日本耽美文学与中国同志文学中同志形象的异同毕业论文_日语毕业论文

日本耽美文学与中国同志文学中同志形象的异同毕业论文

2021-04-04更新

摘 要

耽美,可以解释为沉溺于美之中。“耽美”一词最早是为了反对自然主义文学而呈现的一种另类的文学写作风格。

实际上,一切可以给读者一种纯粹美享受的东西都可以是耽美的题材。日本耽美文学的可以解读为“唯美主义”的文学,而中国同志文学虽然看似与耽美文学如出一辙,但是在其中所表现的内容、艺术手法却南辕北辙。

本文就日本耽美文学和中国同志文学中的人物形象的描写手法进行分析,在场景描写、语言描写、心理描写三方面入手,通过分析描写的手法,更加突出社会性原因和历史性原因在文学作品中对人物形象的推动作用。

关键词:耽美、同志、唯美主义

目 次

はじめに 1

  1. 中日文学作品における画面描写の比較 2
    1. 出会いのシーン 2
    2. 初恋のシーン 3
    3. 別れのシーン 5
  2. 中日文学作品における言語描写の比較 7
    1. 熱愛の言葉 7
    2. けんかの言葉 8
    3. 別れの言葉 9
  3. 日本文学作品における心理描写の比較 11
    1. 縺れた心理 11
    2. 認可の心理 12
    3. 達観の心理 13

おわりに 15

参考文献 16

謝 辞 17

はじめに

BL 文学はかっこいい男、男と男の間の純粋の恋愛を主とする文学作品の一種である。BL 文学を創作する者には、女性が多いが、彼女たちは同性愛に賛成するとは限らなく、多くの女性は男と男の間の純粋の愛情が好きだだけである。また、BL 文学を創作する者は学生だったり、勤め人だったりで、専業作家とは限らなく、ただ趣味の原因でインターネットで BL ノーベルを書いたのである。また、耽美でも、耽美文学でも、同性愛または同性愛文学から生まれたものではなく、日本のアニメ文学の延べである。耽美は同性愛と同じ意味ではないという点で、耽美文学は同性愛文学と同じ意味ではない。このために、同性愛と比べ、耽美はさらに理想的であり、美しく、純粋の愛である。また、同性愛文学と比べ、耽美文学は主に女性の審美視覚から、女性としての筆使いで描いた男と男の間の実現しそうでなかなかできない純粋の愛である。それに反して、同性愛文学を創作する者は一般的に同性愛に賛成したり、同性愛者に深く同情を持ったり、または同性愛傾向のある男性である。このために、同性愛文学は耽美文学のように美しく、幻の雰囲気を持たなく、重点的に同性愛者の感情世界および人性を注目する。また、常に現実社会の同性愛者の苦境を疎かにした耽美文学と違い、同性愛文学は一般的に同性愛者が面している残酷な社会環境や家庭環境や世論などの重苦しい物事を基調する。

これによって、日本の耽美文学と中国の同性愛文学の間には、大きな差異がある。このために、文学作品の人物形象から入手し、両者の異同を検討したいと思う。

1

1 中日文学作品における画面描写の比較

    1. 出会いのシーン

この度、本論文は二つの作品を対照的に分析することにより、中日の BL 文学を比較してみる。まずは秋月こお(中国訳は秋月皓となる)の『富士見二丁目交響楽団』という作品である。この作品は日本の三大長編 BL ライトノベルの一つであり、6部からなり、小説の章内と章外を合わせて 31 巻になった。本論文は第一巻の「寒冷前線コンダクター」という部分の段落を取って分析してみる。

彼の顔はすこしカラヤンに似て、痩せた顔をして、神経質と見えますが、周りを払う威容をしている人です。また、浅黒の長い顔には英気が溢れた眉毛と鋭く細長い目と個性ある顎といつも人を嘲笑している薄い唇があります。

上述の描写は二人の初対面のシーンである。重点的に相手の容貌を描くことにより、読者に自身の視角から小説の世界へと引導する傾向がある。まるで、伴侶を探すような主観的な分析は徹底的であり、強い感化力があり、その後の物語にしっかりした基礎を作った。

その一方、中国の作品から見ると、ここで『富士見二丁目交響楽団』を同じ時代の中国の小説ー『北京物語』1と比較してみよう。また、『北京物語』の作者について、ペンネームという筱禾だけあるという点で、中日両国がこの類の文学作品に対する態度上の差異が窺えた。つまり、一人は作品がたくさん連載され、家々に知られている文学家であるのに対して、黙々として書いた作品が

1 『北京物語』はもともと 1998 年 10 月に「花招」というネット雑誌に掲載された小説であり、主人公の蓝宇と陳捍東の愛の物語である。

映画化されたことがあるが、作者自身の名声が大きくないということである。ここで作者についてもう言わないが、ではこの作品について具体的に分析してみる。二人の主人公の初対面のシーンについて、作者が以下のように描いた。

蓝宇さんはちょっと緊張して、わたしと握手しました。二人の視線がかち合った時、わたしは彼のゆううつと不安と疑問が溢れた目つきはいつまでも忘れません。すこしも笑い顔はありませんでしたが、ありふれた機嫌の笑い顔も。白くない皮膚ですが、顔がきれいで、清らかで、鼻がまっすぐに伸び、口がぴたりと閉まって、何も表情がありませんでした。なんとなくドキドキしてき、久しぶりの感じだと思います。

上述の描写から見ると、主人公の形象の描写は確かに使命感を持つことである。作者として、必ず人物に個性のある人性的な描写を与えなければならない。つまり小説の主人公という視角で、相手は必ず自分に深刻な印象を与えるものだということである。このために、目線のかちあいはいちばん直感的な表現方式になった。それは外部から心までの表し方であり、同時に抑えられた人性から抜け出そうとする作者の意図が窺える。

    1. 初恋のシーン

もし、彼が怒る時、わたしは力も大きくなくて、結局……ああ……守村と呼ばれると、わたしは怯えて頭を下げます。そして、桐ノ院は両手でわたしの顔を支え、彼の指でわたしの耳を愛撫しながら、自分の顔をわたしに近づき……この時わたしは彼の

呼吸を感じることができます。2

上述の描写から見ると、作者は二人の主人公を恋人のように描いたということが分かった。一人は強いが、一人が弱いというようなはっきりとした性格上の差異である。作者は描写を通して、このような恥じらう様子の守村を読者の目に示したという点で、この種類の恋愛はその時の日本社会および日本大衆に認められるということが分かった。同時に、この描写からその時の相対的に開放的な社会環境および文字から溢れた暖るさが見られる。

しかしながら、『北京物語』は読者にもう一つの場面を表した。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接