異文化視角からみた織田信長と曹操の比較—功罪を中心に毕业论文_日语毕业论文

異文化視角からみた織田信長と曹操の比較—功罪を中心に毕业论文

2021-04-04更新

摘 要

跨文化比较,可以对与本民族文化有差异或冲突的文化现象、风俗、习惯等有充分正确的认识,并在此基础上以包容的态度予以接受与适应。随着经济社会的全球化发展,今天,不但“文化”概念得到发展,历史概念本身也因吸纳了人类学的“文化”概念而发生根本的变化,了解不同文化很重要。

在中日历史上,有两位无论出身还是性格都极其相似的人物,他们就是织田信长和曹操。正所谓“时势造英雄”,曹操生活的时期,正是东汉王朝衰败、诸侯并起,而天下大乱的动荡时代,织田信长则生活在日本的战国时代。这两个时代的共同特征是,天子权威衰落而群雄并起,中国当时是豪强地主和贵族阶层纷纷拥兵自保,日本则是各地的大名豢养家臣武士相互攻伐。

通过跨文化角度比较曹操和信长这两个不同时空的人物,可以看出,历史和文化,个人的命运与所生活的历史背景和社会环境息息相关。

本文探讨二人的经历、性格等,着手分析二人的功过得失。

关键词:曹操;织田信长;功过;对比

目 次

はじめに 1

  1. 信長と曹操の経歴について 2
    1. 信長の経歴 2
    2. 曹操の経歴 2
    3. 比較 3
  2. 信長と曹操の性格のについて 4
    1. 信長の性格 4
    2. 曹操の性格 5
    3. 比較 8
  3. 信長と曹操の功罪のについて 9
    1. 信長の功罪 9
    2. 曹操の功罪 10

3.3 比較 12

終わりに 14

参考文献 15

謝 辞 16

はじめに

はじめに

それぞれの民族は自分の民族歴史を探究する時、いつも自身の文化に制限される。そのため、異文化の研究はずっと制限される。歴史を研究する時、時空、民族、違う歴史人物を比較して研究し、よりよく人物の各方面の価値を評価し、これも歴史人類学の異文化研究形式の一つである。

中国の曹操と日本の織田信長は中日両国においてそれぞれの戦国乱世に最も輝き、最も論争のある二人の人物である。時代が前後千年以上離れるものの、それぞれの国の戦乱時代に暮らしていた。曹操はその復雑な経験と性格のため、「治世の臣、乱世の奸雄」と称される。織田信長は「第六天魔王」と呼ばれる。これは研究に値する歴史人類学の研究ケースである。

1 信長と曹操の経歴について

信長の経歴

天文三年、織田信秀の正式な妻は彼が古野城に転居した後、彼に嫡長男、幼名吉法師の織田信長を生んだ。織田信長は尾張国勝幡城に生まれ、日本安土桃山時代の初め、勢力の最も強力な戦国大名であった。

彼の父親は「尾張の虎」と呼ばれた織田信秀であった。信長の母親が正室なので、信長が嫡子になり1、6 歳の時、古野城の城主になった。信秀が亡くなった時、尾張地域の

2/3 は、織田家に支配されていた。

信秀が死んだ後、信長は同胞兄弟の信行に勝ち、家督になった。その後、周辺の敵対勢力、金川氏と斎藤氏を打ち負かし、足利義昭を助けて京都に入り、十五代目の徴夷大将軍になった。信長は日本の統一を使命とし、当時多くの古い規則と悪い習慣を破り、その卓越した決断力で日本の秩序を徐々に回復させ、日本戦国末期には最も強い大名になった。

曹操の経歴

曹操は輝かしい宦官家庭に生まれた。彼の靑少年時代は後漢末期であり、社会が激動して不安になった桓帝、霊帝の支配時代であった。二人の皇帝は宦官を寵愛した。そのため、宦官が権勢をたのんで横暴なふるまいをし、政治が腐敗になった。曹氏はもともと漢初の功労者曹参の後代であった。その後、家柄が沒落し、彼の父、曹嵩は曹勝の養子であった。そして、曹操の真実な出身について、陳寿は「莫能審其生出本末」と評価し、「夏侯氏の子」と語った。曹操の家庭の暮らし向きが優れたものの、文化的な家柄わけではなかった。したがって、伝統的な儒学の束縛を受けしていなく、様々な長所を

1 織田信長は織田信広と称える兄がいるが、その兄は庶出なので、信長が嫡出の長男になった。

受け入れた。曹操は20 歳のとき、孝廉と称され、洛陽に入って郎官を担当した。間もなく洛陽北部尉に任命された。

その後、曹操は強い事業心と他人より高い知性で、自分の努力によって、ついに世代の覇者になった。さらにその子曹丕が即位後、帝と尊敬された。

比較

いわゆる「時勢英雄を造る」、歴史背景と社会環境は一定の程度で人の運命を影響する。

第一、曹操と織田信長の性格は、乱世の適応共通性を帯びる以外に、文化背景や個人的な経験による影響がある。曹操と信長の所在する時代の共通する特徴は、君主が弱く、群雄が蜂起することであった。こんな時代の下で、二人の性格は十分で自由に発展し、最終的に不朽の功績を創立した。

第二、織田信長は嫡出の長男として生まれ、家柄を継ぐ地位と権力を持つ。年少時、よくグロテスクな行為があり、「尾張の大馬鹿者」と呼ばれた。それでも、依然としてその家柄相続人としての地位を揺ることができなかった。それに比べ、曹操の出身は遥かに面白い。宦官の曹勝は曹操の父親曹嵩をを養子にもらった。曹嵩は養父の地位によって、役人になり、太尉に昇進した。そのため、曹操は宦官の後代だと言える。若い曹操は本物のどら息子であった。そのため、曹操は宦官で家を起こす官僚家庭の出身であった。

第三、出身から、織田信長が生まれてから大名になり、家業を相続するということがわかる。そして、曹操は宦官家庭の出身で、家柄も権力があるものの、あの激動する時代に、一定の物質と教育の基礎を持つだけである。自分の将来の社会地位について、自分の努力で事業を成就することしかない。

信長と曹操の性格のについて

信長の性格

      1. 愚劣

織田信長は幼い頃から、愚劣で救いようがなく、新しいことや奇抜な服装が好き、行為が怪異で、まともな仕事をしなかった。徳川家康も彼の幼なじみの一人であった。織田信秀はわざわざ四人の家臣を吉法師の先生に手配した。この4 人の家臣は、吉法師を尾張には合格な継承者に育成する任務を担う。しかし、平手政秀以外に、これらの家臣はすべてこの相続人に失望した。

天文十五年、織田信長は元服の礼を完成した。成年後、彼は以前の狂うような行為を続けた。家臣たちはこの尾張未来の主人に失望した。そのため、彼は「尾張の大馬鹿者」という称号を得た。そして、信長はより傲慢になり、意外にも大胆で人を連れ、信秀とは気が合わない織田信友の所在する清州城に行って放火し、すべての人に驚かせた。ここからその立派な度胸を窺える。

天文二十年、信長は家督の位を継承した。父親の葬儀には、彼は意外に遅刻し、喪服を着なく、線香を取って織田信秀の霊前に蒔き、現場のすべての家臣に驚かせた。

信長の愚劣な性格には残虐なことがある。彼の妹婿浅淺井は朝倉などと連合して信長を攻撃した。敗戦後、信長は朝倉の頭蓋骨に金泥を塗って酒を注ぎ、強いて部下に飲ませた。信長は放火して反乱の2 万人を焼き殺した。数々の行為で「第六天魔王」の称号に恥じなかった。

      1. 人材を求める

信長は身分や家柄にこだわらず、人材を求める。彼は生きた際には、軍師などの人物を任用しなく、堀田、森蘭丸など忠実な命令実行者を任用した。豊臣秀吉は農民の息子として、才能が抜群なので、信長に任用された。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接