日本と中国の贈り物の習慣についての比較研究毕业论文_日语毕业论文

日本と中国の贈り物の習慣についての比較研究毕业论文

2021-04-04更新

摘 要

由于中日两国拥有不同的传统文化,两国人民在对“送礼”这个词的理解也不为相同,习惯及禁忌也是传统文化中不可缺少的一部分,本文以“禁忌习俗”为切入点进行研究分析,阐述“送礼文化”中中日两国所表现出的异同,旨在加深对日中两国之间对赠礼交往习俗的了解,归纳其相似之处,比较两国文化差异。通过对比论证举例论证的手法,基于归纳总结先行研究与民间习俗等基础之上,来论证文章主旨。本文从“文化”一词中透析出的社会现象,也能便于对中日两国文化现状的分析及研究。并且透过本文看到从古至今中日两国人民在“送礼习俗”上的演变和延续,从而展现出两国社会面貌的变迁,有利于展现两国文化的发展,更好的突出中日文化各自的特点。

关键词:禁忌;文化;习俗;差异

要  旨

中日両国がぞれぞれの伝統文化を持っているから、両国の国民は「贈り物」という言葉への理解もそれぞれであり、習慣及び禁忌も伝統文化の不可欠の一部分であり、その故、本論文には「禁忌」に絞り、「贈り物の文化」の中に中日両国による表現された共通点と相違点を述べる。本論文は「禁忌習俗」をキーポイントの一つとして研究と分析を行い、中日両国の間で贈り物関連の交流と習俗を理解させられ、似ている部分を纏め、両国文化の相違点を比較する。比較論証、挙例論証を通して、先行の研究と民間の習俗などに基づき、この論文の主旨を論証する。本論文が「文化」という言葉から徹底的に分析された社会現象も中日両国文化の現状への分析と研究に役に立てる。その他、本論文により古代から今まで中日両国の国民の間で「贈り物の習俗」の成り行きと続きを見せられ、更に両国の社会面貌の変遷まで展示させる。それにより両国文化の発展を展示られるだけではなく、中日文化においてそれぞれの特徴をよりよく表現できると考えられる。

キーワード:禁忌;文化;習俗;差異

目  次

はじめに 1

1 中日の贈り物の習慣について 2

1.1 中国の贈り物の習慣について 2

1.2 日本の贈り物の習慣について 3

1.3 中日の贈り物の習慣についての比較 5

2 中日の贈り物の習慣における禁忌 7

2.1 中国の贈り物の習慣における禁忌 7

2.2 日本の贈り物の習慣における禁忌 8

2.3 中日の贈り物の習慣における禁忌の比較 10

3 中日の贈り物の習慣の差異の原因について 12

3.1 文化差異について 12

3.2 社会国情差異について 13

3.3 地域差異について 14

終わりに 16

参考文献 17

謝  辞 18

はじめに

中国と日本は両方とも礼儀の大国であり、長い間に自分なりの文化体系が形成した。贈答行為が特殊な社会現象として中国でも日本でも悠久な歴史を持っている。

中国には、贈答行為がただの社交の形であることではなく、文化として中国文化の延長と発展であることも言える。日本は贈答が一番大好きな民族であり、中国と同じ自分なりの贈答文化を持つ。中国と日本は隣国であるため、文化において共通的なところもある。本文には両国の贈答文化を比較し相違点を纏めることで各自の特別なところを説明する。

「贈答文化」の中には、「禁忌習俗」が不可欠な一部分である。中国も日本も古代から非常に礼儀を重視している国です。もし、当地の贈呈習俗と禁忌をちゃんと理解してない場合、不愉快なことが発生する可能性がある。ですから、本文には中国と日本の「贈答文化」の中の「禁忌習俗」を比較し纏めることにする。

「贈答文化」には、中日の「禁忌習俗」が異なる原因を追求するに値する。本文は文献を調べた上でこの問題に対し分析や研究を行う。「贈答文化」の分析を通し両国の社会面貌の変遷が見られ、両国文化の発展に対してメリットもあると思っている。

1 中日の贈り物の習慣について

1.1 中国の贈り物の習慣について

人々は中国人の贈り物文化という概念に対して周知しているが、よくまちがえた。世界古代文明の発源地一つとしての中国は伝統文明て、赠り物をもらったら返礼すべきであることを重視する。「一滴の水のような恩にも、涌き出る泉のような大きさでこれに报いるべし」[1]と言われるように、新年や祝日の時も、親友と親戚を訪ねる時も、商業、貿易、貨物などにも「贈り物」が必要である。中国の贈り物の習俗には贈り物がわずかでも,その気持ちはくみ取るべきであることを重視している。贈り物の意味は価格ではなく価値である。『礼記・曲礼上』に「赠り物をもらったら返礼すべき、返礼しなければ、礼儀が正しくないことである」と書かれた。中国で「赠り物をもらったら返礼すべき」という観念は人々の心に生きている。『路史』の記載では、雲南の俗伝によると、、緬伯高は古代の士官緬氏に派遣されて唐朝にハクチョウを贈らせられ、沔阳湖を経由する時に、ハクチョウが飛んでいき、一枚の羽毛が落ちた。緬伯高が仕方なく一枚の羽毛を唐朝に捧げた。そして、「長者の万灯より貧者の一灯」と言った。唐太宗はその詩及びその詩に隠れた物語を聞いて緬伯高が忠誠で正直であり、使命を汚していなかったと思い、褒美を与えた。その後、緬伯高のその話は贈り物がわすかが、込められた気持ちがおめでたいということを語った。それも我が国で国民の間に赠り物をもらったら返礼すべき、感情を交流する描写になった。その後、宋代詩人の蘇轼の作品にもその典故を引用された。

中国人の贈り物には多くの学問を含め、相手、目的によって別々の贈り物を選ぶ必要がある。性格、地位、品位によって贈り物もそれぞれである。他人の宴会に参加する時に、とても遠くても通常では奥様に何かささやかな贈り物を連れていき、例えば、花束、果物、お土産などである。子供がいる家庭だったら、普通ではおもちゃ、キャンデー或いは簡単で面白い物を連れて行く。結婚式に参加する時に、繊細な人だったら芸術っぽいの飾り物、花束或いは実用の物を連れて行く。中国人は春節を重んじ、春節に訪問し合う場合ではタバコ、お酒、お茶及び保健品などの贈り物を持ち行く習慣がある。欧米の人々は一番重視しているクリスマスでも、若者は通常で自分が気に入る贈り物を選び、特定の習俗習慣がない。

その他、中国人の心に贈り物を贈るタイミングを選ぶのもとても重要である。中国人は贈り物はその場で或いはその人と向かう時に贈るべきである。通常では、皆の目の前で、グループの中の一人に贈り物を贈るのは不妥当である。贈り物を受ける人がほかの人にもうしわけない、受けていない人が「冷遇された」或いは「無視された」を感じさせられる。皆に「物質でお互いの関係お維持する」という感じを与えないように、親しい人に贈り物を贈るのも皆の目の前で行わないことにする。贈り物がわずかでありがたい、特別の感情を込める贈り物だけは皆の目の前で送ったほうが相応しい。結婚式に参加する時に、人々は贈り物が新婚夫婦の家まで贈ることがある。祝日を祝い、新年の贈り物を贈る時に、繊細な人は贈り物の上に自ら書いたカードを添付する。カードに受ける人、贈る人を表示し、祝日への祝福或いは挨拶も添付する。

1.2 日本の贈り物の習慣について

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接