛を表す。

0-1仏旗 赤 – 如来の血液の色で、大いなる慈悲の心で

人々を救済することが止まることのない、精進を表す。

白 – 如来の仏歯の色で、清らかな心で諸々の悪業や煩悩の苦しみを清める、清浄を表す。

樺 – 如来の袈裟の色で、あらゆる侮辱や迫害、誘惑などによく耐えて怒らぬ、忍辱を表す。

本文は深く突っ込んで分析して代表性の仏教の現象がありを重視して、ある研究成果を総合してみて、異なる時期や、同一の時期の異なる国家の間の仏教の僧侶の服飾の色に対して分析して、異なる歴史の時期に異なる国家の仏教僧侶と人々の審美興味と色彩観を展示して見て、それによって仏教の教義の発展する軌道を掲示して、仏教の中で求める境界美を探究して、歴史の文化の伝承して解ける合理的な変遷を現して、それによって仏教の文化に対して適切な認識と評価を作り出してみたい。

1 仏教の形成

インドにおける仏教の形成と発展

仏教は今から約 2500 年前のインドで誕生した。仏教は三大宗教の中では歴史が最も長いということになる。釈迦の本意は自らが悟った真理を広く社会に開き、苦悩に沈む民衆を救うところにあった。 その後、仏教は世界各地に伝えられ、各地でそれぞれ独自の発展を遂げた。

今、仏教は、人生の苦しみ・迷いから覚めるための因縁を説いて、人間の生きるべき道を明らかにしたものであり、死んだ時の葬式の為にあるものではない。

仏教服飾の形成

釈迦は世界の中の富貴栄華がすべて苦難の根源だと思って、彼は華麗な服を脱いで、着て出家する服を代表して、仏教を設立した。

それから、僧侶が仏教の服飾を着るのはすでに制度になっている。袈裟を着けるようになる前、仏教徒は他の宗教の修行者と服飾の上で区別がつかなかった。

糞掃衣とは、要するに僧侣の袈裟のことである。「糞掃衣」は、仏教がおこった時代のインドで、仏教修行者はこの衣を身につけるように仏教経典に定められている。袈裟は仏教の服飾として、釈迦を考案したものとされる。その出所は主に他人が墓地、田畑などで捨てるので、汚れあるいは血膿の布があって、洗って、染めていぶした後に縫うこきにする僧の衣服である。

この条数の違いで、袈裟は三種類に別れる。

この三種類の衣装が現在の袈裟の起源である。九条、七条、五条である。これを三衣といい、それぞれに用途がある。

1-1 糞掃衣

1-2 九条袈裟 1-3 七条袈裟 1-4 五条袈裟

九条袈裟、七条袈裟は荘厳される袈裟となり、儀式としての尊厳をもたらす為、デザイン化や文様化という形で美化され、金襴を用いながら匠の手になる立派な袈裟となる。五条は簡易化する袈裟となって象られることになる、本来に、内衣と中著衣などの意味である。その昔インドで僧侶が袈裟以外の衣を着けなかった頃には、大衣は上着や寝るときの掛布団代わり、上衣は衣、すこし小さめの仕立ての下衣は下着であった。

袈裟で左肩を隠して右肩を出しているのは偏袒右肩といって相手に対する敬意を表すインドの習慣から来ている。不浄の左手を隠し、一般に利き手である右手をさらすことで、攻撃しないことを示す礼法になったそうである。

1-5 偏袒右肩の僧侣

袈裟のこと、通常に青壊色・黒壊色・木蘭は壊色の三種類がある。

1-6 木兰色の僧侣

酒の瓶上に覆った銅器に生じる錆びの汚れた色。

    1. 青壊色

川底の土のような緇泥。錫の錆びついた色。純黒ではない。

    1. 黑壊色

木蘭の樹皮の色で黄みを帯びた褐色。赤塵、赤土で汚れた色。

    1. 木蘭

中国における仏教の初形成

仏教が中国文化との融合

(1) 中国への仏教の流入

西域を通って伝えられた仏教は、1世紀の後漢時代に中国に浸透し始めた。世界の四大古代文明の一つの数え入れられる黄河文明が成立し、幾多の国家の興亡の末、ようやく統一を得た漢帝国には、当時の中国には、高度な思想や宗教が発達し、民衆に行き渡っていたと考えねばならない。このような中国社会および民衆の思想状況の中で、その初期伝教が開始した。漢での仏教は道教の仙人である黄帝と一緒に仏陀が祀られており、不老長寿の霊力のあるものとして信じられた。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接