日本の弁当文化について毕业论文_日语毕业论文

日本の弁当文化について毕业论文

2021-04-04更新

摘 要

中文摘要

日本便当营养丰富,注重搭配,反映了日本人对食物的高度讲究。日本的便当也具有观赏价值,材料包装反映了日本人注重季节感色彩搭配的美意识,便当本身也体现了日本人的缩小意识以及日本人的玩心及童趣,便当盒及食材表现了日本人热爱自然顺应自然与自然和谐共存的自然观。与此同时,便当也是日本社会母亲的爱的体现,反映了日本女性的社会作用之一。综上,通过便当文化能够看出日本饮食文化的特征和内涵。同时通过对便当的研究我们可以了解日本社会文化的一个侧面,它体现了日本民族特有的文化价值观,对于我们了解日本及日本民族是不可缺少的一个方面。

关键词: 日本便当 日本文化 影响 人文价值观

目 次

目 次

はじめに 1

  1. 弁当について 4
    1. 弁当の起源 4
    2. 弁当の種類 4
    3. 弁当の普及 8
  2. 日本の弁当文化から日本への影響 11
    1. 1 弁当文化が芸術への影響 11
    2. 2 弁当文化が食文化への影響 11
  3. 時代の移り変わりに伴う新たな要素 12
    1. 女の子は弁当で愛の気持ちを表す 12
    2. 現代日本社会で弁当の新しい用途 12

終わりに 14

参考文献 16

謝 辞 17

はじめに

この論文では、弁当の機能と用途について述べ、更に、日本文化でのその意義について考えてみたいと思う。

日本では、弁当は昔から広く使用されてきた。今では日本人の生活様式はす っかり近代化、西欧化されている。それにもかかわらずこのような食様式が、そして容器が、なぜ、どのようにして今日まで絶えることなく引き継がれてき たのか、ということに私は強い関心を抱いている。この論文で私は、弁当箱が どのようにして新しい価値水準、一つの象徴にまで達したかを、個人的意識お よび国家意識を中心に、社会的な相関作用やグループ意識について述べながら、検討してみたいと思う。

言うまでもなく、弁当箱は大抵の国で昔から使用されてきている。これを旅行に持っていく国もあるし、毎日の仕事に持参する国もある。弁当は本来このように実用的な目的で生まれたもので、現在でもほとんどの国で学校の昼食かピクニックに限られており、日常の社会生活で見ることがない。ところが日本では、学校に持っていく弁当箱も大きく変わってきているし、レストランでさえ弁当箱を特別メニューの贅沢な容器として使っている。

弁当箱に関しては、日本には長い歴史がある。これは食器として、また食物の保存容器として、広く用いられてきた1。奈良時代すでに、便利で美的見地からも価値のある箱があった。そのいくつかは今でも正倉院の宝物として残っている。

このように長い歴史をもっている日本の弁当箱は、その歴史の中で、形状・外観においても、象徴としての面、表にでない種々の価値の面でも、それぞれの時代にあわせて変身してきた。現在のようにマクドナルドやスパゲッティの洪水の中にあっても、日本の弁当箱は社会的ステータスと名声を維持し、しっかりと生き残っている。それどころか、スパゲッティやハンバーガーでさえ、その中身として取り込んでしまっている。

他の日用品同様、弁当箱も用途・目的にあわせて形状、外観、サイズ、色などを変えて作られている。現在その資材として一番多く使われているのはプラ

1 The Illustrated Encyclopedia of Japan, 1933, p.118

スチックですけれども、伝統的な形のものや、一昔前のアルミの弁当箱などもリバイバルしている。もっとも形は現代風の新しいものに、品質もずっと良いものになっていますけれども。若い人は今でもプラスチックの明るい色の物を好みことが、成人や中高年それに若いOLたちは、いわば伝統の再発見といったところか、このような新しい感覚を盛り込んだレトロなスタイルのものに戻ってきている。

日本のレストランでみかける弁当や弁当箱は、お客を殿様か大名、貴族あるいは富裕な商人になったような気分にしてくれる。弁当が運よく手に入ったとしても、中身はご飯と梅干しだけだった時代、玄米と麦のご飯しか入っていないために弁当の中身をかくして食べなければならなかった時代は、もう昔のことになってしまった。以前は、お弁当を持ってこられないために昼御飯の時間に「消えて」しまう人が決まって何人かいたものであった。皮肉なことに、現在では多くのOLが「体型を保つために」弁当を食べている。弁当は今では、簡単で低カロリーのものでもデラックス・メニューのものでも自由自在になった。

日本史や、現在の日本人の生活、社会の変化などを学ぶ場合に、弁当文化の研究は非常に有益である。日本人にとって、弁当箱は「グループ意識を失わずに自己を表出できる方法」ではないかと私は考える。人々にとって、これは他人とのつながりを強調しながら、しかも自分のアイデンティティを主張できるチャンスなのである。それでもやはり、人々は弁当によって自分が所属するグループの中での自分の役割と位置を意識させられる。豊かで洗練された食文化から生まれた道具である弁当箱は、社交の有用な歯車として働き。そして最後に、弁当箱を通じて、日本社会、日本文化の中に「遊び心」がどのように育ってきたのかを知ることもできる。この「遊び心」は、長い間戦争や国際紛争、国内の動乱などに苦しんだ後で、日本人がいま満喫している平和と大きな関連がある。

私は、いたるところにレストランやキャフェテリアのある今の日本で、なぜ弁当箱がこんなに人気があるのか、その理由も分析したいと思っている。そしてまた弁当箱が、その資材、サイズ、色などの点でなぜこのように大きく変わ

ったのか、なぜ弁当を特集した雑誌が毎年こんなに沢山出版されるのか、なぜほとんどの婦人雑誌がさまざまな形で弁当の作り方をのせているのかを分析してみたいと思っている。

1 弁当について

弁当の起源

日本では古くから弁当の習慣が起こり、他の諸国では例を見ないほどの発展を遂げていった。これは、日本で一般的に食べられるジャポニカ米が他国のインディカ米などと比べ、炊いた後冷めてしまってからでもおいしいという特徴を持つ故であるとされる。伝統的な日本の弁当は、ご飯と魚介類や肉料理などのおかずを主に、付け合わせとして梅干しなどの漬物を付ける。おにぎりや稲荷寿司などを詰めた弁当も人気が高い。弁当の具材は持ち運びがしやすい容器に入れられるのだが、その容器は「弁当箱」という名で呼ばれる。このような習慣は外国人の目にはしばしば日本独特の文化に映るようで、英語ではそのまま「bento」と呼ばれている。

昭和末期から平成の時代にかけて持ち帰り弁当専門店(通称:ホカ弁)やコンビニエンスストアが台頭し始めると、これらで販売される市販品の弁当を利用する者も増えていったが、元来の弁当はそれぞれの家庭で拵えていくものであり、これは日本の伝統的な家事の一つとして重要な位置を占めていた。明治時代になると鉄道駅で駅弁が売られるようになり、戦後はスーパーマーケットや前述の販売店などでも販売され始めたため、以後は事実上外販の弁当が利用者たちの主となっている。コンビニエンスストアに納入する弁当の製造工場は

24 時間体制で操業しており、多いものでは日産数万食にも及ぶ規模となっている。団体旅行や法事など、弁当に大量かつ一定の豪華さが要求されるような状況に向け、これらの製造に当たる仕出し料理店や料亭なども多い。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接