中日两国垃圾处理方式的比较及其对中国的启示毕业论文_日语毕业论文

中日两国垃圾处理方式的比较及其对中国的启示毕业论文

2021-04-04更新

摘 要

随着经济的高速发展,人们生活水平的提高,伴随人类的生产、制造活动和生活,产生了大量的垃圾,环境保护问题也越来越受到来自世界各国人民的关注, 成为了焦点问题。众所周知,日本非常的干净,环境好。这与日本的垃圾处理方法和日本人较高的环境保护意识有很大的关系。中国作为发展中国家,目前垃圾分类十分简单,而且大部分垃圾都是填埋,很少回收,浪费了很多资源。在垃圾的处理问题上,中国仍与日本存在着较大的差距。日本有效的垃圾处理方式和对于环境保护的教育,对我国处理垃圾提供了有益的借鉴。

因此,本文将在先行研究的基础上,首先分别介绍中日两国垃圾处理方式。主要从垃圾的分类和回收两个角度进行分析。然后将对中日两国垃圾处理方式进行比较,明确日本在垃圾处理方式上领先于中国的地方,并分析中国的垃圾处理问题得不到改善的原因,即中国国民的环保意识不足,其重要原因为中国学校的环境保护教育有待改善。接下来,将对中日两国的学校的环保教育进行对比,并分析日本对中国的启示。希望通过本次研究,使日语学习者能够更加了解日本的垃圾处理情况以及日本人的环境保护意识。

关键词:中日;垃圾;处理;启示

目 次

はじめに 1

  1. 中国のごみ処理の現状 3
    1. 中国のごみ分類 3
    2. 中国における資源の循環的な利用 4
  2. 日本のごみ処理の現状 5
    1. 日本のごみ分類 5
    2. 日本における資源の循環的な利用 6
  3. 中日両国におけるごみ処理の現状の比較 8
    1. 中日両国におけるごみ分類の比較 8
    2. 中日両国における資源の循環的な利用の比較 8
  4. 中国のごみ処理問題が改善されていない要因-環境教育 10
    1. 中日両国における環境教育の比較 10
    2. 中国への啓発 11

おわりに 13

参考文献 14

謝辞 16

はじめに

生活ごみの分類・処理に関する研究は、中国において比較的に遅れた。しかし、中国の経済発展と総合国力の向上に伴い、ごみの分類・処理に関する研究も次第に行われてきた。しかし、システム的に詳しくごみ処理を紹介する論文は、依然として少ない。とりわけ、中日におけるごみ処理の比較に関する論文が極めて少ない。

邹晓涓(2012)は、「中日における廃棄物対応の体系の比較と反省」に、「工業化の高速な発展に伴い、市場経済に刺激を与えられており、現代社会に大量の廃棄物を処理する大きな負担をもたらされた。日本は、はっきりした分類の標準、秩序がある回収の体系、明確な責任の区分、有効な仕組みと社会における幅広い宣伝などの形により、廃棄物の回収、処理と減量化が実現した。しかし、中国の廃棄物分類、回収と処理の仕組みはまだ整っていない。対応策として、政府、企業、メディア、家庭と民間団体とのコミュニケーションと対話を強化し、実行可能性が高い政策と法規を作成し、明確な責任の区分と有効な激励の仕組みを立ち上げ、整っている廃棄物の分類と回収の体系を作るのが、中国にとって、廃棄物処理の効率を向上する根本的な方法である」と指摘した1。そして、方静(2013)は、「中日におけるごみ処理の比較と啓発」に、中国のごみ処理問題に啓発を与えるには、中日両国の国民の環境保護意識とごみ処理の実践を比較分析した2。

日本では、中国のごみ処理に関する研究も多く行われた。例えば、尹秀麗

(2008)は、「中国の生活ごみ処理の現状とごみ処理有料化政策」に、ごみの

1 邹晓涓「中日における廃棄物対応の体系の比較と反省」湖北经济学院学报第4期,2012

2 方静「中日におけるごみ処理の比較と啓発」科技创新导报第 16 期,2013

埋め立てを中心に、ごみ処理問題を分析し、ごみ処理を有機化することを提出した1。尹秀麗により、「ごみの埋め立てという生態問題の対応は、生態の回復と改良分野での先進的な技術を用いるべきだけでなく、制度上の革新にも力を注ぐべきである。生態の回復と改良は、利点がある一方で、不利もある。土地の埋め立てをさらに広く推進できるが、本当の衛生埋め立てが実現するわけではない。そして、制度上の革新は、ごみ処理問題を規範化することに有利であるが、技術上に妥当性が欠けている。したがって、両者を結びつけることにより、ごみ処理の効果がよくなる」と指摘された2。そして、「日本及び中国の含銅廃棄物にかかるリサイクルのための最適化の調査・研究」では、「ごみ処理行政化を法律化させる。環境統計体系の改善、環境法の執行の能力の向上などを通じて、公衆を次第にごみのリサイクルに参与するよう導くべきである」と分析された3。

本論文は、これらの先行研究により、大いに啓発された。中国、日本におけるごみ処理の現状を紹介、比較し、その共通点と相違点を明らかにする。さらに日本の先進的なところに重点を置き、中国への啓発を検討する。

1 尹秀麗「中国の生活ごみ処理の現状とごみ処理有料化政策」一橋社会科学,2008

2 尹秀麗「中国の生活ごみ処理の現状とごみ処理有料化政策」一橋社会科学,2008

3 日本メタル経済研究所 「日本及び中国の含銅廃棄物にかかるリサイクルのための最適化の調査・研究」, 2004

1 中国のごみ処理の現状

本章では、中国におけるごみ処理の現状を検討する。主に、中国のごみ分類と中国における資源の循環的な利用という二つの角度から、展開する。

中国のごみ分類

中国は、発展途上国として、ごみの分類が簡単であり、主にごみの埋め立て法が使われており、生活ごみ処理の方式も立ち遅れている。中国では、かなり長い期間にわたり、都市生活ごみの処理方式は、日本の焼却処理方式と違い、簡単な埋め立てによる処分が主体であった。したがって、都市生活ごみは、山のように都市の周囲と農村部に積み重ね、生態環境に悪い影響を与えることに加え、大量な土地資源も浪費している。

中国で、『都市生活ゴミ分類及び評価基準』は 2004 年に実施された。都市部の生活ゴミは、次のように分類している。ゴミの物理的、化学的及び生物的な性質により、1、回収可能な資源ゴミ(紙類、プラスチック、金属、ガラス、織物);2、粗大ゴミ(家具、家電);3、堆肥できるゴミ(生ゴミ、園林ゴミ);

4、燃えるゴミ(植物類、回収不能な紙類、プラスチック、織物、木材等);5、有害ゴミ;6、その他のゴミといった 6 つの種類に分かれている1。しかし、実施上には、主に生活ゴミを「生ゴミ」、「資源ゴミ」と「その他のゴミ」という三種に分けられている。さらに、分類せずに、どのようなごみでも一緒に捨てるところもある。つまり、中国ではごみ分類が徹底されていない。

中国で、廃棄物の処理方法として、埋め立て、堆肥、焼却など三種類の処理方法がある。しかし、中国では、工業廃棄物と都市生活ごみともに依然として

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接