历史主义下的现代中日用餐礼仪的比较毕业论文_日语毕业论文

历史主义下的现代中日用餐礼仪的比较毕业论文

2021-04-04更新

摘 要

饮食文化是中日文化的重要组成部分,而用餐礼仪在饮食文化中占有重要地位。中国的用餐礼仪历史悠久,虽然在历史变迁中有很多的演变,但也能从现代的用餐礼仪中发现中国人一直传承的饮食文化。日本的用餐礼仪大多源于中国,在这基础上演化形成了一套特有的用餐礼仪,其中蕴含了日本人的饮食观与文化特点。对日本用餐礼仪的研究也可以帮助我们了解并尊重他国的饮食文化。

本文运用文献研究法、比较研究法等通过查阅中国用餐礼仪和日本用餐礼仪的资料进行对比。首先概述中国和日本用餐礼仪的渊源,找出日本用餐礼仪中的中国影响,阐述古代日本用餐礼仪中有中国文化的渗入。然后分别阐述中日现代用餐礼仪的方式,主要从座位安排、菜品选择、用餐方式、禁忌事项等方面进行表述。最后对两国用餐礼仪进行总结比较,找出异同点,进而发现其中的文化内涵。

关键词:饮食文化;用餐礼仪;饮食方式

要  旨

飲食文化は中日文化の重要な部分で、その中に食事の礼儀は重要な地位を占める。中国の食事礼儀は歴史が長く、歴史の変遷によっていろいろな変化があるけれども、現代の食事礼儀に中国人がずっと伝承されている飲食文化を発見できたことである。日本の食事礼儀は中国に源があり、その基礎で日本特有の食事礼儀が形成され、その中には日本人の飲食観と文化の特徴が含まれている。日本食事礼儀の研究によって、他国の飲食文化の了解を助けてくれる。

本稿は文献法、比較法などという研究方法を使って中国の食事礼儀と日本の食事礼儀の資料を対比した。まず、中国と日本の食事礼儀の淵源を概括し、日本の食事礼儀中における中国の影響を見つけた。古代日本の食事礼儀には中国文化の浸透があると述べた。そして、座席手配、料理種類、食事方式、タブーなどの方面から中日現代の食事礼儀の方式を説明した。最後、両国の食事礼儀を比べて、その食事礼儀と中国の食事礼儀の異同点を見つけた。また、その文化の内包を発見した。

キ—ワ—ド:飲食文化;食事礼儀;食事方式

目  次

はじめに 1

1 中国現代食事礼儀の方式 2

1.1 中国食事の座席手配から見て 2

1.2 中国の料理種類と食事方式から見て 3

1.3 中国食事のタブーから見て 6

2 日本現代食事礼儀の方式 8

2.1 日本食事の座席手配から見て 8

2.2 日本の料理種類と食事方式から見て 8

2.3 日本食事のタブーから見て 12

3 中日現代の食事礼儀の異同点 14

3.1 相同点 14

3.2 相違点 14

おわりに 17

参考文献 18

謝  辞 19

はじめに

飲食文化の歴史は人類文化の歴史とともに長い歴史を持っている。飲食文化は、食材、調理方法、食事習慣、食事礼儀など、多方面の要素を含んでいる。同時に礼儀は人々のコミュニケーション準則として、言語だけでなく、道具でもある。食事礼儀は飲食文化と礼儀の融合である。中国は日本とともに東南アジアの国家に属し、両国が歴史文化において相互に結合したり影響したりしているが、そして食事礼儀において継承性を持っている。

「文献によれば周代から、中国の食事礼儀は完備な制度が形成された。食事の礼儀は歴史が長い」。[1]これらの食事礼儀は後の社会実行において、完全に整っているのである。古代社会で重要な役割を発揮し、現代社会にも影響を与え続け、文明時代の重要な行為規範となるのである。

中日両国の付き合いは一七00年余り前の漢に遡ることができ、唐は両国の文化交流のピーク時である。日本の平安時代から、唐朝のものなら庶民や、特に貴族たちはとても崇拝し、そして模倣していた。中国の食文化も日本に溶け込み、伝わった食事礼儀も日本の食事礼儀の基礎を築いていた。

文献研究によると、日本の飲食文化は、深い中国伝統的な飲食文化の痕跡を残っているが、日本の地理、歴史、文化などの相違によって、中国飲食文化の伝承後、独自の発展と変化を遂げた。これは食事礼儀における両国の共通点と相違点が決められる。

本稿は文献法、比較法などという研究方法を使って中国の食事礼儀と日本の食事礼儀の資料を対比して、両国の食事礼儀の異同点を検討したい。

  

1 中国現代食事礼儀の方式

人間一切の社会活動は必ず社会の規則を守って、人たちの飲食の交際も同じである。中国は古代から「どう食べるか」と言う問題を関心し、テーブル上の礼儀に重視している。今でも中国人は食事時の礼儀は非常に重視する。小さい頃から「食事は食事なりの礼儀がある」と親が子供に教育する。一人の食事礼儀でその人の家族背景、長期教養、それから全体価値観を見ることができる。ある国の普遍的な食事礼儀は、自国の文化的特性と内包が見抜かれることは難しくない。

  

1.1 中国食事の座席手配から見て

中国は昔から「礼儀の国」と呼ばれ、社会の調和を守るために礼儀の基本思想は社会、家庭の中、集団で上下尊卑、長幼の序と要求されている。現代生活中の社会にもこの思想が必要である。

そのため食事時、座席の手配もとても重要である。

座席の順番について自宅にしても、お客さんを招待する場所にしても、席の尊卑はドアの位置で決まるものである。ドアから一番遠い、そしてドアに向かっているのが主位である。主位は一家の主または目上の人やお客さんを招待する主人が座る席である。主位が決まった後、他人は身分や年齢などの違いによって順番に主位の左右から着座する。家庭または商務の会食をする時、主位は目上の人が座るはずである。家庭で日常の食事をする時に主要な席と副次的な席をはっきり区別していないが、一般的に家の老人が食事の過程で邪魔が一番少ない座席に座るはずである。子供は一番良い席に座ることができなく、食事の座席の手配は小さい時から教育されるべきである。

1.2 中国の料理種類と食事方式から見て

1.2.1 料理種類

テーブル上の料理の選択は非常に重要である。異なった場合、異なった季節に選択する料理はまったく違うかもしれない。たとえ普段家で食べても、食材も適度に違うということがある。料理は実があるだけではなく、人の好みに合ってまた健康によいものである。だから食事時の総菜選択も食事礼儀を体現できる。お客さんに招待する時には次の点をご注意しよい:

(1)総菜の組合せを注意すること

食卓の料理は普通冷菜と熱菜を組み合わせて、またどの料理も肉料理や精進料理を含んでいるはずである。料理の多様性に気をつけなければならなく、特に料理の調理法に注意し、ソテー、炒め、佃煮、揚げた料理はできるだけ作るのである。

(2)みんなの好みを兼ねること

人の好みは違うので、料理を支度する時にすべての人の好みを配慮しなければならない。普通は大衆好み、調理が手っ取り早い料理を用意して、食卓に好きな温かい料理がないことを避けるはずである。

(3)総菜の数量を適量にすること

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接