从寿司看日本的饮食习惯毕业论文_日语毕业论文

从寿司看日本的饮食习惯毕业论文

2021-04-04更新

摘 要

中 文 摘 要

随着世界经济的发展,日本日益成为经济文化快速发达的国家。日本料理成为人们追捧的一种潮流。不仅在日本很受欢迎,在世界的食文化中也受到欢迎。说到日本的料理,人们头脑中就会出现的大多是寿司。所谓寿司,是以米饭为主和各种鱼类等组合而成的日本料理。寿司有很长的历史,在过去是庆祝或是喜庆的日子的一种高级食物,最近价格适宜的旋转寿司店的出现,寿司开始变成了一种日常普通的食物。寿司像艺术品一样充分体现了对料理美得追求。小小的寿司体现出了日本饮食文化的优点,反映了日本的饮食习惯。本文将从日本寿司形成的背景、寿司的制作材料、旋转寿司的特点以及日本的环境等四个方面开始分析日本的饮食习惯和受欢迎的原因以及未来的发展与挑战。

关键词:寿司;回转寿司;饮食习惯;日本文化

目 次

はじめに 1

先行研究 2

  1. 寿司の形成背景 4
    1. 歴史的原因 4
    2. 日本の環境からの影響 5
  2. 回転寿司 7
    1. 回転寿司の誕生 7
    2. 回転寿司の清算システム 8
    3. 寿司の食材について 8
  3. 日本の食習慣と寿司文化 10
    1. 日本の食習慣 10
    2. 日本の寿司文化 10
  4. 寿司の未来と食習慣の影響 12
    1. 寿司の未来 12
    2. 日本食習慣の影響 13

おわりに 15

参考文献 16

謝辞 17

はじめに

大学に入って日本語の勉強を始めてもうすぐ四年になる。この四年間日本語だけでなくいろいろな日本についてのことも学んだ。日本の歴史、政治、経済、風俗、社会、日本文化など、特に日本の文化に興味を持っている。外国人にとって印象的なものはなんだろう。富士山、桜、着物とよくいわれるが、日本に行ったことがない人にとっては、寿司が一番印象に残るものである。寿司は日本の一枚の名刺であると言える。しかし、本当によく寿司を知っている人は少ないと思う。日本の寿司は本当に日本人が発明したものだろうか?寿司はどの食材を使っているのか?そして、どうして日本の寿司はそんなにはやっているのか?私は寿司が好きだから、この方面で日本の文化を学び、寿司から見た日本の食習慣について考察したい。この論文はまず日本寿司の形成背景、寿司の材料、そして日本の環境、また回転寿司の特色という四つの面から考察していく。それから、寿司の人気がある原因、日本の食習慣、そして、日本寿司の未来について、考察していきたいと思う。

先行研究

先行研究では、日本で寿司に関する研究はすでに発達している。近年来日本の食文化に関する研究は山ほどある。それでは、代表的な寿司文化の研究を紹介してみようと思う。

寿司文化に関する研究には、1福田一郎、山本英治(1993)の『コメ食の民族誌』は、日本料理の歴史の文化、食物の獲得と生産、食事作法、料理文化さらには地域差など、食文化のさまざまな位相について、日本における実態と特色を明らかにした。2張慧栄(2015)は、寿司といえば、日本の伝統的な食べ物と考える人が多いだろう。しかし、お酢と稲作はもともと中国から伝来したものである。にもかかわらず、寿司は中国の食べ物ではなく、日本の伝統的な食べ物として世界に広がっている。同じ材料でも使用方法が違うためだろうか。この「寿司」のルーツをたどっていくと朝鮮半島とのかかわりが出てくると知れば、驚かされる人が多いだろう。

王晋(2013)3は、寿司をカットインポイントとして、日本飲食文化の特徴を表現する。日本の文化は世界各国の文化を吸収したことを通して、漸次自分の独特的な文化を形成している。食文化は文化の重要な部分として、民族の発展の反映している鏡である。寿司は日本の代表的な食品であり、民族文化に融け込み、分割できない一部分になり、十分に日本の食文化を現すことができる。

万中英4(2012)は、“風土”は居住地の自然環境で、具体的に気候、地形、地質、景観などを総称するものである。 日本人の食生活には、伝統的に主食と副食に分けられるという考えがある。米を主食として、魚介類や野菜などを副食としてきた。寿司は米と魚介類を完壁にミックスさせた和食であり、伝統的な日本食文化の特徴をフルに表している。

李優璟(2012)は、寿司に歴史と発展を紹介しながら、寿司から生まれた日本

1 引用:福田一郎 山本英治『コメ食の民族誌』中央公論社,PP.22 ,1993 年.

2 引用:張慧栄.lt;日本“寿司”源流考述gt;《广东培正学院论丛》[J].02 期,PP.88-92 ,2015 年.

3 引用:王晋《就寿司论日本饮食文化特征》文学界,PP.32 ,2013 年 01 期.

4 引用:万中英.lt;风土孕育的日本饮食文化gt;[D].上海外国语大学 pp.12,2012 年.

文化を諭述した。さらに日本の寿司文化から見る日本人のいろいろなことに関する研究を通して、寿司から見る日本の食文化、寿司から見た日本人の「革新」と「和」を持つ精神を論述した。

以上の先行研究ではいずれも、寿司文化の中に、寿司の起源と寿司の発展研究が多数である。先行研究を通じて、寿司の変化と寿司の食習慣のつながりに注目した研究がまだ少ないことがわかる。本論では、日本寿司の形成背景、寿司の材料、そして日本の環境、また回転寿司の特色という四つの面から、寿司の人気がある原因、日本の食習慣、そして、日本寿司の未来について、考察させていただきたいと思う。

寿司の形成背景

歴史的原因

寿司の起源は、紀元前 4 世紀頃の東南アジアにさかのぼった。東南アジアの川魚の保存方法だったそうである。本来は淡水産魚介類にご飯と塩を混ぜて自然発酵させた保存食だった。やがてこの料理法は中国大陸に伝わった。

まず、「すし」と言う漢字であるが、「寿司」と「鮨」と「鮓」が三つある。二千年ほど前、すしは中国の漢字「鮨」と「鮓」で表わしたことがある。「鮨」が書物に初めて出たのは紀元前 5 世紀から紀元前 3 世紀にかけての中国の『爾雅』と言う辞書である。その中で「鮨」は塩漬けにした魚や貝類や肉、特に塩漬け魚と言う食品であると説明されている。「鮓」が最初出現したのは二千年ほど前の辞書『説文解字』である。それはご飯と魚と塩をミックスさせ、発酵させたことによって作った酸味がある魚を表示する。つまり「熟れ寿司」の意味で、これは寿司の原点となる。

稲は中国南部から日本に伝わって、西歴紀元前後に日本の稲作農業が始まったと考えられている。3、4 世紀の頃、中国から漢字が日本に伝わってきた。「鮨」と「鮓」という字も伝わっただろう。

寿司の語源は「酸し」(すっぱい)だとする見方が有力である。寿司と聞けば、握りずしや巻きずしを普通は思い浮かべる。しかし、すしの始まりは「馴れずし」、いわば魚の漬け物であった。いまも残る琵琶湖の特産「鮒ずし」はそのひとつである。魚に塩と米飯を混ぜ、容器に入れて強く重しをかけ、発酵するのを持つ。そうすると米のデンプンがブドウ糖を経て乳酸となる。魚が酸っぱい漬け物になるが、米からできた酸が調味料と防腐剤の役割をして長期保存のきく食品となる。これが「馴れずし」である。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接