日中家庭教育観念の比較と啓示 —両親の教育観念を研究対象にして毕业论文_日语毕业论文

日中家庭教育観念の比較と啓示 —両親の教育観念を研究対象にして毕业论文

2021-04-04更新

摘 要

中文摘要

家庭教育观念在孩子的成长过程中具有决定性的影响,父母的家庭教育观念从而使得教育的影响力更为深远。在中国和日本,父母都特别重视发挥家庭教育的长期性和连续性的优势,对待教育问题从不懈怠。但由于政治、经济、文化等不同,两国的家庭教育观念也存在着差异。中国自古以来就很重视对孩子的教育, 如今中国的父母更是以孩子的教育为中心,但在家庭教育过程中,中国父母更偏向于孩子的智力开发,推崇知识教育;将自己置于绝对的主导地位,教育观念具有专制性;对孩子过于保护和娇惯,不利于孩子的健康发展。然而日本的父母更加注重素质教育,擅于根据孩子的实际情况运用科学有效的学习方法;和孩子建立一种平等的亲子关系,擅于倾听和沟通;注重培养孩子吃苦耐劳的精神和坚韧顽强的品质,使得孩子变得更加勇敢与独立。

物质决定意识,意识反作用于物质。本文通过比较分析中日两国父母家庭教育的现状、方式和观念,从而进一步得出日本父母的家庭教育观念对中国家庭的启示。在当今社会,光靠好成绩和高学历,拥有缜密的学术思维是不足以站稳脚跟的,结合中国父母家庭教育观念中的精华,在重视知识教育的基础上,汲取吸收日本家庭教育观念中的素质教育,并且得出一个科学的家庭教育观念,促进中国家庭教育健康发展。

关键词:中日;父母;家庭教育;观念;比较;启示

目 次

はじめに 1

  1. 中日家庭教育の現状 2
    1. 中国家庭教育の現状 2
    2. 日本家庭教育の現状 2
    3. 比較と啓示 3
  2. 中日両親の家庭教育方式 9
    1. 中国両親の家庭教育方式 9
    2. 日本両親の家庭教育方式 9
    3. 比較と啓示 10
  3. 中日両親の家庭教育観念 15
    1. 中国両親の家庭教育観念 15
    2. 日本両親の家庭教育観念 16
    3. 比較と啓示 17

おわりに 21

参考文献 22

謝 辞 23

はじめに

中国は昔から家庭教育を重視し、戦国時代から明清まで、伝わられた家訓が数えきれないほどある。例えば、諸葛亮の『誡子書』1、顔之推の『顔氏家訓』2 などは代表的なものである。両親は「望子成龍、望女成鳳」3のすばらしい願望を持ち、子供に知識と礼儀を備えることを教育し、強い家庭責任感と社会使命感を持つ。しかし、時代の発展につれて、両親の家庭教育観念には偏差が現れ、次第に多くの問題が明るみに出た。例えば、成績や学歴を追求し過ぎたり、厳しい専制教育方式、過度の保護と溺愛など。そして、日本家庭の両親はずっと素質教育を中心にしている。例えば、楽で有効に文化知識を学ぶことを主張することやコミュニケーションと励ましが上手で、子供と平等で調和に付き合うことなどが子供の独立性と忍耐力の育成を重んじ、子供が強靭で努力の品質を備える。科学的な家庭教育観念は中国の家庭教育観念において肯定的なところを維持しながら、日本の家庭教育観念の素晴らしいところを参考し、実際から始め、子どもの知能、趣味や心の世界を理解し、子供の革新的な精神と社会実践能力を培い、本当にすべてのことが子供のために、それと同時に、自分の文化と道徳思想素質を高め、子供の健康な成長を促進する。

1 三国時代の政治家諸葛亮が死ぬ前に、その息子諸葛瞻に残した手紙である。全文は知恵と理性、簡潔で謹厳な文字で、世の中に父親としての子供を愛する気持ちを深く表し、後世歴代の学生が身を修めて志を 立てる名作になる。

2 漢民族の歴史では、初めての内容が豊富で、システムが大きな家訓であり、学術著作でもある。顔之推が個人的な経験、思想、学識を述べ、それによって子孫を警告する著作であり、合計7巻、20 編である。

3 両親は子どもの出世を望み、自分の子供が学業や事業での成功を希望する。

1 中日家庭教育の現状

中国家庭教育の現状

現在、中国の家庭教育には両親が全力を尽くして子供にさまざまな文化と知識を受け取らせる現象がある。そして、社会の激しい競争の圧力の下で、ほとんどの両親は子どもへの期待が高すぎ、さらに自分の実現しない理想を子どもに押し付ける。家庭教育では、両親は子供の知能育成を重視し、学習成績を重んじ、子供が有名な学校に入学し、大学院生や博士に合格し、さらに海外への留学を励ます。すべてを尽くし、高価で子供に様々な塾や趣味クラスに入らせ、彼らに最高の学習環境と生活条件を提供する両親がいる。子どもを溺愛し、さらに「君がよく勉強すればよい。他のことには私たちができるだけ満足させる。」と言った両親がいる。「孩子在家庭中备受呵护和钟爱,过着“衣来伸手饭来张口”的生活。为使孩子学习好,能成龙成凤,除了学习,什么都不让孩子干。至于孩子的独立生活能力,对未来社会的适应能力,以及公民意识等则很少考虑, 有的甚至不考虑。」4

日本家庭教育の現状

日本では、システム的な知識の学習は学校に担当される。両親はあまり子供の学業に気をつかわない。家庭教育の重点は主に子供の各方面の能力と素質の育成である。子供が日常生活や人との付き合いではマナーを守ることを教育する。両親は子供の小さい時から、その独立性の育成を重視し、能力に相応することをし、身の回りの人に迷惑をかけないことを教育する。彼らのチームワー

4 张亭亭.《中日家庭教育理念比较及启示》.新西部,2009.20 期

クを培い、お互いに協力して助けることを学ぶことである。日本の家庭は、「武士道精神」5の教育を重視し、子供に寛容、愛、同情、不憫の美徳を備えらせ、積極的で根性よく、強靭な精神を培う。しかし、日本の家庭教育観念もその弊害がある。最も代表的なのは、日本の家庭等級制度6である。「父亲就是养家的圣人,总是那么的高高在上,而母亲却要肩负着家务和家庭的教育,也是非常的疲乏不堪。」7それで、家庭教育観念は良い相互補完と凝集力が欠けている。日本では、性別、世代や年齢の特権は非常に大きい。家族メンバーの間だけではなく、社会の各方面まで拡張する。

比較と啓示

      1. 比較

共通点は以下のとおりである。

中日両国の家庭教育現状から見れば、中国と日本の家庭教育観念は似たところがある。両国の家庭教育は伝統的な歴史があり、家庭教育観念が主に儒家文化の影響を受け、家庭倫理と道徳の構築を重んじ、子供個人の人徳と修養を重視する。両親は身をもって範を示し、子供に高齢者を尊敬し、幼い子を愛し、団結で友愛で、お互いに助けることを教える。中国の「二十四孝」8、「孔融譲梨」9など物語は広く伝われる。日本では、食事の前に「いただきます」、食べ終わると「ごちそうさまでした」と話す(画像 1)。しかも、目上の人が食べた

5 日本封建社会における武士階級の道徳規範と哲学である。武士道は、いくつかの美徳に基づくものである:名、忠、勇、義、礼、誠、克、仁。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接