中日传统婚礼中的禁忌研究毕业论文_日语毕业论文

中日传统婚礼中的禁忌研究毕业论文

2021-04-04更新

摘 要

结婚是人生中非常重要的时刻,对人的一生有很大的影响。我觉得婚礼禁忌是人们对美好婚姻生活的向往和期待。人们对从新娘打扮的细节到整个结婚仪式全过程的最后都很讲究,也很重视婚礼禁忌。随着社会的发展,婚礼习俗在形式上有着各种各样的变化。但是,很多传统婚礼中的禁忌直到现在依然被人们注意。

不同的国家有着不同的习俗。由于文化的差异,在交往过程中可能会引起摩擦和误会。互相了解彼此在重要场合的禁忌是有必要的。通过对中日传统婚礼禁忌的研究能够让人们在社会交往中更顺利,也能了解异国文化背后的心理和寓意。

这篇论文首先论述了禁忌的起源和定义,对于禁忌的定义有很多说法。文中罗列了几个代表性的解释。其次,本文将中日传统婚礼中的禁忌分为两大部分, 一个是中日传统婚礼中的禁忌语,另一个是中日传统婚礼中的禁忌行为。其中, 从语音语调、禁忌语的含义、禁忌语的表达方式这三点来论述中日传统婚礼中的禁忌语。接着尝试以人的五感为出发点对关于中日传统婚礼禁忌行为现有的研究成果进行整理归纳,让人们了解中日传统婚礼禁忌的异同之处。并通过举例说明这些禁忌背后的寓意和含义。互相的理解和交流可以避免文化差异引起的误会。

关键词:婚礼;禁忌;异同;寓意

目 次

はじめに 1

  1. 禁忌の来由と定義 3
    1. 禁忌の来由 3
    2. 禁忌の定義 3
  2. 中日の伝統的な結婚における言葉禁忌 5
    1. アクセント 5
    2. 字の寓意 6
    3. 表現の方法 7
  3. 中日の伝統結婚における行為禁忌 8
    1. 聴覚下の禁忌 8
    2. 視覚下の禁忌 9
    3. 嗅覚下の禁忌 10
    4. 味覚下の禁忌 11

おわりに 13

参考文献 14

謝 辞 15

はじめに

社会が発展する過程において、それぞれの時代や社風俗が存在する。特に婚姻を法律という形式で会には異なって婚姻制度や制度化してから、民衆によって引きがれてきた伝統的習俗もその制約を受けざるを得なかった。

中国伝統婚礼の全過程はだれも花婿の長い服とチョッキ、赤い花とミルキーハット、新婦の赤いベールとお目出度い赤い服、新婦を出迎える華やかな駕籠、耳を突く爆竹の音、敬虔な「三拝」(天地、父母、夫婦が拝すること)、独特な交杯酒など思い浮かぶ ことであろう。漢民族の伝統的結婚儀式は日本に比べるときわめて複雑である。「周礼」、「儀礼」、「礼記」といった中国の儀式典礼に関する古典書物には、例外なく「結納」「問名」「納吉」「納清」「清期」「親迎」という六種類お結婚儀式スタイルが書き記されている。1

日本の伝統結婚式について内容がとても豊富である。日本が『唐律』を手本としていた律令時代に日本社会の婚姻形式は、婿入り婚が一般的であった。それは女性が嫁入りをせず、男性が妻に婿として入る形態である。まず女性側の親族が結婚を認める。婚礼は妻の家で行われて、新宅も一定期間に妻の家に設けれれた。平安時代にあった服役婚では男性が妻に家で二、三年の間働くことで妻を連れて出ることが許された。一種の婿入り婚の形態である。これら伝統的な婚姻形態の中で女性は主導地位を占めていた。したがって、『唐律』を模倣して制定され結婚家族に関する法律はそれほど徹底的に実施されていなかった。

1 万建中 中国民间禁忌风俗 北京:中央编译出版社 2010.9 P52

今、国際コミュニケーションのチャンスがますます増えてきた。最近、テレビ番組を見った、一つアメリカ女性は中国へ嫁に行ったばかりのころ、文化背景の異なるので、いろいろとんちんかんなことをやらかしたものである。報道によって、一部の中国スターは韓国人と結婚した。後で、私は違った国からの二人はだれ方の婚礼風俗のとおりに結婚式を挙げるかと考える。私は資料をさがすとともに婚礼について禁忌文化はとても面白いと思う。中国でも日本でも結婚式における禁忌は少なくない。結婚式における禁忌の研究を通じて、人々の間のコミュニケーションを円滑に進めるために役に立つことができると思う。

1 禁忌の来由と定義

禁忌の来由

国際で禁忌その言葉はタブーと総称される。タブーとはもともとは未開社会や古代の社会で観察された。何をしてはならない、何をすべきである決まりは、個人や共同体における行動のありようを規制する広義の文化的規範である。ポリネシア語が塔布語源である。

1777 年にイギリスの航海家としてクーク船長は中太平洋ポリネシアの群島のトンガ島に来て、彼は現地の土着の住民が珍しい生活の現象がありを発見して、たとえば、ある種類のものがただ酋長、祈祷師、部落長は使われる、普通な人は使えない;いくつか場所は成年男性だけが入ることを許して、女性と子供が内に入るべからず、いくつかものはいくつか特殊な目的に用いることしかできなくて、普通な場所で使えない、もしも違反したら、厳重に処罰させられる。

十八世紀末ジェームズ・クークが旅行記において、ポリネシアの習俗を紹介する際に用いたことから西洋社会に伝わり、その後世界各地に広まった。2

禁忌の定義

禁忌はトンガ語で「神聖とか邪悪な物事に対して忌み」という意味である。それは人類であまねく存在して、ある社会性と宗教性に付いている文化現象で

2 柳田国男. 禁忌習俗事典:タブーの民俗学手帳[M]. 河出書房新社, 2014. 笔者译

ある。社会の秩序と宗教の神聖を守るために引用する。次第に民族特色があるの禁忌になった。禁忌の意味についてたくさん言い方がある。『トーテムと禁忌』の中でフロイトは禁忌の原因について議論するときに言及した。トーマスは「禁忌が人あるいは鬼体にすることをマスコミとして伝えることができる」と思う。ウーデットは禁忌とは物体に対して恐れる心理を発生するのある習慣、このような恐れるのがよく宗教に崇拝の思想と行為と関係があると思う。3彼は禁忌の起源に言及するとき「すべての禁忌の中にあのような言葉がない命令を埋蔵する、空間と時間に従って無数な変異をもたらするが、しかし、それらの起源はひとつだけがあり:悪魔が憤怒しているのに注意する。」と思う。セミョーノフ は禁忌が原始的集団から熟している人類を取って代われて、それは一切社会の規格の中でもっとも古いと思う。

3 任骋 中国民间禁忌 山东: 山东人民出版社 2012.11 P37 笔者译

中日の伝統的な結婚における言葉禁忌

言葉は社会の現象で、人々が社会の付き合う時に、思想の交流する重要な交際道具である。人間の日常生活の中で、社会習慣や宗教の信仰などなので、特定の場合、時間、式典の下ある種の特定の言葉や文字を避けて、このような禁忌言葉や禁忌文字を禁忌言葉に称させる。禁忌語は日本語で「忌み言葉」と言われる。日本『大辞林』の定義とは信仰上の理由や、特定の職業・場面で使用を避ける言葉のことである。不吉の意味の語を連想させる言葉が多い。

    1. アクセント

禁忌ことばの中に組み入れた一部の典型的な同音語がある。たとえば:「4」のある発音、「死ん」でもは同じな発音があってので、結婚の場合で「4」が人に死を連想させやすくて着いたそうだ。死ぬ酢に対してから、よく「よん」その読み方を使う。また、「9」のある読み方、「く」があて、「苦い」読み方までに連想しやすくてから、それも使いことを避ける。

日本では特に新婚、はさみ類の縁起が良くないもののような贈呈することはできなくて、「きっぱりと関係を断つ」ような意味があって、とても縁起が良くないだから。中国では新婚のこのような祝い事は時計やナシなどような贈呈することはできないので、このように「死に水を取る」と「分離」ような意味がある。

字の寓意

日本では、引出物の品数が偶数であったり,結納の人数が偶数だったりすると

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接