市场经济下的中日古玩价值研究——以瓷器和字画为例毕业论文_日语毕业论文

市场经济下的中日古玩价值研究——以瓷器和字画为例毕业论文

2021-04-04更新

摘 要

中文摘要

中日两国一衣带水,传统文化交流历史悠久,有很多相似相通之处,在手工艺品的创作上各有千秋。近年古玩收藏成为投资新方式,但中日古玩却有着截然不同的待遇。

本文以瓷器为例,中国瓷器价格普遍走高,官窑尤甚,但收藏者却络绎不绝; 日本瓷器则十分便宜,国内外拍卖会都难见日本瓷器踪影。通过对比中日藏品价格并尝试探究造成藏品价格差异的原因,以分析经济环境、中日古瓷器制造工艺以及国民对于古玩投资的态度的差异。

关键词:瓷器;价值;经济;艺术审美;国民思想

目 次

はじめに 1

  1. 中国の磁器の価値 2
    1. 元の青花瓷 2
    2. 清 3 代の磁器 3
  2. 日本の磁器の価値 5
  3. 中日の骨董価値の発展過程 8
    1. 中国 8
    2. 日本 9
  4. 中日の骨董価値差別の対比 10
    1. 財政の方面 10
    2. 芸術の方面 13
    3. 国民の思想の方面 18

おわりに 21

参考文献 22

謝 辞 23

はじめに

改革開放以来、我が国の経済が急速に発展しているとともに、人々の投資方式も変わってきた。収蔵市場は新しい投資ブームになった。古来、中日両国は密接に交流して、だから文化、習俗などの各方面でたくさん類似がある。経済成長の発展過程と収蔵市場の発展過程は何か類似じることがあるか。

本文は磁器を例して、両国の経済環境、磁器自身の芸術審美価値や、国民思想の方面に対する両国の収蔵市場の差異を研究してみたい。日本磁器は中国磁 器から影響を受けられると同時に、その自身の気持ちを含む。それで、本文は中日両国の代表的な陶磁器作品を選んで、比較してみたい。そして、経済、芸術と思想方面から、その価値差異の原因を研究してみたい。

1 中国の磁器の価値

中国磁器の数量はきわめて多くて、以下は元時代の青花瓷と清 3 代の磁器の中では一部分を選択して、参考になる:

    1. 元の青花瓷

1 元の青花瓷

骨董の名

価値/万元

青花六角形絵花紋梅瓶

111

武夷岩茶葉附元青花人物梅瓶

112.5

青花釉里紅龍紋梅瓶

921

青花暗龍高足杯

112.5

青花釉里紅龍紋耳方口扁瓶

6325

青花蕭何月下追韓信梅瓶

69000

青花鬼谷子下山図大罐

23000

青花龍紋四系扁瓶

9790

青花纏枝牡丹紋大罐

5175

青花葫芦紋葫芦瓶

5010

“錦香亭”図缶

4999

青花朝聖龍紋扁瓶

4827

青花龍紋大罐

4800

浮彫白龍紋罐

4457

纏枝牡丹紋大罐

3789

魚藻紋大罐

3146

纏枝牡丹紋大罐

3100

纏枝牡丹紋葫芦瓶

2864

纏枝牡丹紋双魚耳大罐

2330

“歳寒三友鹿銜霊芝”図罐

2226

纏枝牡丹「海馬」図獅鈕蓋罐

2045

魚藻紋折沿盤

1508

纏枝牡丹紋罐

1452

纏枝牡丹紋大罐

1344

魚藻紋盤

1330

印花纏枝牡丹魚藻紋大盤

1055

龍紋獣耳大罐

1015

纏枝牡丹紋梅瓶

1003

開光鳳紋八楞罐

1001

2 元の青花瓷の価値のまとめ

種類

件数

総取引金額/万元

平均取引金額/ 万

16

65209

4076

10

96963

9696

2

2563

1282

1

112.5

112.5

清 3 代の磁器

3 清3代の磁器

骨董の名

価値/万元

康熙青花五彩山水人物文将軍大罐

5793

康熙紅緑彩描金獣面紋尊

2346

康熙米色黄釉五彩玉堂富貴玉壺春瓶

8970

康熙青花釉里紅団花鋸歯紋揺鈴尊

1920

雍正臙脂紅玉壺春瓶

7725

雍正粉彩過枝福寿双全碗

4258

雍正粉彩松鹿紋揺鈴尊

4442

雍正倣哥釉五孔瓶

1127

雍正嵌器磁瓶

6776

雍正粉彩過枝福寿双全碗

5072

雍正粉彩過枝月季梅花図大盤

4994

乾隆琺瑯彩任務紋胆瓶

11587

乾隆琺瑯彩題詩揺鈴尊

2971

乾隆青花海水紋釉里紅抱月瓶

1738

乾隆「慶事有余」瓶

55000

乾隆「花石錦鶏」図瓶

11500

乾隆琺瑯彩栄華富貴灯籠尊

8400

乾隆纏枝回紋葫芦瓶

8344

乾隆琺瑯彩「四季花卉」図紙棰瓶

14000

乾隆粉彩九桃天球瓶

9026

4 清3代の磁器の価値のまとめ

種類

件数

総取引金額/万元

平均取引金額/ 万

1

5793

5793

11

135793

12345

2

9330

4665

1

4994

4994

5

20079

4015.8

明清の磁器は宋元の磁器の基礎上で中国伝統的磁器業のピークに達して、清

  1. 代(康熙、雍正、乾隆時期)磁器は我が国の磁器の集大成である。清 3 代磁器が巧みな技術や優美な絵と紋があるので、その価格に始終着実に上がようになる。

1994 年から 2008 年まで、国内外で 35 個競売会社合わせて、青花瓷器は 566

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接